「ボディペイント」世界大会の画像がスゴい!ハリウッドの特殊メイクも真っ青!?

世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催された。20年以上続くこの大会は、毎年オーストリアの小さな街ペルトシャッハにて行われる。今年も、世界45ヶ国以上の国々から、プロのメイクアップアーティストやボディペインターらが集結した。

bodypaintingfestival31251581

Body-Painting (6)

Body-Painting (7)

大会の様子を伝える「Mirror Online」の記事は、20年前まではほどんど知られていなかったボディペイントという芸術表現が、この大会によって、アートムーブメントになりつつある様子を紹介している。

熱狂的なファンが増え続け、回を追うごとに規模が拡大。今年はおよそ30,000人が来場した。ボディペインティングだけでなく音楽ライブ、ダンス、パフォーマンスと、身体を使ったアートを3日間に渡って堪能できる。この他、メイクアップアーティストによるデモンストレーションやワークショップも開催され、プロの技術を間近で体験することも可能だ。

Body-Painting (2)

Body-Painting (5)

さて、コンテストは各部門に細かく別れており、オーソドックスな技術を競う「ブラシ/スポンジ部門」「エアブラシ部門」、ほとんどコスプレ状態の「特殊メイク部門」、さらにはブラックライトの下での表現を競う「UVボディペインティング部門」など、各ジャンルでの優秀賞が選出される。

美術館に展示される芸術作品とは対照的に、こちらは人間の身体をキャンバスにしたコンテンポラリーアートだ。もちろん、雨が降れば絵の具はにじむし、汗でもペイントが落ちてしまう。絶えず変化する状況に合わせて顔料や配色を選び、エキセントリックな作品に仕上げていく。

Body-Painting (14)

Body-Painting (12)

Body-Painting (8)

Body-Painting

Body-Painting (9)

Body-Painting (13)

Body-painting (10)

もはや、ここまでくると異次元過ぎて理解不能?でも、これが最先端ボディペインティングであることは間違いない。

 Reference:Mirror Online
Licensed material used with permission by World Bodypainting Festival

右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでし...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
100円均一でも一部手に入るガラス用絵の具は、ツルツルした面に貼れて、カンタンに取り外せるので人気です。クッキングシートなどに一度描いてから貼り直してもO...
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わっ...
ひと月後に結婚を控えたカップルが、特殊メイク技術によって、老後の自分たちの姿に変身。徐々に老いていくパートナーを目にしたとき、ふたりの心にある変化が訪れま...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
4月のよく晴れた週末、ニューヨークはマンハッタンのグリニッジ・ビレッジ。 19世紀の街並みが残る落ち着いた通りに突如現れた、まくらを抱えた人たち。 こ...
二の腕へのボディタッチには、いったいどのような男性心理が隠れているのでしょうか。ちょっと下心があるのが本音ではないでしょうか。その触れ方や過程、時期などか...
およそノーマルな男性なら、大抵の女性からのボディタッチを嫌がることは無いはずです。そんな男性の気持ちを上手につかんでボディタッチをすれば、様々な効果が期待...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...