音楽が全身に響く!リストバンド型「サブウーファー」が可能にする新しい体験とは。

スピーカーの前でずっと踊っていた。
振動が全身に伝わる感覚が好きだ。

これは、そんな人にうってつけのアイテム。“腕に巻くサブウーファー”だ。振動が体に響くだけだから音漏れもしない。バスや電車、飛行機、ジムで汗を流している最中だって、音楽にどっぷり入り込めるという。

Daee83b9594e250feae82413b37abd6c3e2a5e86913643b1afc35a02eeaadeec82bf7e2f94b2c4ab

使い方は簡単だ。

①専用ケーブルでヘッドホンを繋ぐ。
②「The Basslet」を着用する。

あとは、音楽を再生するのみ。

「お腹にくるわね。狂ってる。大きなステージでDJをしているときを思い出したわ。振動しすぎてトゥーマッチなこともあるけれど、大抵は素晴らしいものよ。それをこんなに小さなデバイスで再現できるなんて、一体どうなってんのかしら」。

と、動画の女性。そのほかの感想を見ても低音がヴーン!と響くらしい。クリエイターなら、宅録や練習中になかなか出せないような音量体験ができるのも魅力だろうし、VRゲームにも活用できる。なんと、聴覚障がいがある人も楽曲を楽しめたという。

価格は179ドル(約2万円)。まだ日本への配送は行われていないけれど、世界最大規模のテクノロジーの見本市「CES」でも話題になった。ウーファーを身につけるだなんて、一体どんな体験なのか試したくなるアイテムだ!

Licensed material used with permission by Lofelt
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。子どもに賢くなってほしいと望むならば、おと...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれるかもしれない、姿勢矯正ガジェット「UpRight」を紹介します。1...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
世界初の触感センサー付きVRグローブとシューズ「Taclim」が、世界最大のテクノロジー見本市「CES」に展示され注目されました。2017年秋頃に発売が予...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
その魅力が再評価されている、カセットテープ。音にこだわろうと思ったら、どのプレーヤーにすべきか迷ってしまいそうですが、見た目で決めるなら、この「Elbow...