口コミだけで5千人動員。首都圏唯一の「オーガニック」音楽フェス

埼玉県・小川町は、おいしさとやさしさが溢れる町だ。

オーガニックでおいしい食べ物は、僕たちの心を体を満たしてくれるし、地球にとってやさしい、ということも大切だ。

世界でも有数の有機農業の里で開催される「Ogawa Organic Fes(小川町オーガニックフェス)」は、2014年に始まり、今年で4回目。

地元の農家さんを中心としたこの手作りフェスは、毎回ほぼノンプロモーション。それにも関わらず口コミだけで、初回1,000人、2回目3,000人、昨年はついに5,000人の来場者を突破。

9月9日(土)は、そんなオーガニックフェスを、五感全開で体感する1日なのだ。

500645bfe778b69f9f6215db23b8719a95257a56570aaffef027e131f34669ad28a3997fcb8abe85D3a5b04229361a415604b4316204978181b6977dA6f51439a7f096f35ef2a1a9d3dc5b0164942b3aC8cbd14630285df45122fb9396e49a4c7d8fead2Da26fabd8f97c46ffc7d9c9e69232be3b833ae6bF5c95223033b931db744f717aff64c061df5c610

日本の「里山カルチャー」は
美しい

このフェスの発起人で音楽ステージをプロデュースする、元レコード会社プロデューサーで、ニュージーランドで半自給自足の森の生活を送る四角大輔さんは、日本の「里山」の素晴らしさについてこう語る。

「ここ10年くらい、『パーマカルチャー』という言葉をよく耳にするようになったと思う。これは、人間が自然と共存しながら暮らす、ひとつの理想とされているんだけど、オーストラリアの2人の男性が構築した持続可能なライフスタイルなんだ。彼らはどうやってこれを思いついたかというと、まず世界中を旅した。

手つかずの大自然は、とても美しいよね。自然というのは人間の手がノータッチで、なにもしない形が一番理想。よく『日本の森が荒れている』とか言われるけど、これは人の手が加わってしまった林のことで、純粋な自然林ではないんだ。原生林といった自然の森は、人が管理しなくても、何もしなくても永続的に続いていく。逆に、一度でも人が手を加えてしまうと、永遠に面倒を見ないといけなくなってしまう。

そして、日本には『里海・里山』の文化があった。大自然と人が暮らす街っていう、本来は相容れない両者の間に「里」という、持続可能なエコシステムを作ったんだよね。そこで人間は自然と共生しながら、とても美しいライフスタイルを送っていた。

オーストラリアの若者2人が『どこかに自然と人間が共生する理想郷があるんじゃないか』と世界中を旅して見つけたのが、日本の里山だった。じつはパーマカルチャーのルーツは、日本の里山にあったんだよね。例え東京の真ん中で暮らしてたって、ぼくらは『命』をいただかないと生きていけない。食糧や水に限らず、物だって、地球の恵み。

つまり、都市空間だろうと森のなかだろうと、僕らはどこにいても自然に依存しているんだ。これは意識しようがしまいが、絶対的な事実。僕は、ひとりでも多くの人に、そういう意識を持ってもらいたいと思ってる。そして、自然と共存するライフスタイルを、日本人が先頭を切って発信できたらカッコいいのに!と、そう信じて表現活動を続けているんだ」

集落全員が有機農業に転換した
オーガニックタウン下里地区

E04f5a92ce236dad22f4f630883d4e16f0d51b9c

さて、話を元に戻す。

都心から電車に揺られて1時間ほど経つと見えてくる、のどかな田園風景。小川町(OGAWAMACHI)は、緑溢れる里山、色鮮やかな野菜が育つ畑や豊かなお米を生み出す田んぼが広がる。そのなかでも下里地区は、すべての農地が100%有機という、世界中から注目されるオーガニックタウン。

日本から発信する「自然と共存するライフスタイル」。

この町に集まり、一人ひとりの人生をシフトする一歩になれば…。そんな思いが込められているというこのイベントでは、MINMI、GAKU-MC、河口恭吾、d-iZeらの音楽ライブも行なわれる。

この首都圏唯一の大規模フェスで出される飲食は、何とすべてがオーガニック。大自然のなかで、オーガニックフードやオーガニックビールやワインを味わいながら、心と体のデトックスをしてみては?

Ogawa Organic Fes(小川町オーガニックフェス)

日時:2017年9月9日(土)10:00〜16:00
会場:埼玉県立 小川げんきプラザ
入場料:無料

GAKU-MC/ガク エムシーラッパー アコースティックギターを弾きながらラップする日本ヒップホップ界のリビングレジェンド。2011年にレーベル Rap+...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
日本では遺体を火葬することが一般的。海外では土葬するところも多くありますが、お墓参りというと墓石や十字架の並んだ風景が頭に浮かぶもの。しかし、イタリアのデ...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
Al(エル)とMineca(ミネカ)は、カルフォルニアの北部に住んでいる老夫婦。エルはもうすぐ80歳で、北部に移る前は都市部で働くサラリーマンだった。ミネ...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
場所はグアテマラ。世界一美しい湖と呼ばれ、その湖底にはマヤ文明の古代都市が沈んでいるとも言われるとんでもないロケーションにて開催されるのが、年末年始4日間...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
テンダーヨホホ研究所主宰泣く子も訛る社会派ヒッピー。 電気関係、ウェブ、文章表現、写真、選挙、先住民技術、などが研究対象。 2015年のテーマは弓矢と足跡...
蛍光グリーンのブルゾンに、作業用の保護メガネ、胸元にはゴールドのブリンブリン。どこからどう見てもラッパー風情のこの男(Ian Solomon-Kawall...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...