【読んでもらいたい vol.4】「のに」を使いがちなあなたに、『のびのび生きるヒント』

「これだけ頑張っているのに、なぜ結果が出ないんだろう」「あの人の悩みはしっかり聞いたのに、なぜ私の話は聞いてくれないのだろう」自分が与えたものと同じくらいのお返しや評価、つまりは、見返りを求めてしまうことはありませんか。

あなたが見せてきたがんばり、ふんばり、やさしさ、気配りは誰かに評価されるために発揮されたものでしょうか。

これは、武田双雲氏の著書『のびのび生きるヒント』の一節です。見た瞬間、ハッとしました。見返りを求めるがためにとる行動は素敵じゃない。誰かに褒められたいがための親切は、誤った親切。自分が求めるものが返ってこないから「〜のに」と思ってしまうのです。そして、イライライライラ。不満が積み重なっていきます。

Bd95ab04f2744c527c6a8f9a6efe4ddb2217862c

「いいとこ探しめがね」をかけると
「のに」は遠ざかっていく

人生を人任せにしてしまうと、周りの人間関係や状況に左右されて、自分の思い通りにいかないと被害妄想をしてしまいがちです。人を観察するのが好きな私の考察としては、いつも自分の評価を気にしてしまう方は、そういう傾向にあるのではないかと思います。

人のせいにしているうちは永遠にのびのびできません。

武田氏の言葉を借りれば、人の目を気にして生きるのは、「のびのび」出来ず、苦しいはず。たとえば、視力の低い人がめがねをかけると、それまでぼやけていた世界が鮮明に見えるように、考え方や見方というのは、めがねをかけるのと似た感覚で、自ら変えていくことができます。自分だけの「いいとこ探しめがね」をかけて、偏見をなくし、物事の考え方、見方を広げていきましょう。そうすれば、自然と「のに」から遠ざかるのだろうと思います。

誰にでも、何にでも、必ず良いところはあります。悪いところを批判するより、まず素敵だと思えるポイントを探すことが大切です。「あの人のここが嫌い!」と決めつけるのではなく、いいところをたくさん見つけてあげて、「ここが素敵!」と褒めてみてください。きっと、その時の自分も、うんといい表情をしているはずですから。

私も早速「いいとこ探しめがね」をかけて「のに」を撃退しようと思います!

 

「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
こんな本、見たことがあるでしょうか。地上の家から光かがやく月までを冒険しながら進んでいく、世界一長い塗り絵です。好きな色を使って、自由に塗り進めながら、未...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
パッ!と目に飛び込んでくる鮮やかな色合いが特徴の『Lunch Lady』は、手にとってパラパラとページをめくっているだけで、気分が明るくなってくる本です。...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
私たちを毎日あたたかく照らす太陽。いつも何気なく目にしているものでも、少しだけ見方を変えるだけで、それまでと違った、あたらしい側面と出会うことが出来ます。...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
玉子料理はなんて美味しいのでしょう。玉子は、アレンジを加えて食卓の主役になったり、手の込んだ料理で名脇役を果たしたり。もちろん、そのままでも美味しくいただ...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
私はずっと「生きにくさ」を感じて生きてきた。自分は努力が足りないから、生きにくさを感じるのだろうか?そうではない。『私の体を鞭打つ言葉』は、私が哲学書から...
人として成長するためには、何か大きなことを成し遂げなければならないように思いがち。でも実際のところ、成長と一番大きく関わっているのは、日々の生活習慣です。...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...