まるで、映画のワンシーン!海外で話題・オリジナルウェディングの「6つの魅力」

最近よく耳にする「オリジナルウェディング」。パッケージされたウェディングよりも、ふたりの趣味趣向を反映できるとあって、欧米ではとても人気が高いウェディングスタイルですが、最近では日本でもこの「オリジナルウェディング」を選ぶカップルが増えています。

0018-2941242240-O

ph010

10354884_699423543437166_7683209594952988141_n

まるで映画のワンシーンのようですが、コレ全部crazy weddingという日本の会社が手掛けたオリジナルウェディングの写真。日本でもこんな式を挙げることができるんです! ここでは、そんなcrazy weddingによるウェディングの魅力を紹介していきましょう。 crazy_attention_a1

01 ウェディングで人生が変わる!

0014-2941242200-O

crazy weddingでは、プロデューサーがヒアリングを行い、ふたりにとって大切なコトを一緒に考え、コンセプトを決めることからスタート。それは結婚式のためという以上に、ふたりが一生大切にしていく、いわば人生のコンセプト。だから、ウェディングを作っていく過程のなかで、人生と向き合うことできる。新しい一歩が踏み出せる。

実際、crazy weddingで式を挙げたカップルのなかには、「不仲だった家族仲が良くなった人」「ウェディングを機に起業した人」など、人生が変わった人が大勢いるんだとか。それぐらい素敵な体験ができるんですね♪

02 ふたりの個性を尊重してくれる!

1054

結婚式は愛し合うふたりのことを、大切な人たちに知ってもらう場です。でも、ごくごく一般的なパッケージされたウェディングでは、新郎新婦がどんな人かなんて、まったくわからないことがほとんど・・・。ちょっと残念ですよね。 crazy weddingの式は、ふたりの人生のコンセプトを表現したもの。ふたりがどんなことを考えて、何を大切にしているのか、しっかりと表現できるのが大きな魅力です。

03 家族や友人の満足度がめちゃくちゃ高い!

hiramatsu24

「個性的なオリジナルウェディングでは、出席してくれる親戚や友人が満足してくれるか心配・・・」という人もまだまだ多いようですが、そもそもゲストは皆、ふたりのことを祝福するために出席するわけで、より新郎新婦のことを知ることができるオリジナルウェディングでの満足度はとっても高いんです。 実際にcrazy weddingでは、新郎新婦ではなく、出席したゲストから「素晴らしい式をありがとう」と感謝の言葉をいただくことも。なかには「私たちもこんな式を挙げたいんですが・・・」とゲストが申し込みすることもあるとか!!

04 ノープランでもOK!

10426533_718151331564387_7224992851560746857_n

素敵な写真を見れば見るほど憧れるけれど、「私たちにもできるかな・・・」と不安になるカップルもいるのでは? 大丈夫! そもそもcrazy weddingに相談にくるカップルのほぼ100%がノープランなんです。オリジナルウェディングに精通したプロデューサーがふたりと一緒にコンセプトを考え、細かい演出や装飾までを提案してくれます。もちろん、誰かと同じ式はまったくナシ。ふたりだけの世界をしっかり表現して、人生最高の1日をプロデュースしてくれます。

05 乗り気じゃない新郎も、最後は涙・・・

0037-2941242405-O

ウェディングにおいて、新郎のテンションが新婦より低いというのはよくあるコト・・・。パッケージされたなかから、プランを選んでいくだけの式では、そのテンションが変化することは少ないようです。 その点、crazy weddingでは、ふたりが向き合うことをとても大切にしているため、いつの間にか新郎もノリノリになってくるんだとか。そして、式の当日には、新郎が泣いちゃうこともcrazy weddingなら珍しくないそうです。

06 「オリジナルウェディング=高い」は間違い!

main_ph

オリジナルウェディング=高いというイメージがあります。実際、パッケージウェディングがメインの会社で、オーダーメイドをするとかなり高価になることも。 でも、crazy weddingは最初から完全オーダーメイドが基本にしているため、コストパフォーマンスは抜群。通常のパッケージウェディングとほぼ変わらない価格で、ふたりだけのためにプロデュースされた、特別な式を挙げることができます。

※お申し込みいただいた方には、crazy weddingのプロデューサーからご連絡させていただきます。

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

Sponsored by Crazy Wedding

上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
フラッシュモブをはじめ、多くの協力者を巻き込んでのサプライジングなプロポーズはよく聞く話。けれど、これはちょっと考えつかなかった。航空会社が全面協力した、...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
この結婚式の動画がすごい!とYouTubeで話題を集めているのは、プロのマジシャンとして活動する新郎のジャスティン・ウィルマン氏が自身の結婚式の冒頭でパー...
『INNOVATION OF WORK』~あなたと共に「働くを新しく」する、1日限りの限定トークイベント~presented by CRAZY × TAB...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
61年前と同じ“種類”のケーキではなく、正真正銘そのときにつくられたものの一部を今も食べ続けているのだそうです。えっ、だ…大丈夫なの!?アンさん(82)と...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
見ているほうまでしあわせな気持ちになっちゃう、結婚写真。結婚式は多くの人にとって「人生最良の日」と言っても過言ではないでしょう。そんな人生最高の日の写真の...
日本で行われる結婚式は、和式・欧米式が一般的という印象があります。しかし、装いだけでなく催しの内容まで見ると、地域によっても個性はバラバラ。それが海外とも...
この動画は、いわゆる結婚式の一日を映したものですが、ちょっと普通じゃないウェディング・ムービーに仕上がっています。なぜかと言えば、全編に渡って犬の視線で捉...
花婿のタイラーさんと花嫁のチェルシーさんの結婚式。ブーケトスの時間がやってきました。「1、2、3、せーのっ」と、投げると思いきや…ブーケを投げずに手渡しを...
家族で運営しているクリエイティブスタジオ「Studio 1208」は、3年間で19カ国以上をまたいで結婚式を撮影してきました。ニックは映像を録り、妻マリア...
結婚式の夢は日々の恋愛感を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。未婚で結婚願望が強い人が...