欲望を巧みに刺激する、中国ラブホ最新事情。

日本人にしてみれば見慣れた光景も、海外からくる観光客には物珍しくて仕方ないものがあります。たとえば「ラブホテル」、これも立派な日本固有のカルチャー。

ヨーロッパ圏ではもちろん、同じアジア地域でもほとんど目にする機会がなく、訪日し初めてラブホテルを目にする外国人たちは、絢爛豪華な見た目と、アミューズメントパークのような凝ったつくりに感動するんだとか。

さて、そんなラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭州・西湖に最新ラブホテル「Mylines Hotel」がオープンし話題となっています。

コンセプトは、感情と欲望

7f54ef8cde59d829dd400cc76e9761a08527274d

現在、中国には300~500軒のラブホテルが存在するそうですが、従来のラブホはとにかく雰囲気が派手。さらに陽気なのが特徴で、あまりセックスに対しての雰囲気づくりには向いていないものが多かったようです。

そこで、愛し合う2人の気分を高揚させる、セクシーでロマンチックなデザインのラブホテルを、というコンセプトから、中国最大の大人の玩具専門店Chun Shui Tangと、デザインスタジオであるLYCSアーキテクチャーが協力し、コンセプチュアルなラブホテルを作り上げました。

「Mylines Hotel」には33部屋が準備されていて、各部屋は人間の感情や欲望をコンセプトにデザインされているそうです。音響や照明などが幻想的な雰囲気を盛り上げ、人の心を高揚させる環境が宿泊客の胸の奥に眠る欲望を呼び覚ますようです。

Room01:
【ナルシシズム】

53a0e8dc70a38834679c4bfc23c5a2eefb0d8263D453e16a5469188bd0bd7fa39ee32d7f08c563d2E6381dd4cbc002974a4c969b1d805115628288c1

実際に部屋をいくつか紹介しましょう。この部屋のコンセプトは「ナルシシズム」。自己愛ですね。

鏡張りになった壁が、欲望をあらわにした自分自身を映し出します。現実感や平衡感覚を失うつくりは、まるでミラーハウスのよう。自分の肌に触れるものの感覚がいつもより鮮明になることでしょう。

Room02:
【長く秘められた欲望】

7ed5d7bccc0a076516e9d3edd367e069ebabfd126f3e80c311684789c6fec0ffcbe9fb6b7145efabD496800ac5b63a01826e5c6b0a2ff9055f011da2744c4d45b8c8a56649805b2fb3f367ee92ff8807

相手をひとりで想う時間。孤独に苛まれる時間。

恋愛において、待つということは必ずしも悪いことではありません。ひとりの時間が愛を育み、内なる欲望を膨らませるからです。そんな静かな情熱を表したのがこの「長く秘められた欲望」の部屋。

ひとりずつに設置されたシャワールームや廊下など、相手の姿が見えない時間を過ごすことで、寝室に入るまでのドキドキ感を演出します

Room03:
【暴露】

86c2940f9e900d159897977bb6567a251b2d5eeaB833fc2166046864469761e2f7957ad74e136646A3e061433125386e8030bc26041c5fe3ba9c6d40

 こちらは「暴露」というコンセプトにふさわしいガラス張りの部屋。

プライバシーを保障する設計になっていると言われても…これじゃ外から丸見え!?という緊張感がありますよね。そのスリルを最大限演出するため、部屋の中心にはバスタブが置かれ、ベッドやソファなどの家具は、すべて窓際に配置されています。

Room04:
【ファンタジー】

868e3824f79b29805463cffe78b922629378d37cFb441f53e5dbcffd8f5db0a8f3f3c57969e2577eEc933dd0ed76e310c20fb66583fa5af24bcc2f94

非現実的な空間「ファンタジー」。

真っ白な床や天井、ガラス張りのシャワールームなどが日常生活と離れた環境を演出します。ラブホテルの醍醐味はなんと言っても普通のホテルとは一線を画した「特別感」ですよね。

宿泊場所にもワクワクや驚きがあってほしい、普通のホテルでは物足りないというカップルでも、「Mylines Hotel」は満足できそう。中国の最先端ラブホ事情、海外旅行に行くにあたって知っておいて損はないかも。

Licensed material used with permission by LYCS Architecture
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラッ...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
スキーの発祥の地に関しては、さまざまな説がある。有力なのはノルウェーだろうか。同国は、しばしば冬季五輪の超大国と言われる存在。ルーツがあると言われても、特...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
運動するおじちゃんおばあちゃんの動画なのだが、みんなすごいパワフル・・・!動画は中国のとある公園の朝の様子を捉えた物だが、その様子は若者よりもエネルギッシ...