アルプスの風景に現れた「無機質な赤」、コレなに?

とんがり帽子のように尖った山脈に、エメラルドグリーンの湖。スイスという国が連想させるのは息をのむような大自然だ。『アルプスの少女ハイジ』の世界にだって、柔らかそうな緑の芝生がどこまでも続いている。

その自然に中にあれ、ポツンと赤い建物が…。

青と緑の世界に加わった「赤」

Da2414f75bba5c5a3e48881edf6e779b7ceb17f8B937ea061dd2b084153e5bb3cc02e41a37167d50

その正体「The Juliertheatre」は、標高2,300メートルに建てられた劇場。周りには何もないからだろうか、近づくとまるで空に向かってニョキッとのびているかのよう。先月末にオープニングセレモニーが行われたばかりというから、よほどのスイス道でもない限り、まだ行ってない人がほとんどなのではないか。

 

274aa263243074a931946d29ce23b1e514c6179c

「いつかね」なんて思わず、計画を立てはじめた方がいいかも。というのも、2020年の終わりには取り壊される予定だから。

そこには、「後は訪れた人々の記憶の中に残っていて欲しい」というメッセージ性がある。単にアーティストがパフォーマンスを行うだけではなく、建物そのものが“芸術表現”ということらしい。

自然との一体を目指す
パフォーマンス

0531011cd999138268251e5ab4698b38c556643b

劇場内で行われるパフォーマンスは、どうやら夕暮れ時におこなわれるよう。また、季節ごとにテーマが変わり、人だけではなく周囲の自然があってこその舞台となるようだ。

建物を所有する「Origen Festival Cultural」のディレクターも、「TRAVEL+LEISURE」に「景色とステージでのパフォーマンスを融合させたい」と。

Bb5aef6b5c45baf7778ac2c53515b394dec86ffd

施設は年中通してオープンみたいだから、この夏はもう予定があるという人でも大丈夫。もちろん雪が積もる冬でもね。ちなみに万が一のために、雪崩にも耐えられるつくりのようだから、そこはご安心。

Licensed material used with permission by Origen Festival Cultural
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
空を泳ぐってこんな感じかも。背筋がゾクッとしそうだけど、写真でその浮遊感を想像してみて。ここは、イタリア北部にある「Hotel Hubertus」。UNE...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
空っぽでも十分イケてるけれど、ビールを注げばより味が出る。実はいま、そんなグラスの注目度がグングン上がっているようなんです。ビールが夕空を演出し、風景がノ...
「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、も...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...