簡単なのに主役! 豚こま肉で作る「焼豚」

持ち寄りパーティでどんな料理を持っていきますか? みんなに喜んでもらうなら、人気料理を持っていきたいですよね。

肉料理の中でも人気の焼豚。実は、豚こま切れ肉を使って簡単に作れるんです。

豚こま焼豚の作り方

【材料:作りやすい分量】
豚こま切れ肉:300g
A醤油:大さじ1と1/2
A砂糖:大さじ1
Aチューブにんにく:小さじ1/2
Aこしょう:小さじ1/4

【作り方】
①ポリ袋に豚こま切れ肉、Aを入れてもみ込む。

Medium 358774feb153ed6ae1323bd32671b94edf33906c

二重にしたラップの上に①を直径9cm程度の棒状に成形してのせて包む。

Medium e38c33c62703a3f1bc6e47805471d7672d0c20e1

③お湯を沸かし、弱火にして②を入れて8分茹でたら、蓋をして火を止めて冷めるまで放置する。

Medium 59617f8c73e811f4e97e40fbba02b3d855250bcdMedium 96b90be0900621eddd087e01ce67506a04355176

④フライパンを中火で熱し、表面をこんがりと焼く。

Medium b195b0c70e3f7c7957f20ff999c05fa6f639c198

⑤食べやすい大きさに切り分ける。

Medium c39eb3222df4a965dc63df45b0f2b2d2a229d7aa

※切りにくい場合は、ラップで包んで1時間ほどおいてから切り分けてください。

Medium 1c658057c8412dfd44d9e7769fd09607103c4169

しっかりとラップで包んで形を整えるのがコツ。きちんと成型することで、見た目も味も、かたまり肉の焼豚そっくりに仕上がります。豚こま切れ肉を何重にも重ねることで、食感はふんわりやわらか。全体に味が染み込んだお肉はとってもジューシーで、肉独特のパサパサ感は少しもありません。サンドイッチに挟んだり、角切りしてミニトマトと一緒にピックで刺し、ピンチョスにしてもおしゃれです。

見た目も豪華な焼豚は、持ち寄りパーティーでテーブルに華を添えてくれます。ふつうに作ったら手間のかかってしまう焼豚でも、このレシピなら簡単です。ぜひ試してみてください。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

がっつりお肉を食べたいけど、なかなかステーキ肉は手が出ない……。とくに給料日前となるとつい我慢してしまいますよね。でも、値段が手頃な「豚バラ肉」をうまく使...
冷たい風にさらされて冷え切った体をいやすのに欠かせないのが、ぬくもりと滋養。その2つを同時に満たしてくれるものといえば…日本人のソウルフード「豚汁」でしょ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
ダイエット中だから高脂肪の食事は避けたい。そんなとき、高野豆腐が強い味方になってくれることを知っていましたか? 噛み応えのある独特の食感を上手く利用して、...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
冷蔵庫を開けた時に、グリーンピースしかない……。でもお腹を満たしたいし、おいしい料理が食べたい!ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
卵焼きのために作られた、日本ならではの調理器具「卵焼き器」。じつはいろいろな料理に使える万能器具なんです。いつもはオーブンや専用の鉄板で作っていた料理も、...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
お米が旬をむかえ、全国から新米の便りが届きはじめました。ほかほか炊きたてごはんの美味しさは、わざわざ書くまでもなく。そこで、ここでは「五平餅」にすることで...
夏になるとコンビニから姿を決してしまう「肉まん」ですが、ときどき無性に食べたくなりませんか?自分でつくるとなると一見むずかしそうですが、じつは簡単。材料も...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
冷蔵庫を開けた時に、新ジャガしかない……。ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズにお応えします。★しかない料理のルール①野菜は新ジャガの...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...