股下125cm!全米でもっとも脚の長い女性

まさしくリアルバービー人形と呼ぶにふさわしい、細く長い脚が自慢の女性が全米に現れました。なんでも、これまでの記録を塗り替え、全米一股下の長い女性に選ばれた彼女。その、聞いたこともないような数字に、ただただ驚くばかり。

嘘でしょ!?
驚愕の股下125.7センチ

スラっと、しなやかに伸びる右端の女性にご注目。頭の位置こそ、ほぼ同じ高さのこの3人。でも、ご覧のように彼女だけ1ステップ下段に位置しているのが分かりますか?これ、まっすぐ立ったら大変なことになりませんか?
彼女の名前はHolly Burtさん20歳。彼女、身長198センチの長身でもありますが、それにしても驚くのは、股下の長さがなんと驚愕の125.7センチ!

実は、これまで長らく1位の座にいたのは、長身モデルのローレン・ウィリアムズ(26歳)さん。彼女の股下も124センチと、規格外の長さでしたが、わずか2センチ弱ではあるものの、Burtさんに女王の座を譲ることになりました。

中学生のときのあだ名は
“キリン”だったの(笑)

さて、新女王となったBurtさんですが、人並み外れた体格ゆえに、小さい頃は辛いいじめを経験することもあったそうです。
「今だから言えるけど、中学生のときのあだ名は“キリン”よ」と、英タブロイド紙「Mirror」に告白した彼女。歳を重ねるにつれて、身長に比例するように脚もグングンと伸びていったと言います。上の写真を見ても、同い年の友人たちと並ぶと、腰の位置がまったく違うことがよく分かりますよね。

やがて、人が羨む長身と長い脚が自分の魅力だということに気づいたBurtさん、「これが個性であり武器だと思えるようになった」そうです。
ではなぜ、これ程までに脚が長くなったのか?Burtさんが突然変異でこんなに大きくなってしまったわけではなく、そもそもHolly家は、パパもおじいちゃんも身長2メートルを超える長身一家。彼女もなるべくして大きくなったんですね。中学2年生の時点で、担任の先生の身長を超えてしまった時に、自分の運命を感じたと自身のブログに綴っています。

2年前、フロリダからNYに移り住んでからは、デートに困らないくらいモテモテだと言う彼女。曰く、NYには長身のイケメンが大勢いるんだとか。でも、彼女は自分のルールとして、身長190センチ以下の男性とはデートしないことを固く心に決めているそうで、こんなことまで。

「もしもバーで私よりも背の高い男性を見かけたら、ゼッタイ私の方から声をかけにいくわ」

一躍、時の人となったBurtさん。それでも、まずは残りの大学生活に集中することが目下の目標だそう。でも、将来的には長い脚を活かしたモデル活動にも興味があると、「Barcroft TV」の取材に20歳の女の子らしい、正直な気持ちを答えていました。

 Reference:Barcroft TV
Licensed material used with permission by Holly Burt

ダイエットや美容の情報などを発信することで、女性のキレイを応援している「モテ子BEAUTY」。今回は同サイトから、椅子を使った脚痩せエクササイズをご紹介し...
Youtubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」によると、美脚に一番おすすめのトレーニングはスクワット。海外では、30日間行う...
露出が増える夏。足のむくみが気になる人も多いのでは?むくみの原因のひとつには「塩分の過剰摂取」があります。ここでは、引き締まった美脚に近づくために取り入れ...
今回は、Youtubeの運動初心者向け健康チャンネル「MuscleWatching」から、驚くほど体が柔らかくなるストレッチ方法をご紹介。個人のレベルに合...
開脚が苦手な人は、股関節の可動域が狭いのが原因。そこで、股関節ストレッチを毎日実践することで、美しい開脚を手に入れることができるそう。運動神経に自信のない...
自分が生まれた日に、何の映画が全米で興行収入一位だったのかを簡単に調べられるサイト「Playback.fm」が話題になっています。自分が生まれた日の全米N...
この未来的なデザインは、サンフランシスコの建築事務所「テリー&テリー アーキテクチャ」が設計したもの。まるで海の上に浮かんでいるかのようなこのお家...
あえて、先に種明かしをしてしまえば、この120秒少々の動画は、ただのガムのCM。だけど、それが分かっていても、胸の奥のざわめきを感じるはず。恋する気分を思...
「母斑症」は遺伝的な要因や胎生期の環境によって生じることのある皮膚の奇形。ここで紹介する写真の女性は、ロサンゼルスで活躍する22歳のダンサー、カサンドラ・...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
日本中を席巻したラーメンブームがニューヨークに上陸して、早数年。その勢いは未だとどまることを知らない。しかしその30年以上前から、ニューヨークのみならず全...
アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。子どもたちがたくさん...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
SNSに写真をアップするとき、つい理想の自分のスタイルを演出したくなっちゃいますよね。いつもは本当はそんなに決まっていないときだってあるのに、バッチリ加工...
優秀な人材を見極めなければ!とは言うものの、ぶっちゃけ一緒に働いてみるまでわかりませんというのが本音かも。ハイヤリングに関する様々な方法論を書いた著書もあ...
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Tr...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
読み方が分かりづらくて質問されたり、電話では何度も聞き返される。珍しい個性的な名前ってこういうこと。いろいろ面倒もつきまとうのだけど、一方で「強く賢い女性...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...