自分の限界を超える「40%ルール」とは?米国特殊部隊・ネイビーシールズ直伝

長距離マラソンがきっかけで知り合った、ネイビーシールズ隊員を口説き落とし、1ヶ月間の共同生活を体験したJesse Itzler氏が「Big Think」に私見を述べている。

肉体ではなく精神を鍛えるためのレッスン、心の壁を超えるためのネイビーシールズ流、"40%ルール"に注目だ。

“鉄の意志”を持つ男
ネイビーシールズとの出会い

_138987197

サンディエゴで開催された100マイル(160キロ)マラソンに6人チームのリレー形式で参加した私は、全工程をたったひとりで挑もうとしているネイビーシールズの青年に出会った。

基本的に大会側からのサポートが何もない長距離マラソンだ。参加ランナーたちは自ら補給品などを携行する必要がある。私たちはテントもあれば、専属のマッサージ師も同行させていた。一方、彼は折りたたみの椅子にペットボトルの水とクラッカーのみ。こんなストイックな長距離ランナーを見たことがなかった私は、特殊部隊所属の青年に興味を持った。

見た目からして体重100キロを超える彼は、70マイル(112キロ)を過ぎた地点でレースを終えた。後になって知ることだが、この選択は正しいかった。
なぜならこの時、青年の両足の軟骨は折れ砕け、腎臓にも異常が発生していた状態だった。オフィシャルドクターがいたなら、間違いなくドクターストップだったろう。

口説き落として
1ヶ月間限定の
共同生活がスタート

291559331

大会が終わった後も、青年のことが忘れられずにいた私は、Google検索で彼の名前をヒットさせ、心のままに衝動で彼を訪問していた。

快く招き入れてくれた彼との会話を通して、ネイビーシールズという特異な体験を通して形成された、彼の思考から学ぶべきことがたくさんあると直感的に思った。私は彼に1ヶ月間限定で、自分の家族と共に暮らさないかと提案。私の熱意に押され、彼もそれを受け入れてくれた。

家族にも恵まれ、仕事も順調にいっていた私だが、慢性的なマンネリを感じていたこともまた事実。日々のルーチンワークはいい面もあるが、マンネリにも陥りやすい。まったく違う道を歩んできたネイビーシールズとの共同生活は、マンネリを脱するための格好の機会でもあったのだ。

「もう限界…」は、
自分の弱さが決めている

24863351

彼が我が家にやってきた初日、私はこう質問された。「何回くらい懸垂できそうかい?」ちなみに、彼らの日課は、1日100回、しかも休みなく一度にやってのけるそうだ。

腕力に自信のない私は8回こなすのが精一杯だった。すると、「30秒だけ休んでもう一度トライしてみよう」の声が。言われるがままに実行するも、先ほどよりも回数が落ちて6回だけ。ここで、まさかの声がかかる。「さあ、30秒後にリトライだ」。

もちろん結果は悪くなる一方だった。が、たった1回だけの懸垂を何度も何度も繰り返し、どうにか100回に到達するまで、彼はその場を離れさせてくれなかった。

どれだけ時間を費やしただろう、すでに両腕の感覚もなくなっていた。だが、自分でも100回というハードルを越えられるということを知った。彼が教えてくれたのだ。

つまり、自分の限界を超える唯一の手段はこれなのだ。そう私は教えられた気がした。自分が勝手に決めつけている限界の先へと、ネイビーシールズの男は私を連れ出してくれたのだ。

自らの強い意思さえあれば、限界を突き抜けるパワーが予備タンクには残されている。これまでの私は、そのことに気付かないフリをしたり、使い方が分からないだけだったのだ。これは、私にとって大きな教訓となった。

潜在能力を引き出す意志
“40%の壁”を突き破れ!

kjqhrqnwkrnq_211803997

もうひとつ特殊部隊の青年から教わったことがある。「もう限界だ…」と心の声が聞こえた時は、まだ潜在能力のわずか"40%"しか出せていないということ。多くの人がここで諦めるはずだ。しかし、"この40%からが勝負!"。それが彼のモットーだった。

このルールを自分のものにすることは容易なことではない。だが、そこに気づいてチャレンジしていくことは、毎日の生活の中で、不快なことを快適に変えていくための手段でもある、そう彼は教えてくれた。

たとえばマラソンを例に考えてみよう。ほとんどの人が25〜30kmすぎに壁を迎える。アメリカのマラソンランナーの実に99%がこの壁に突き当たり、乗り越えることができずにそこでリタイアしていく人々も多い。では、残りの50%、60%の潜在能力をどこから引き出してくればいいのか?

「ここまで良くやった」「もう頑張らなくていい」脳がそう語りかけてくるだろう。でも、あなたの意志はどうだろう?「フィニッシュラインはまだ先だ!」とちゃんと理解できているに違いない。

誰もがこの意志を潜在的にもっている。これは、年に1回参加するかしないかのマラソンを例えた話ではない。私たちの日常生活の中で、40%の壁をどう打ち破っていくか?その努力が必要だということだ。

Licensed material used with permission by Big Think

Mark Divine氏はアメリカの特殊部隊ネイビーシールズに20年間在籍していた元隊員です。格闘技を30年間、ヨガを15年間、それぞれトレーニングを積ん...
米海軍特殊部隊、ネイビーシールズの元司令官Mark Divine氏が、1日を充実させるために毎朝実践している6つのことを明らかにしています。実はこれ、イラ...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
30代後半〜40代前半の男性を「40男」と定義付け、「彼らはある問題を抱えている」と語るのは男性学の第一人者、田中俊之さん。ここでは田中さんの著書『〈40...
弱冠9歳のアスリート少女、ミラ・スターが成し遂げた偉業に注目が集まっています。アメリカ海軍の特殊部隊「ネイビーシールズ」がプロデュースする24時間耐久のエ...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
家族もいないし、周りは既婚者ばかり。休日はいつもひとりで、どうすればいいものか──。こういった悩みを抱えている中年の男性が多いと語るのは、男性学の第一人者...
「40男には、現実を直視できていない人が多い」と明言するのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、世...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
せまい考え方に捉われず、柔軟な発想でものごとを見極める。どんな問題が起きても動じることなく、それを受け入れる心のゆとりがある。人生の4回の表のはじまりを孔...
厳しい訓練で知られるアメリカ海軍特殊部隊「ネイビー・シールズ」。Mark Divine氏は20年間在籍した経歴があり、さらに格闘技歴は30年を数え、ヨガを...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
ゲームにルールが存在するのは、プレーヤーを縛るためではなく、ゲームに緊張感のある面白さを与えるためである。じゃんけんでも、サッカーでも、もちろんドラクエで...
僕はこれまで、4,000人以上の人たちのビジネスコーチング、メンタルトレーニング、キャリアデザインのカウンセリング、英会話や資格試験などの学習トレーニング...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
あなたの周りにもきっといる「自分を持つ女性」。とはいえ、具体的にどの行動がそうした印象につながるかは、よくわからないのでは?そこで、それらを言語化してまと...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
一般論で「人生の働き盛り」とは、仕事もできて体力もある30代。では、ビジネスにおいてこの“盛り”を過ぎると……あとは坂を転がるようにポテンシャルが低下して...