キツネ100匹放し飼い!「宮城蔵王キツネ村」で癒されたい・・・

「100匹以上のキツネがアナタをお出迎え!」 そんなキャッチコピーの宮城蔵王キツネ村を、あなたは知っていますか?

大自然の中に放し飼いにされているのは、おなじみのキタキツネはもちろん、銀ギツネや青ギツネ、プラチナギツネなどを含む計6種類。なかなか見る機会のない彼らですが、改めて顔を眺めるとその可愛さに癒されちゃう!

抱っこもOK!
キツネと触れ合える“穴場”

スクリーンショット 2015-12-27 15.48.01

キツネは夜行性の動物なので、昼間は基本的に眠たそう…。でも、その表情がかえってキュートなんです♪

スクリーンショット 2015-12-27 15.48.25スクリーンショット 2015-12-27 15.48.14一度こちらに顔を向けるけれど、エサを持っていないと悟るとそっぽを向くのだとか(笑)。そんなマイペースさも◎

スクリーンショット 2015-12-27 15.48.38

もふもふ、ふわふわ!やっぱり雪が似合います。

スクリーンショット 2015-12-27 15.48.46

それにしても、こんなに間近で眺めるチャンスってなかなかないですよね。しかも、園内では抱っこだって可能!「後ろからついてくる」「衣服を引っ張る」といった知られざる生体だって観察できる模様です。

他にもウサギやヤギ、フェレットなどの動物と触れ合える、宮城蔵王キツネ村。年中無休で営業中のようなので、冬休みに近くに行く人はぜひ立ち寄ってみては?

【概要】
宮城蔵王キツネ村
・住所:宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3
・営業時間:9:00〜17:00 ※2017年3月19日までは16:00閉園。年中無休
・入場料金:中学生以上1,000円、小学生以下無料

Licensed material used with permission by ryoflat1983koishidawhitebluecat

表情豊かな人って、一緒にいて楽しいし魅力的。それってキツネにもあてはまるようですよ。Juniperちゃんのインスタグラムアカウント、フォロワーは68万7,...
キツネのAylaは、毛皮農場に生まれました。生まれたときから、毛皮になることが決まっていた彼女は、いずれは人間のコートの一部になる運命だったそうです。しか...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
最初は警戒して威嚇をされまくり、近づくことも許してくれなかったキツネのFreyaが、撮影の回数を重ねていくたびに少しずつ心を開いてくれるようになる。その様...
欧米では、昔から「赤毛」がネガティブのイメージで捉われていました。たとえばキリスト教ではイエスを裏切ったユダは赤毛ということにされていたり、童話などにおい...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
業務用冷蔵庫より、はるかに寒い世界。ロシア連邦東部サハ共和国の首都ヤクーツクは、世界でもっとも寒い大都市だと言われてます。さらに内陸に位置するオイミャコン...
遠目から見ると、全体のビビットなカラフルさが、子どもの頃よく遊んだ「レゴブロック」を連想させます。おもちゃの世界のようなこの場所は、インドネシアのカンプン...
スコットランドの美しい自然に囲まれて、爽やかな風を感じながら過ごす休日…なんて、考えるだけでうっとりしてしまいそうです。そんなロケーションを、自分のモノに...
最近、「モモンガが地球上で一番キュートな動物だ!」と海外で話題になっている模様。でも、そう言われたところで、普段は写真ですらお目にかかることが少ないですよ...
まるでファンタジーの世界に迷い込んだような世界観!でもこの雰囲気、日本で楽しめちゃうんです。ここは"世界一美しい村"と呼ばれているイギリスのコッツウォルズ...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...
9千人近くの死者を出したネパール大地震から半年以上が過ぎた。けれど、復興はなかなか進まず、被災した人たちは苦しい生活を強いられている。そんな現状を多くの人...
FacebookやTwitterで表示されたリンクをクリックして、ここにたどり着いた人は多いかもしれません。いまや私たちの生活に欠かすことのできなくなった...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...