世界最古の技法で作るガラスの茶碗「パート・ド・ヴェール」が美しい・・・

光があたって透き通る、不思議な色模様入りの茶碗。なんでも、とてつもなく歴史のあるガラス技術が使われていて、耐熱素材を使っていないのに熱湯を注いでも大丈夫なのだそう。

メソポタミア時代に生まれた、
「幻のガラス」が魅力的!

1f1c29db6774b5d9842589745b06739f60c705ff76990c57a13b419afae0fecc67a49d8d5dfcc5827102f01cb2d1b6ce92d4ce17839f3ec81a2178f4

画像は、東京都墨田区の「茶道具専門店 (有)菊池商店」で働く茶人・菊池憲之氏がツイートして話題になったもの。パート・ド・ヴェールは、フランス語で「ガラスの練り粉」を意味しており、その起源は古代メソポタミア時代まで遡るとか。

つくる際の行程が多く、時間と手間がかかることから、次第に廃れ伝承が途絶えてしまったことが何度となくあったそう。数十年前までは「幻の硝子」とも呼ばれていました。見とれてしまいますね。

菊池さんは、そのほかにも茶道文化に関することや、伝統的な茶器や容器を紹介しています。魅力的な器の世界をぜひ!

江戸切子や薩摩焼など、
そのほかの茶器も必見。

その他のツイートはコチラから。菊池さんによると、いまのところパート・ド・ヴェールの茶道具は、「茶入」のみ少数販売をされているそうです。

気に入った人は、茶道具専門店 (有)菊池商店」へ問い合わせてみてくださいね。

Licensed material used with permission by 茶道具専門店 (有)菊池商店
〈STAUB(ストウブ)〉の「ルチャワン」はオススメです。和洋折衷なたたずまいは、どんな器や皿ともマッチ。ありそうでなかなかない、モダンなお茶碗だと思うんです。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
1873年にイギリスで創設された由緒正しきケネルクラブ「The Kennel Club」。世界最古の愛犬団体として知られている。犬種管理やドッグショーの運...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に器といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷います。...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
この「江戸ガラス」は、ゼロからモノを生み出すことが好きな、山田孝之と山口友敬がプロデュースするブランド「FORIEDGE(フォリエッジ)」の第1弾。工場探...
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...