世界で一番「有名人と寝た男」の正体。

これから紹介するのは、「世界一羨ましがられる男」と言っても過言じゃないかもしれない。自称、誰よりも多くのスターと寝た男、Average Rob。

悪気もなく大口を開けながらテイラースウィフトの隣で爆睡なんて……この人いったい何者?

デート中に寝ちゃってごめんね、ハニー。

「ロブ、そろそろ終点だぞ?」

ゴメス、君といると本当に落ち着くんだ。

降りるときは起こしてくれよな、エミネム。

ベッカム、もうちょっと肩をかしてくれよ。

カニエは、大人を寝かしつけるのもうまいんだ。

ライアンの家は落ち着くんだよなあ〜。

もちろんこれらは、全てPhotoshopでつくった合成画像。スーパースターの勢ぞろいっぷりを見れば、もはや言うまでもない。

そうとは分かっていても、悔しいけれど思わず見てしまう。フォロワーは15万人、謎に公式マークもついているインスタ界の人気者のようだ。

Licensed material used with permission by Average Rob
見れば「なーんだ、そういうことね」のひと言で終わってしまう。Photoshopを使ってセレブレティとの合成写真をつくっただけ。でもね、結構しっかりユニゾン...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
いつの時代も、どこの国でも、男たちの「挑戦」には心揺さぶられるものがあります。たとえそれが、「やりすぎ」だとしても…。ここで紹介するのは、好きが高じて、も...
加工しているのかわからない、リアルさを売りにした合成写真はたくさんあると思う。だけど、アメリカを拠点に活動するフォトグラファーStephen Mcmenn...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
よく東京ドーム何個とか、たたみ何畳とかの例えをされたところで、イマイチぴんと来ることがない。でも、ここに登場する「比較シリーズ」はひと目でそのサイズ感が伝...
「Microsoft Training」が、著名人たちが余暇に取っている行動をインフォグラフィック化!ミュージシャン、スポーツ選手、実業家などなど、どれも...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...
どんなに偉大な有名人だって、当然昔は子供で、ピチピチの若者だったわけです。そんな彼らの「今と昔」がわかるイラスト作品が話題。まるで親子みたいですが、必見!...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
子どもの頃に遊んだ、影絵。懐かしい思い出かもしれませんが、ベルギー人の映画製作者で、アーティストでもあるVincent Balさんの影絵は、ちょっとレベル...
アメリカ・ミネソタ州に住むアーティスト、Christopher Cline(クリストファー・クライン)さんの愛犬ジュジは、世界一大きな「子犬」としても有名...
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
Rafael Mantessoさんは、30歳の誕生日に妻と離婚。家具や思い出の写真などすべてを失い、彼に残されたのは、愛犬のジミーチュウ(以下ジミー君)だ...
屈強で美しい肉体こそ、究極のオシャレ。服で隠してしまうなんて、野暮だと思いませんか?「何を言っているんだ?」と思ったみなさん、とりあえずこちらの写真を見て...
最近の「60歳」の人たちはとても若くてエネルギッシュだけど、こと電子機器に関して言えば、スマホを使いこなしていれば感度が高いほうで、パソコンの、しかも画像...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...