重度のアレルギーに苦しむ男の子。生まれて初めての「外食」に感激

旅行での楽しみの1つといえば食事。しかし、もし食物アレルギーを持っていたらどうだろう。料理に入っている食材をチェックしなきゃいけなかったりして、安心できないはず。

アメリカ・テネシー州に住むIsaac君はある日、家族旅行でフロリダへ。彼は生まれてまもなく、重度の食物アレルギーがあると診断されました。だから一度も外食をしたことがなかったそう。そんな彼も先日の旅で、ついに「初体験」しました。

 旅先のレストランで
「外食デビュー」

Isaac君には重度の木の実、ピーナッツ、乳製品、卵アレルギーがある。だからお母さんは、いつも心配が絶えなかったのだとか。そんな中フロリダ旅行へ行ったのだけれど、彼らはそこで地元の人から、アレルギーの人向けのメニューがあるレストランの存在を知ったのだ。

お店に電話をしてマネージャーに確認すると調理場も分けているという事実を知り、さっそく家族で行くことに。6歳と半年で、人生初の外食をすることになったIsaac君は大喜びでお店に向かったそう。

「レストランでの食事が
1番楽しかった!」

B773842e9bf8e36698044a12679e03c94767c800

とはいえ、実際に食べ物が運ばれてきた時は、少しためらった様子だったという。だけど、食べ始めると満面の笑みを浮かべていたそう。そんな息子にお母さんは感動。Facebookでお店にお礼の言葉を述べたのだった。その一部がこちら。

「マネージャーさんは何度も様子を見に来てくれて、私たちが特別なお客さんなんだと感じることができたわ」

「レストランでは歌ったり踊ったりもして楽しかった。帰り道に息子が旅の中で1番の思い出はレストランでの食事だったと言っていました。本当にありがとうございます。また来ますね!」

このお礼に、お店からは「今までFacebookで見た中で最高のものです!涙が出ました。息子さんのハッピーな姿が見れて嬉しいです!また来くださいね」と返信。それを読んだ、同じようにアレルギーの子どもを持つ親や、純粋にレストランに足を運んでみたいという人が、続々とメッセージを残していった。

私たちが普段何気なくしている外食も、簡単にできない人にとってはある意味「試練」になりうる。けれどそれを全力でサポートしてくれる人たちがいれば、一生忘れられない思い出になるんだなぁと、グッときてしまった。

Licensed material used with permission by Holly Garrett
卵、牛乳、そば、大豆、これらの食べ物に共通することといえば、食物アレルギーが出やすいという事実。もちろん、野菜やお肉でアレルギーを発症する人もいるため、一...
食物アレルギーのため、毎朝マーガリンを塗ったトーストしか口にできない娘のために、パパがとった行動がステキすぎる!とイギリスで話題の家族を紹介します。たった...
食物アレルギーではないはずなのに、何か特定の食べ物を食べた後は決まって具合が悪くなる。コレ結構多くの人が抱えている悩みだそう。吐き気や胸焼けに限らず、疲れ...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
これが、生まれて初めての「オシャレ」の実態。男の子が女の子用の服を着てしまったり、ハーフパンツを頭にかぶってしまったり…さらにはお姉ちゃんが妹の着替えを手...
料理を注文してからのちょっとした合間に、こんな催しがあったら素敵ですよね。なんとテーブルをスクリーンにして映像を投影、アニメーションがスタートしちゃいます...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アメリカの総人口(約3億)の1/4近い数字を占めるミレニアル世代。アプリを使いこなしてランチをデリバリーし、ファストカジュアルでごはんを済ませる(もちろん...
これは、米・フロリダ州キーウエストに建設される海底ホテルです。すでに認可を受け、300万ドル(約3億6,500万)の資金を調達中、集まり次第着工し4ヶ月ほ...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
2011年5月にフィンランドで始まった「レストランデイ」は、今や世界の数百もの国で年に4回も開催されているフードカーニバル。誰でもどこでもレストランのオー...
登場する子どもは、たぶん私と同世代の20代。親と一緒に呼び出されて、向かい合って座る。何を話すのかと思っていたら、「Cut.com」が出したお題は、「初体...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
女性のおっぱいにタッチ。4人のゲイボーイが、人生初の体験に挑みました。ぎこちない手つき。どうやって触っていいものか悩む4人の仕草と、実際に触ったおっぱいの...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...