京都・富山で開催。現代版寺子屋「スクール・ナーランダ」ってナンダ?

浄土真宗本願寺派が開く、これから社会に出ようとする10〜20代のための新しい学びの場「スクール・ナーランダ」。そう聞くと、なんだか荘厳で、参加するにはかなりハードルが高い印象も。

でも、そのコンセプトやカリキュラムを見ると、イメージが一変。講師として、僧侶だけでなくアートディレクターや天文学者、そしてラッパー(!)など、多様な分野の専門家が集結するそうです。

お寺で学ぶ
今と未来を生きる智慧

9fe5873e0baf0689f4dbbe64d5c1307f13f0cbfb

改めて説明すると、この「スクール・ナーランダ」は、15〜29歳を対象に京都・富山の2会場で開催されるもの。お寺という空間で「今と未来を生きる智慧」を学びます。イメージは、現代版の寺子屋だとか。

京都
「わけへだてと共感」

5f5d9bd681ba976eb2adc5a48a6e223ad2b7899d

【講師】
・天岸淨圓(浄土真宗本願寺派僧侶)
・高橋英之(認知科学者)
・森本千絵(コミュニケーションディレクター・アートディレクター)
・小池秀章(浄土真宗本願寺派僧侶)
・川瀬慈(映像人類学者)
・環ROY(ラッパー、音楽家)

Af2103b02ac44d9140ab6c7d04127bd2e6f5de1c8c1c6a890af6d7b1860f85388a2a4bae612e22d4

自己と他者、あるいは世界との「わけへだて」と「共感」について、ロボットや人工知能など、新しい技術や音楽・人類学・仏教など多様な視点から考える内容。具体的には、僧侶の解説による本願寺ツアー(阿弥陀堂や御影堂などの国宝!)や各講師による授業、ディスカッションなどが予定されています。昼食には絶品の精進料理を。

富山
「『土徳ー土地からのいただきもの』
が育むものづくり」

3b6abfde53abdefd7693b08250e2dea4a3a1a4d3

【講師】
・太田浩史(真宗大谷派僧侶)
・観山正見(天文学者)
・内藤礼(美術家)
・飛鳥寛静(浄土真宗本願寺派僧侶)
・能作克治(金属鋳物メーカー)
・島谷好徳(鍛金職人)

Ce8dfa243a4abc14afb5ed1e6323573a2072e5d07b31536a1b99f76f46215655cc839bb78611b78a

伝統の技を受け継ぐ富山の職人たちの魅力と課題、他力=人智を超えたはたらきと芸術表現との関係について学ぶ2日間。戦中戦後、富山に疎開していた板画家・棟方志功のここでしか見られない大作のほか、民藝ゆかりの場所、鍛金工房の見学、鋳物体験、講師によるディスカッションなどが予定されています。

F71f5e19ebe0315cf50a5675c2e938eb9dc4e843

ちなみに、「ナーランダ」とは「蓮のある場所」の意。蓮は知恵の象徴のようです。

41a6451c514bb463101b5169bafeabd8f31a5320

Vol.1となる京都は、2月4日(土)5日(日)、Vol.2の富山は、3月4日(土)5日(日)に開催。参加の申込みはこちらから。定員になり次第、募集を終了します。

さまざまな分野の専門家から横断的に智慧を学び、双方向に対話をするような機会はなかなかないはず。自身の生き方の「軸」を探したいという10〜20代には、ぴったりの時間ではないでしょうか。

※京都会場は定員に達したため参加申込みの受付を終了。富山会場は引き続き受付中。

【概要】
スクール・ナーランダ Vol.1 京都
・日時:2017年2月4日(土)・5日(日)10:00〜17:30
・会場:本願寺および伝道院
・定員:60名/日
・対象:15〜29歳
・参加費:1日2,000円、2日間(両日)3,000円(昼食つき)
・申込み〆切:受付終了

スクール・ナーランダ Vol.2 富山
・日時:2017年3月4日(土)・5日(日)10:00〜17:30
・会場:飛鳥山善興寺ほか
・定員:50名/日
・対象:15〜29歳
・参加費:1日2,000円、2日間(両日)3,000円(昼食つき)
・申込み〆切:2017年2月20日(月)※先着順。定員になり次第〆切

Licensed material used with permission by スクール・ナーランダ
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
いま、ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。お堀に抹茶が流れてきた〜!「京都、抹茶流れてる。」...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
「カラオケ行きたい派」の人と、「ボルダリング行きたい派」の人が半々に分かれてしまうことってありますよね。…え、ない?そんなことを言わずに、ぜひ見てもらいた...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
週に5回、同じ学年の子どもたちがクラスメイトと一緒に、国語や算数といった教科を学習するのが当たり前な日本の小・中学校。私も、かれこれウン十年前になりますが...
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...