ワイシャツに変なシワを作らない!アイロンのかけ方とコツ

アイロンをかけたものの、変なところにシワができてしまったり、とにかくうまくアイロンをかけられないという経験はないでしょうか。実はいくつかのコツをつかむことで、アイロンがけはもっと楽になります。洋服のシワがキレイにとれる、アイロンがけのコツをまとめてみました。

アイロンをかける前に
準備したいものと確認したいこと

white collar shirt and iron on ironing board

まず、アイロンをかける前に準備したいものから。アイロンはもちろん、洋服によってはアイロン台や霧吹き、当て布は用意しておきたいところです。霧吹きは、普通の水を入れて使いますが、生地によっては一度水で湿らすことで、シワが取れやすくなるものもあります。当て布は、直接アイロンできない素材はもちろん、テカリを抑えたいときに便利。

ある程度準備ができたら、次にアイロンをかけたい洋服の表示を確認します。タグなどと一緒に、アイロンがけができるかどうか、どのくらいの温度なら良いか記載されているので確認しましょう。中にはアイロンがけに向いていない素材もあるので、しっかり確認しないと衣服を傷めてしまう恐れもあります。

シワがキレイにとれる
アイロンがけの4つのコツ

000007599033_Large

1.スチームとドライを使い分ける

アイロンには、スチームとドライという2つの機能があります。それぞれに、スチームは蒸気でシワを伸ばす、ドライは熱の力でシワを伸ばすと言う特徴が。そのため、生地によってはスチーム、もしくはドライの方が効果的だというものもあります。アイロンがけにおいて、スチームとドライをしっかり使い分けられるともっとキレイにシワがとれるはずです。基本的にはスチームはウールのしわやパンツの折り目をつけるときに、ドライは綿や麻のシワを取るときに使いましょう。

2.薄手の衣服は一度湿らす

ワイシャツなどの薄い衣服は、一度湿らせた方が、シワが取れやすくなります。霧吹きで全体的に湿らせてからアイロンをかけてみましょう。

3.細かい部分・厚い部分から

アイロンがけは、かける順番も大切。先に、広い部分などから行ってしまうと、後で細かい部分をかけるときに変なところにシワができてしまいます。基本的には細かい部分から厚い部分にかけて行うことが大切です。

4.縫い目を引っ張ってかける

特に縫い目付近に関しては、引っ張りながらアイロンをかけると、シワにならずきれいに仕上げることができます。

洋服別のアイロンの
かけ方をチェック

ワイシャツのアイロンのかけ方

_000014256618_Large

ワイシャツの場合、まずは細かい襟や袖口、肩の部分を先にアイロンがけします。ワイシャツは縫い目が多いので、しっかりと形を整えてからかけるのがアイロンのコツ。また、胸元などの重ならない部分については、アイロン台をうまく使ってしっかり広げてからアイロンをかけると、キレイに仕上がります。

セーターのアイロンのかけ方

セーターは直接アイロンをあててしまうと、生地が傷む恐れがあります。スチームに切り替え、蒸気だけをあてるイメージでかけましょう。

プリーツスカートのアイロンのかけ方

中高生の制服に多いプリーツスカートはアイロンがけが厄介。平ゴムで固定してから行うと良いです。また、裾から上に向かってかけるのもコツ。

ライフスタイルで違うアイロンの選び方

ironing clothes housework equipment

アイロンがけのコツもそうですが、アイロン自体についても自分のライフスタイルに合わせて選ぶとより便利になります。例えばコードレスかそうでないか。コードレスだとコンセントが邪魔にならずにアイロンがけできますが、充電して使うため、温度が冷めやすくなってしまいます。また、アイロンの機能についても注目したいところ。例えば、低温でもスチーム機能が使えるアイロンだと、よりアイロンをかけられる衣服の種類が増えます。値段などももちろん、ライフスタイルに合わせてアイロンは選びたいものです。

アイロンを上手にかけるコツと、衣服のタイプごとのアイロンのかけ方などについて紹介しました。ちょっとの工夫をするだけで、アイロンがけはもっと楽になります。と言ってもやはり慣れも大事なので、まずはアイロンを使い慣れることから始めましょう。

家事なんて、とりあえず部屋が片付けばいいんじゃないの?と思っていませんか?いえいえ、家事はアナタを幸せに導いてくれる魔法の時間なんです。自著『可愛くなる家...
面倒だけど逃れられない作業、それはアイロンがけ。シャツを伸ばして、襟にアイロンをかけて、肩をまっすぐにして、手を入れてくちゃくちゃになった袖をなんとか伸ば...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
ニットをハンガーにかけておいて、型崩れしたり、伸びたりした経験はありませんか?これからは、その心配は無用。長時間ハンガーにかけておいても問題ない畳み方を、...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
こんがり揚がったカリカリの衣、噛むとじゅわ~っと肉汁の染み出る唐揚げ。でも、お店みたいな調理器具はないし、特別なスパイスもない……。ここでは、簡単に家庭で...
人生は、選択の連続です。たった1日の中でも、些細な選択が求められるシーンは多々あります。そんな時に役立つのが、『モノの見分け方事典』から紹介する、“本当に...
20代の平均貯金額は約200万円、30代の平均貯金額は400万円前後、40代の平均貯金額は500万円弱といわれています。あなたの貯金額と平均との差はどれく...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
良好な夫婦関係を保つためにはどうしたらいいのか。いろんな意見があるでしょうが、ここで紹介する「Higher Perspective」で紹介されている、心理...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
もうダメだ、諦めるしかない。そんな心が折れそうな瞬間は、誰にだって訪れます。そこで立ち上がる人と、つまづいてしまう人の差は何か…。それはちょっとした「コツ...
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
ANA(全日本空輸)在籍時代、天皇皇后両陛下、英国元首相マーガレット・サッチャー氏をはじめとするVIP特別機を担当し、トップCAとも言われていた里岡美津奈...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのた...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
家事は部屋をきれいにするだけでなく、それ以上の効果があります。例えば「気」の流れをよくしたり、心の整理にもなったり。そして、一番強調したいのが「カワイイ自...