比べてみると大きさがよく分かる「合成写真」

よく東京ドーム何個とか、たたみ何畳とかの例えをされたところで、イマイチぴんと来ることがない。でも、ここに登場する「比較シリーズ」はひと目でそのサイズ感が伝わってくる。現実には絶対にアリエナイ組み合わせ、どっちもスゴいぞ!

摩天楼
VS ブルジュ・ハリファ

Medium 66f5ed6daf7def09cdf1c9caf76f9862c803e61e

世界一の高さを誇るドバイの超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」が、もしもマンハッタンに存在したら…。828mは摩天楼でも群を抜いて高い。

セントラルパーク貯水池
VS 石油タンカー

Medium 52ce1372ecd87ef958abe6856c28f78d2062c9cc

もう一枚NYから。セントラルパーク敷地内のジャクリーン・ケネディ・オナシス貯水池に浮かぶのは、世界最大級ノルウェー船籍の石油タンカー「ノック・ネヴィス」。全長458.45m、全幅68.8mがこの貯水池に入れば、当然ながら身動きが取れない。

航空母艦
VS タイタニック号

Medium e769b7d07d8a6e606d2df3c082523cc7b70ef855

ご存知、20世紀初頭の豪華客船「タイタニック号」を甲板の上に乗せてもなお巨大な空母は、横須賀港にも寄港する全長333mのロナルド・レーガン。タイタニック号は全長269mといわれている。

スタジアム
VS ステルス戦略爆撃機

Medium f27a790d7d8edbc8f8db9973c13711db4fcf8755

アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機「B2」は、一機1,800億円という超高額な価格でも話題となった。特筆すべきはそのサイズ。羽を広げると両翼52.4mに。フットボールのサイドラインよりまだ大きい。

フロリダ半島
VS デス・スター

Medium 26e16a064640a663af42288c61a23bd7623deded

映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の宇宙要塞は、推定約160キロメートルという設定。フロリダ半島の1/4のサイズになる。

シティコミューター
VS ロケットエンジン

Medium 98be891370785c1a2247d901294817047eba87a8

1950年代、NASAの宇宙開発事業に大きく貢献した、エアロジェット社製ロケットエンジン「M-1」。これを小型電気自動車シティコミューターと比較すると、だいたいこんなサイズ感。

ダイバー
VSメガロドン

Medium e8f4beed7d4c4636ca5366e4fc702f1e808fd783

およそ1,800万年前から150万年前に生息していたとされる巨大ザメ「メガロドン」。体長は平均13m〜20mともいわれ、現世魚類では最も大きいジンベイザメ(約13.7m)が小さく思えるほど。

ミール鉱山
VSウィリス・タワー

Medium 3c961f998b7a320b630eb21e09b4913788fe1c3d

広いロシアの中心部近くに位置する土地に、世界最大のダイアモンド鉱山がある。それが「ミール鉱山」。“地球のへそ”とも“地獄への大穴”とも形容される巨大な採掘現場は直径1,250m、深さ約525m。そこにちょうどすっぽり収まるのは、シカゴのウィリス・タワー(旧シアーズタワー)。

ゴールデン・ゲート・ブリッジ
VS デュオニスス小惑星

Medium 4e1af189ba588eeaad976dce4b4f30b53aacdbb7

1997年に発見されたアポロ群の小惑星「デュオニスス」の直径はおよそ300mほど、周囲約1.5kmと見積もられている。全長2,737mのゴールデン・ゲート・ブリッジの真上にあったと仮定すると、こんな具合。

ラスベガス
VS 電波望遠鏡

Medium cae467818f01052b2a245de2d419a25d8cbc1b42

2016年9月25日に稼働開始したばかり、直径500mにもなるという中国南部貴州省にある世界最大の電波望遠鏡「FAST」が、ラスベガスの街に登場すると…まるで宇宙人がUFOに乗って地球を侵略しにきた映画のワンシーンのよう。

ネコ VS 大サソリ

Medium 4950347e8bd32bba86fee67d16671dda0ce46f2c

大昔のサソリは体長60センチほどあったと考えられている。およそ3億2,000万年前に生息していたとされる巨大サソリ「プルモノスコルピウス」とネコを比較してみた。

※本記事では、一部表記誤りがあったため、訂正を加えております(2016/11/24 12:00)

Licensed material used with permission by evinWisbith, (YouTube)
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
きれいなお庭とスヤスヤ眠る猫。それ自体はよく見かける光景ですが、なにやらサイズ感がおかしい…。よくよく見ると猫の形に刈られた木のようですが…Faceboo...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
世界の主要空港の間近で、旅客機の離着陸をひたすら撮りつづけた、プロのフォトグラファーがいる。航空ファンに混じって、ただ望遠レンズをじっと構える彼。でも、お...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
はじめに伝えておくと、これから紹介する製品は、現時点で日本での発売予定はなし。ただし、将来的な上陸が期待される要チェックアイテムなのです。特に頻繁にスマホ...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
写真には「鉄則」ともいうべき、いくつかの構図のルールがあります。簡単にできる、とは言いませんが、少し意識するだけでプロのような写真に近づけるかもしれません...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
Regina Wyllieは、プロのカメラマンとして活躍している9歳の女の子。その写真のクオリティは大人顔負け。一体どうなってるの?よく撮れていますよね。...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア自分をかわいく見せたい、というのは多くの女性が思うこと。 インスタでの自撮...
英・王立気象学会と王立写真協会によって開催された「Weather Photographer of the Year」で、2016年の受賞者が発表された。人...
偶然にも程があるでしょ。思わず呆れてしまうような珍事が…。一見何の事ないこの写真に注目!この違和感、伝わりますか?両肩をつまんで怪訝そうな顔で写真に映る彼...