世界初、カメラ機能付き「ドローン内蔵型スマホケース」が登場

その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1点、自撮り棒を使わずともセルフィーをバッチリ撮る、そのため。

スマホケース一体型の
自撮りを目的としたドローン

Cd75aeb98c58efbc182fd608e887c5b49585d9e194b6f1cc16995ce119630ea8b7d2585b8b520241

ドローンがスマホケースに内蔵されているところに、大きなメリットを感じます。だって、自撮り棒のようにスマホとバラバラで持つ必要がない訳だから。だから目的はほぼセルフィー。

ロンドンのスタートアップ企業が開発した世界初のガジェット「AirSelfie」は、ありそうでなかったドローン内蔵スマホケースです。

403d1fff470f0a3294c606a320b1e12ec24998b8664d6b10ad200208f2c733ce82dad577213ba61f

「一般的なドローンに比べてはるかに操作が簡単」だと、共同設立者のひとりEdoardo Stroppianaは強調します。

ではどのくらいお手軽なのかというと、ユーザーはあらかじめダウンロードしておいた専用アプリを起動。ケースからAirSelfieを取り出し、あとは電源を入れるだけ。これでスマホとWi-Fi接続され、ドローンの離陸準備が完了。最後にユーザーが3つの撮影モードを選んでテイクオフ。

モードは以下の3つ。

◆セルフィーモード
近距離、遠距離の2地点から撮影。
◆モーションコントロールモード
スマホ画面に登場するジョイスティックを使い、リアルタイムでドローンを操作。
◆フライングモード
被写体の構図が決まるまで、水平方向にホバリングして待機。

撮影後はホバリングするドローンを手で捕まえずとも、ボタンひとつで自動的に出発地点へと戻るすぐれもの。風の影響は多分にありそうだけど、開発メーカーによれば66フィート(およそ20メートル)の高さまで上昇可能だとか。

886f5de3f68ca8ca22317d34f6581cced4976256

ちなみに充電はスマホケースを介して、もしくは直接USBポートに差し込む。ここにも手軽さアリ。肝心のスマホとの互換性も、iPhone6以降、Galaxy S7といった人気機種にほぼ対応していると聞けば、まずもって問題なさそうだ。

2017年は、
自撮り棒からドローンへ

Ea881b1f2c6e65f370d878c1dfb41ff474fa6790

クラウドファウンディングにおいて、最低目標金額を5万ドル(約577万円)に設定したところ、わずか2日間でそれを突破。すでに当初の10倍を超える投資金額が集まっていることからも、注目の高さがうかがえる。

市場に出るのは来年4月の予定で、販売価格は300ドル(約34,600円)ほど。先行予約もギリギリこちらで受付中。こう聞けば決して安い買い物ではないけれど、自撮り棒よりも断然、こちらの方がスマートに思えるけどな。

Licensed material used with permission by AirSelfie
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
かつて、スマホの登場により盛り上がった「スマホケース市場」。今となっては飽和し切った感は否めませんが、だからこそオリジナルな商品が求められているはず。そこ...
楽しい楽しいショッピング、ついたくさん買ってしまうと荷物を運ぶのもひと苦労。「そんなの、彼氏を呼んで荷物を持ってもらえばいいじゃない」と言えればいいのです...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
画像に写っているのは、「Fly around the world」名義で活動するクリエイターの石神良英。まずは、Twitterで4600RT・5500FA...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
ぐねぐねした体の先に、輝く「ひとつ目」。このキュートでチャーミングなデバイス、じつはカメラなんです。一般的なアクションカメラはとても頑丈で防水も完璧ですが...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
その重さ、わずか500g。スマホでの操作も簡単で、なんと4K動画まで撮影できる。そんな驚くべき機能を備えた、プロ仕様のドローンが登場した模様!スマホ操作・...
Snap(旧Snapchat)のサングラス型カメラ「Spectacles(スペクタクル)」。昨年は、神出鬼没のSpectacles自動販売機が話題になって...
ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...