ケンカはソファで。結婚生活がうまくいくコツ【10選】

恋愛に比べて結婚生活って難しい。そう考えてしまう理由を紹介するライターRebecca Endicott氏の指摘が、結構いいんです。彼女の結婚に対する見解は、すべて「難しく考えない」ことが根底にあります。だから分かりやすく、共感できるのかも。

01.
鮮度が落ちる「思い出」よりも
どんどん新しい「経験」を!

0000_Layer-Comp-127

想い出は色あせはしないかもしれません。けれど、どうしたって鮮度は落ちていきます。あまり古い思い出にばかりすがっていては、うまく関係を維持することが難しくなります。真剣に前に進みたいと考えているならば、新しいふたりの体験をどんどん増やしていくことです。一緒に旅行をしたり、新しい趣味を始めたり、二人にとって特別な記憶になるもを築いていくことです。

02.
「自分の時間」を犠牲にしない

0008_Layer-Comp-918

あなたが、どのくらい真剣に結婚後のことを考えて取り組んでいるかは関係ありません。お互いの関係は、まず「自己管理」から始まることを忘れてはいけません。健全な関係を送るために、パートナーとずっと一緒にいる必要はありません。結婚生活と束縛は次元の違う話。たまには友達と一緒に旅行に出かけたり、夜通し遊ぶような時間も必要です。自分の時間を大切にすること、そこに良好な関係をつくるカギがあります。

03.
口論になったら、ソファに移動
互いの体温を感じる距離感で

0007_Layer-Comp-823

お互いの感情にズレが生じると、肉体的にも距離を感じてしまいます。言い争いの真っ只中で、相手をぎゅっと抱きしめたいなんて、あまり思えませんよね。でも、こんな方法はどうでしょう。口論になり始めたら、場所をソファに移し座りながら、お互いの手を取り合いながら話すように心がけるのです。少し、トーンが下がってきたら肩に手を回したり、抱き合いながらでもOK。脳内物質のオキシトシンが徐々に分泌され、いつの間にか居心地のいい時間を過ごしているはず。

04.
問題は小さなうちに
「話し合い」で解決

0003_Layer-Comp-426

どんな小さな問題であっても、パートナーに打ち明けることができなければ、解決しようがありません。どんな時にも、最良の相談役はあなたの大切な人でなければ。話し合うことは、問題を解決する最初の一歩であり、一番の方法なんですから。

05.
いつだってきっとうまくいく
成功のイメージは現実になる

0006_Layer-Comp-725

「自己成就予言」という言葉があります。これは、自分の考えや信念を持ち続けることで、それが現実化していくという心理的効果のことを指します。結婚生活においても、いつもポジティブであろうと一生懸命努力していると、たとえその考えや態度が意図的なものであっても、パートナーとの関係を良好に維持するためにとても役に立つはずです。逆に、パートナーに対してネガティブな印象を抱いていては…。

06.
ケンカを深刻に捉えない
夫婦の“絆”を深めるスパイス

0005_Layer-Comp-6-2

ケンカやトラブルの火種はいたるところにあります。夫婦とはいえ、元は他人同士なんですから。それは自然なこと。ケンカなんて当たり前です。起こるべくして起こるのであれば、むしろそれは健全。
でも、侮辱はいけません。相手の欠点を責めるのではなく、落ち着いて自分自身の心のうちを相手に説明するつもりで。

07.
愚痴や相談をされたら
だまって「聞き役」に徹する

0004_Layer-Comp-524

とにかく、どちらかが話す時はもう一方は聞き役に徹すること。話す側はそれが愚痴あっても、仕事についての相談でも、心を割って話すことです。相手があなたを必要としているときには、ただその話に耳を傾け、真剣に聞いてあげること。これって、とても大事なことですよね。

08.
マンネリのセックスはNG
いつも心にドキドキを

0002_Layer-Comp-328

二人の関係がギクシャクしている時は、性生活も自然と減ってしまいます。今までの関係に新たな刺激を加えることで、二人の関係が再熱することもあるでしょう。また、コミュニケーションを一新したいような時にも、これまでのセックスルーチンをガラっと変えるのもいいかもしれません。たまには、少し大胆になってみるとか、ね。

09.
最初に好きになったキッカケは?
付き合いたての二人を思い出す

0001_Layer-Comp-228

付き合いたての頃を思い出してみましょう。お互いに惹かれあったきっかけは何でしたか?そのときの気持ちって、二人を結びつけた最も根源的なもの。たまには振り返って、経験を分かち合いましょう。大好きなレストランに出かけたり、映画を観に行ったり、ゲームをしたり…お互いの興味や趣味を分かち合うことです。

10.
謝罪を受け入れること

0009_Layer-Comp-1015

最も強力に愛をつなぎとめるものは何だと思います?それは、謝罪を受け入れること。でも、ただ相手のことを許し忘れることではダメ。関係が危機に陥った原因に目を背けず、また同じ状況がきてもそれを回避できるように備えておくのです。
許しとは、過去を消し去ることではなく、受け入れ活かすことにあります。あなたのパートナーが次のステージに上がるための道程なのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by LittleThings.com

中距離恋愛では、なんとか日帰りで会える距離にお互いがいるけれど、移動に数時間かかるため頻繁に会うことができず、様々な悩みはつきものです。遠距離恋愛ほどのド...
「2分に1組」が離婚をしている?厚生労働省の「人口動態調査」によると、平成23年度の離婚件数は約23万5千組。これを時間で表すと、およそ2分に1組が離婚を...
恋愛をすると「こんな広い世界で私を選んでくれる人がいて幸せ!」という嬉しい気持ちの反面、だからといって何もかもうまくいくワケではない、という不安も生まれま...
良好な夫婦関係を保つためにはどうしたらいいのか。いろんな意見があるでしょうが、ここで紹介する「Higher Perspective」で紹介されている、心理...
ここに紹介するのは、恋愛カウンセラーDave Elliott氏があぶりだした、恋愛ベタな女性の特徴。男性視点がいささか強めではありますが、フムフム納得でき...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
恋人と長続きするために必要なのは「相性」と「寛容さ」です。基本的にそのポイントさえ抑えていれば、小さなトラブルでつまずくことは、まずないでしょう。「You...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
「人と人がわかり合う」のは簡単なことじゃありません。これまで歩んできた道が違うんだから、当たり前といえば当たり前です。でも、大好きなパートナーのことはでき...
夢の中で喧嘩(ケンカ)をするというのは、どんなメッセージが隠されているのでしょう。喧嘩をする夢ですから、見た本人の気分はよくないかもしれません。しかし、安...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
ワシントン大学の心理学名誉教授ジョン・ゴットマンは、夫婦が離婚するかどうかを8割以上の高い確率で予測できると主張している人物。彼が紹介した「悪い夫婦喧嘩の...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
恋愛がうまくいく方法があれば絶対に知りたい、そう考える人は多いですよね。おまじないに頼っていてもあなたの恋愛は決してうまくいきません。今からご紹介する、1...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...