生産性の高い人が実践している、意外な「6つのこだわり」

5月病という言葉がチラホラ聞こえてきたりして、気分が落ち込みやすいこの季節。仕事の生産性も落ちてしまいがち・・・。そんな問題を簡単に解決する方法が、気分をリフレッシュさせること。小さな心がけが、仕事の質をアップします。

01.
PCの壁紙は好きなもの
1週間に1回は変える

adobe

壁紙を機能性だけで選んでいませんか? 例えば視認性の高い単色もいいですが、それではもったいない。PCに向かう時間≒壁紙を目にする時間と考えれば、もっとこだわるべき。「上司に怒られた」「面倒な仕事を頼まれた」などちょっと仕事へのモチベーションが下がり気味になったときにこれは効果的。たとえば行きたい場所の写真を壁紙にすると、それがモチベーションになって仕事がサクサクはかどります。好きなアーティストの作品とか、家族の写真でも◎。

02.
こだわるべきは「椅子」
良いものには投資を

adobe

椅子の座り心地にはこだわりましょう。1日の大半使っていることを考えると、多少高い買い物でもコスパは決して悪くないはず。良い仕事をする第一歩はまず自分が快適に仕事ができる環境をつくること。良い寝具を使うと寝付きがよくなるのと同じ理論です。

03.
ランチは毎日違うお店で
外には新しい発見がたくさん!

adobe

ランチは毎日違うお店で食べましょう。気分がリフレッシュできるというのはもちろんですが、街の風景や、周りの人の会話から面白い情報が得られたりも。オフィスの外には新しい発見がたくさんあるのです。栄養バランスを考えて選ぶのも大切。

04.
オススメは15分の仮眠
お昼寝は恥ずかしくない

adobe

「疲れたけど、エナジードリンクを飲んでもうひとふんばり!」とても尊敬できる心持ちだと思いますが、「疲れたら、休む」も、時には必要。オススメは15分の仮眠です。散歩でもコーヒーブレイクでもOK。自分なりのリフレッシュ方法を見つけましょう。
大切なのはカラダとココロの「休みたい」という声に正直に向き合うこと。

05.
通勤ラッシュを避ける
ストレスフリーな移動が基本

adobe

通勤ラッシュにストレスを感じている人は多いはず。だったら、普段より少し早く家を出る。しかも、オフィスに直行するのではなく、貴重な朝の自由な時間を“朝活”にあててみては?
会社の近くのコーヒースタンドで購入したラテを片手に公園を散歩したり、カフェで美味しい(そしてちょっと贅沢な)モーニングと洒落込むとか、そんな些細なことでOK。一見無駄に思えるかもしれませんが、1日のスタートを気持ちよく切れると考えれば、その後の仕事の効率にかかわってきますよ!

06.
BGMをさざ波の音に
アイデアがサクサク浮かぶ

adobe_02

マンネリはクリエイティビティの敵!毎日おなじ場所で仕事をしていると、気持ちもマンネリ気味に。面白いアイデアもでなくなります。たとえば、さざ波の音をBGMにする。これだけでもリラックス効果は抜群です。まるでリゾート地にいる気分が味わえたり。凝り固まった思考がやわらかくなって、いつもとは違う発想が浮かんでくるはずです。

ここまでのすべてを一気に満たすのが、
“オフィスを離れる”という方法

adobe

たまにはオフィスを離れて仕事してみませんか?打ち合わせの時間まで近くのカフェで仕事をしようとか、公園で寝転がって仕事をしようとか、そういうこと。今はもうモバイルデバイスさえあれば仕事ができる時代。荷物が少ないと足取りも軽くなって、仕事をする場所の選択肢が増えたり。仕事場が自由に選択できるってとってもワクワクしませんか?

さて、ここで質問。
「アナタはどこで仕事がしたいですか?」

例)インドの雑踏で仕事がしたい!
セーヌ川のほとりで仕事がしたい!
ブルックリンのオシャレなカフェで仕事がしたい!

あなたの理想を「#夢のオフィス」「#AdobeDocCloud」でツイートしてみましょう。今なら豪華商品が当たるチャンス!

btn_idea_150511_16

 

Sponsored by Adobe

ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
「月曜日だ!会社に行きたくない!」週末も終わりが見えてくると憂鬱になるのは仕方がないことですが、そうは言っても「月曜日」は必ずやってきます。ならばいっそ、...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。ライターJustin Gammillの表現...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
日々仕事をしていく中で、非効率的なことや無駄なことに時間や労力を費やしている人は意外と多いと思います。自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』...
もしも「ただ時間をつぶす」っていう仕事があったら今ごろ億万長者なのに…なんて思っちゃうほど、あとから思えば無駄だったとも思えるような時間を過ごして、後悔し...