常識を覆す、「新しいお箸」と出会いました。

できたてのハンバーグステーキが、じゅうじゅうと音を立てながら運ばれてくる。そんな様子を、思い浮かべてみてください。

こんな時、どうしても「お箸で食べたい!」と思ってしまうんです。無理にフォークに乗せたごはんが、口に運ぶ前にポロリ……と落ちたりしたら恥ずかしいし、マナーやお作法をプレッシャーに感じる私(笑)。

せっかくのごちそうなんだし、使い慣れたお箸で食べたほうが、よっぽど味だけに集中できる。要するに、「おいしさ」を堪能したいんですよ。そんな私のモヤモヤを「STIIK」というお箸が解決してくれそうなんです。

どんな料理にも似合うお箸

たとえば、洋食レストランのメインディッシュ。ナイフ&フォークと一緒にお箸が並んでいたら、違和感を覚える人もいるはずです。ひとつだけ、明らかに「和」を意識させる色や形があるわけですから。では、いわゆる茶色や黒、朱色のイメージを、セラミックグレーに変えてみたらどうでしょう?

0498e36efe367026359e7ae5adbe92e56a66076f

ほら、見事に馴染んだではありませんか。

こうして他のカトラリーと並んでも不自然でないなら、イタリアンやフレンチだったとしても、周りの目を気にせずお箸を使うことができそう。

B130f1263cf83feedf76e5e2a55497d21e1ec103

STIIKの箸先は、通常のものよりも少しだけ細く尖っています。これなら、サクッとした食感が身上の揚げものも、潰すことなく切り分けることができる。小さく角切りにされたサラダの野菜だって、お皿の中に残らず最後まできれいに食べることができそうです。

この形を生み出す素材に選ばれたのは、軽くしなやかな日本の天然竹。木製のものよりも折れにくく、長く使うことができるというメリットもあるんですって。

F19425744427c45a9d0d168e645e93f95fef1a21

和食との相性の良さは今更ですよね。こうして見てみると、朱や黒の塗り箸でなくてもご飯が美味しそう。結局、和も洋も関係なくデイリーユースできるし、食器を選ばないのも魅力だと思うんです。

そして何より、私のようにテーブルマナーに萎縮してしまう人にこそ、このSTIIKをオススメしたい!マイ箸として持ち歩いたっていいんですから。

みんなで食べるご飯が、
もっと美味しくなるように。

149363dbacae6b2c3483d06a23c731d63b2a55f6

「手にとって使ってみると、きっといつもよりも丁寧に食事をとれることに気がつくはずです」。

この二本の棒にどんな進化の余地があるだろう?と、既存のお箸を疑ってみることからスタートしたものづくり。現代の食生活にマッチする日本伝統のカトラリーはこうして生まれました。その結果、とてもシンプルな形にたどり着いた、とはデザインを手がけた鷲見栄児さん。

一人より、誰かと一緒にあたたかいご飯を、という思いからSTIIKは2膳で1セット。大切な人と幸せな時間を味わってみてはいかがでしょう。

2017年6月販売スタート、1セット3,240円(税込)。

Licensed material used with permission by STIIK
子どもがパクパクと自分でご飯を食べれるように。いよいよお箸のトレーニングを開始!でも、なかなかうまくいかない…。そんな悩みを解決するスプーンが登場しました...
もともとは、アメリカの女性作家ジーン・ウェブスターによる小説。主に両親のいない子どもに金銭的な援助をおこなうが、しかし、その正体は絶対に明かさない。現代日...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
NIKKORIEの陶器製品「剣道のメン箸置き(青萩色)」は、丁寧に手づくりされた一点もの。長く使うほど色合いや、ゆがみなどに愛着がわく一品です。必ずや食卓...
生粋のサイクリストが開発した、「竹」をフレーム素材に用いた自転車が注目を集めています。トレンドやファッションとは一線を画す、このエココンシャスな「バンブー...
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。とはいえ、僕たちの生活に欠かせ...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...
日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、し...
いつも時間に追われ、イライラしがちな人ほど、人間関係のトラブルに巻き込まれてしまったり…じつは日常の行動が、その原因を作っているとも言えます。常識だと思い...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
アメリカ人女性のDeliberate Wanderer氏(blog,http://deliberatewanderer.com/)は、旅行先のインドで、カ...
ロンドン在住のフランス人イラストレーター、Jean Julien。スマホ中毒を皮肉った風刺画や、パリ同時多発テロの追悼アートで話題になったことも記憶に新し...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
01出る杭が打たれるのは、日本だけ!世界では通用しない日本人の常識。それを語る際、まずこれは言っておきたい。よく「諸外国に比べて、日本は出る杭は打たれる風...
リオ五輪が約1ヶ月後に開幕を控えていますが、4年後の2020年「東京五輪」もあっという間に目の前に迫ってきそうです。そんな東京五輪の前年である2019年ま...