いつも旅のことばかり考えてしまう「トラベルバグ」って、こんな人。

すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってきた人々は、まず間違いなくもう一度旅に出たくなるでしょう。

ここでは、ライターのSophie Cookさんが「Elite Daily」に寄稿した、トラベルバグについてのお話を紹介しましょう。

01.
旅は勲章のようなもの

Medium 17ce6501fa296dc59fdbe12c203b520016647846

旅先では、道ばたで知り合った人が次々と友だちになり、国境を超える毎に知識が増していく。パスポートに刻まれた国の数だけ心が豊かになる。入国スタンプはまるで勲章のようだ。

新しいルールに適応したり、仕事を見つけたり、友だちを作ったり、その反対にふさぎ込むことだって自由。色々な挑戦の場面に出会い、自分の道を見つけ出す。答えを誰にせかされることも無く、自分のスピードでゆっくりと考えられる。

02.
出発した頃の自分に
戻りたくない

旅先で、異文化に触れれば触れる程、今までどれだけ自分が狭い世界で生きていたのかに気付く。しかし、不思議なことに、家に帰ってしばらく経つと、当時の自分にあっという間に戻りそうになる。

03.
友だちや家族と
話が噛み合わない

Medium 8fc9fdfca7549c9b2617b3b024e42f1a8b9069d3

外の世界を知り、人生はより豊かに、彩やかになっていく。いろいろな環境で日々を過ごし、つぎの目的地へ出発するために深夜特急に乗りこんだ。

しかし、家に帰ると厳しい現実が待っていた。今まで旅先で培ってきたオープンな感覚や視点がどこかへ消えてしまう。当然ながら、家族や友だちは、あなたが実際に見て経験してきた世界の広さを知らない。その環境に慣れてしまうのだ。

懐かしい人々と感動的な再会を果たし喜ぶ反面、違和感は少しずつ増していく。誰かと会えば会うほど、その不安は大きくなっていく。自分がまったく別の世界に行っていたんだということを実感するようになる。

04.
日常が違って見える

周りが気にしていることは、結婚や就職活動かもしれない。しかし、自分の中には、海外で得た新しい常識や現実がある。日常的に入ってくる情報も変わってしまった。一度体験したら、もう違う世界の住人になってしまうのだ。

すべてがこれまでと違って見え、比較してしまう。が、帰ってきた土地は昔と何も変わらない。そこにあるギャップに、つらくなることがあるのだ。

05.
孤独を感じる

Medium 214bae7db1f83c03871c23da8175296f8a76fca5

それは、成長したという証拠なのかもしれない。新しい知識と視点が、少し孤独な感覚を覚えたり、寂しくなる原因かもしれない。

06.
いつの間にか「変わり者」に

何となく、今までの友だちよりも、変人と呼ばれている人たちのほうが自分に近しい存在に思えるようになる。そして、自分の道を見失い、再出発しなければいけないような感覚に陥る。

07.
取り残されたような感覚

Medium 0f27711bc2f9403548308b3d98bf14d1e9357fde

自分をのけ者にして世界が進んでいく。それは新しい旅先でも、なかなか払拭できない。古くからの友人は、みんな未だに同じ場所で、同じ人々と一緒に、出発する前と変わらない生活を続けている。

08.
お互いに理解しあえない

美しい海岸を、改造したキャンピングカーで走る。そんな想い出を、周りはきっと想像できない。その反対に、周りの人も自分の話が理解できないとジレンマを抱えているだろう。

必死に、物語を共有して、伝えたいと思っている。けど、周りの人は、その感情をどう捉えて良いのかわからないのだ。

09.
旅の話は
外国語のようなもの

あなたが話す「外国のコト」を理解できるのは、同じような経験を持った人のみ。それは出発し、成長し、学び、変わっていくという体験なしでは語ることができないコト。

10.
体験は言葉にできない

Medium dd0f725fa04666d82fc56f3eed04352aff7908e1

これまで体験した物事は、シンプルに説明するには複雑すぎる。だけど、どんなに濃厚な体験から培った感覚だって、現実に戻った瞬間にすべて元通りだ。だから、数週間、数ヶ月以内に、また新しい冒険のことを、祈るようにして考えるようになる。

多くの人は、これを「トラベルバグ」と呼んでいる。

Licensed material used with permission by Elite Daily
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
旅をこよなく愛する男・倉崎憲。学生時代にはラオスに小学校を建設し、世界一周の旅に出たこともある彼は「旅で人生は変わらない」と言う。そんな彼はなぜ旅の虜にな...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
俳優、モデルとして活躍中の尚玄氏。彼にはプロフィールには載らない“旅人”というもうひとつの顔がある。彼にとって、旅とはなんなのか? それは表現にどう役立っ...
バックパッカーの女の子たちから聞く話ほど、刺激的で面白いものはありません。さまざまな経験をしてきた彼女たちは、他の女の子とは違った魅力を持っています。「I...
ロードトリップの経験者である「Elite Daily」のライターAitana Cardoso氏。世間一般で「旅は人生で大切なことを教えてくれる」と言われて...
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...