医師から「予想外の死」を告げられ、自らヒカリを見つけた。

顔の片側もしくは両側に奇形が生じ、眼球にも異常が見られる「ゴールデンハー症候群」。見える箇所にだけではなく、時には心臓をも蝕む恐ろしい病気として知られています。

スロバキアで暮らす30歳のIvanka Denisovaは、先天性のゴールデンハー症候群で子どもの頃から苦しみながら育ってきました。成人してからは弁護士として活躍していた彼女ですが、この病を引き金に努力の末に手に入れた人生から、絶望のどん底へと突き落とされてしまったのです。

築き上げてきた
全てがぶち壊された瞬間

2910dbdf5e4d38da42c58f33bb37fb1f47dbc845

彼女が人生に絶望したのは約3年前のこと。27歳のときでした。心臓に異常があり、さらに白血病を患っていました。まだ、このことを知る前は、将来に光を見出していたIvanka。しかし、医師に病気の進行により「死」の可能性を告げられた時に彼女はこう思ったそうです。

あまりにも残酷な言葉で耳を疑った。だって、私が聞きたかったのは「希望」が持てる言葉だけだったんだから。

 

その時、築き上げてきたことが、全て壊された気がした。世の中は私が生き残ることを望んでないんだって……。

「絶望の先」に見えたもの

75b0a52f0cdef19ff9573db920bca1194c6f8ca4

私は戦うことを決意した。希望を勝ち取るために。誰も私から光を奪う権利はないんだもの。これは、人生を楽しむためのチャンスかもしれないから。

Ivankaは、決して自分の人生を諦めませんでした。4回の困難な心臓の手術を受け、苦しい白血病の治療も進めているのです。戦うのは病気そのものだけではなく、ゴールデンハー症候群による「差別」との葛藤も。

あらゆる困難と戦いながら、彼女は自分の可能性を信じて突き進む。11月3日に最後の手術に臨むために「gofundme」で寄付を求めています。

同じ病気の子どもたちに
“希望の虹”を贈る

9dc8d5fbd77e752e31b961a20cd96618310224e6F98bce22fef13b700b7581fbf323a003c67850e6C52780bbfae7551136d1e9bf7fd9e6c911556ecaD3613c0fab4c2fcca50dc3e8df67fc407dbd462f

どんなことがあっても突き進むIvankaのように、子ども達にも“希望の虹”を心に抱いて欲しい。そんな思いから病との葛藤の中で、ファッションデザイナーたちと協力して同じ病気の子ども達のためにあるプロジェクトを進行しています。

絶望的な暗闇から、今日も彼女は自分で見つけた“光”に向かって歩き続けているのです。

Licensed material used with permission by Ivanka Danišová
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
「慢性疲労症候群」は、極度の疲弊感と微熱、筋力・思考力低下、睡眠障害などの症状が半年以上も続く病。未だ治療法は確立されていない。知名度の低さから理解されに...
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ロキタンスキー症候群と呼ばれる疾患を聞いたことがありますか?女性として生まれながら、膣の一部、または全部が欠損している膣欠損症の一種です。ここに紹介するの...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
ダウン症でありながらもモデルとなった17歳のJackの言葉が心に響く。決して容易ではない夢を叶えた彼は、ファッション業界に“新たなヒカリ”を見せる存在にな...
「美女」と「イイ女」の違いを軽快な切り口でリスト化したこの記事。なるほど、と納得させられます。両者を隔てるものが、じつは男性の偏った美意識にあり、それに女...
フットヒル高校のアメフト選手たちは、その日いつものようにチアリーダーたちの列の間を通って、グラウンドに入場。しかしいつもと違うのは、選手たちが1人1本ずつ...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
しし座流星群は一気に出現率が下がり、1時間あたり数個~10個程度まで落ち込んでいた近年。もうすぐ出番の季節ですが、今年の予想は?「流星電波観測国際プロジェ...
日本人フォトグラファー・MAR SHIRASUNAの作品『Beauty and NYC』。ニューヨークの高層ビルで、屋上のふちに佇む美女を撮ったもの。NY...
4人の女性シンガーで構成されたボーカルグループ、Women of the World。リーダーとして活躍する植田あゆみさんは、生粋の日本人だ。Women ...
『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』(青春出版社)の著書である溝口徹さんは、日本初の栄養両方専門クリニックを開いた医師。体の不調や心の病気に繋がる...
「美人は得をする」とは、世界共通の“暗黙の了解”。現実には「不平等だ!」と思うことも決して少なくありませんよね。このたび、ある研究において、「学業」におけ...