こんな幼稚園に通わせたい!日本の素敵な5つの幼稚園をまとめました。

元気に走り回り、すくすくと育つ子どもたちの姿が、その地域にとって、あたたかい希望の光となるような場所。それが、幼稚園のあるべき姿ではないだろうか。子どものための施設をつくるスペシャリスト『HIBINOSEKKEI+Youji no Shiro』が監修を行う園舎の数々は、子どもたちはもちろん、その家族や働く職員たちにとっても居心地の良い空間である。それぞれの街に溶け込むようにデザインされているため、地域住民の目まで、しっかり行き届く。子どもたちにとって、世界のはじまりとも言える魅力的な園舎をご紹介する。

01.
地域に見守られながら子どもが育つ、都市型の保育園。
『アソシエ柿の木坂保育園』(東京都)

Medium 4422981aa8e9cab34dbf0b15eba9a3c3a4f6a25eMedium 1e802c1640e1ae3dd7b3e33a08f50ced71a3d056Medium 1ff60d6ef576eb87ae6d31b04cf253875102ac8b

東京都・目黒区にある『アソシエ柿の木坂保育園』。都内の静かな住宅街、緑道に面して建つ保育園。ダイニングのサッシをすべて開放すると、庭へとつながり、近隣の住民も利用することが出来る。敷地内にもともとあった高木は残し、高低差を活かしてブランコをぶら下げたり、また、隠れんぼに使いたくなるような小屋を設けた。地域に向かって積極的に開かれているので、子どもたちは、行き交う人々に見守られながら、思い切り飛び回ることが出来る。室内には、緑道側に、ベンチウィンドウを設け、通りを行く人々と子どもたちとの間に、コミュニケーションが生まれる仕掛けを用意した。子どもたちは、成長と共に、地域への愛着を深めていく。 

02.
人と人、人と自然。園舎を介して連なり、つながる。
『しらとり保育園』(埼玉県)

Medium ed852167e8d9e87cfa12540ba3363b570e4ef8c9Medium 2957d2251658999925bbe6ea0c5aaeb2007f538eMedium f6e69ed70b7c11c34a9f7476b24b275ca4432573

多くの川に恵まれ、水郷と呼ばれる埼玉県・越谷市の『しらとり保育園』。土地の特性を活かし、水辺のボート小屋をイメージした、片流れ屋根の木造平屋が連なる園舎である。中央の屋根の重なりの下にダイニングルームがあり、そこから乳児ゾーン、幼児ゾーンへとつながっていく。エントランスの近くには、小さな川辺の食堂をイメージした空間が設けられ、保護者と保育園、地域と保育園がつながる場所となっている。天井の高い部分では、木の梁の連なりをあえて見せることで、空間に変化をもたらした。また、床の段差を多用し、川べりの起伏ある地形を演出した。園舎を通じて、人と人、人と自然がさまざまに連なり、つながる空間である。

03.
子どもたちの笑い声とデザインが一体となった、ダイナミックな空間。
『フクマスベース』(千葉県)

Medium 3a215a3818c230e9e1a41e880e49a0b1dd0dbdeaMedium 4054f5cbf6955d5f8a1a83f6a000ca5089e24e8dMedium 5c088aa588625bafeb0cf9f2cf25a70b2a54c26e
Licensed material used with permission by 設計監理/吉村靖孝建築設計事務所

千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートしたのは、『HIBINOSEKKEI+Youji no Shiro』、設計監理は『吉村靖孝建築設計事務所』。外から見ると、真っ白い巨大なテント、といった風貌。中に入れば、その天井の高さを生かした、のびのびとした空間が広がる。外観からはなかなか想像つかないが、大型テントのなかには、木造2階建ての園舎が入れ子状に建てられている。メインエントランスから中へ入り、建物中央に位置する広場へ向かうと、高さ8メートルに及ぶ吹き抜け空間が現れる。うすい木造の壁がひと筆書きのように連なり、内部空間はゆるやかに仕切られる。子どもたちがこの中で、自由に遊ぶのが目に浮かぶようだ。遠方から時間をかけて送迎する家庭が多いことを考え、子どもを送った後、すぐに自宅に戻らなくてもいいように、親子が一緒に過ごせるための子育て支援室も用意されている。

04.
輸送コンテナをつないで、新しい可能性を生み出した。
『小倉あさひ幼稚園』(埼玉県)

Medium 3d116a887f446f99575ecd57e91996738b295adaMedium e587aa4f5569d4a38e9f7edb146e740bb949a707Medium d447d72c9f347218ee9ac3fa27d426b7fbdb90f4

埼玉県八潮市にある『小倉あさひ幼稚園』は、50周年という節目に、船舶コンテナを使って園舎を新しく建て替えた。外側はコンテナそのものだが、室内は温かみが感じられる木質園舎。対比をあえてハッキリさせたのには、子どもたちに、限りある資源を大切に使うことを伝えたいという想いから。実際に、既存のモノや構造を活かすことで施工期間を大幅に短縮させ、省エネやCO2の削減にもつながっている。また、耐震もしっかりと強化されている。この建築は、そんな環境や持続性への配慮を、園児たちにも気づいてもらえるように、分かりやすくつくられたもの。保育室や職員室を外に向けて開くように設計したことも、中の様子が通りがかりの人に分かりやすく、より人が集まりやすい場所を意図してとのこと。子どもたちの創造性と未来拓くデザイン部門で第10回キッズデザイン賞を受賞した。

05.
空間の自由度を突き詰めた、可変性の高い園舎。
『認定こども園 第一幼稚園』(熊本)

Medium da7db6a385174fb92bcf37708d61c5dda86a33edMedium a5c8820c387d7c0cd92e24fd5487e26f3aa1b831Medium 6972c38e3e2c6daf8b6d56533a3a6f98cc6f34b2

世界が注目する幼稚園は、自然と一体化する幼稚園だった。熊本県の『認定こども園 第一幼稚園』の中庭には、開閉式の屋根がついていて、雨が降った後に水たまりができるよう設計されている。子どもたちは、服や靴が濡れることを気にせず、裸足で遊ぶことが出来る。冬場は、水面に氷が張ることによってスケートリンクとしても利用可能だとか。雪の日には、園舎の中にいながら目の前に雪が降ってくる感覚も体験できる。このように、天候によって遊び方が変わる面白い設計である。さらに、中庭には厨房が隣接しており、ランチルームとしても使用可能。オープンキッチンなので子どもたちは、料理をつくる様子を見ることができる。屋根や仕切りを極力設けないことで、外と中の空間の境界を曖昧にしている。仕切りのない空間が子供たちの自由を育てている。

どれもが、頑丈で、優しくて、地球環境への思いやりが感じられる幼稚園。そこでスクスク育った子どもたちがどんな大人に成長していくのか。未来が楽しみになる。

Licensed material used with permission by HIBINOSEKKEI + Youji no Siro
埼玉県八潮市にある「小倉あさひ幼稚園」は、50周年という節目に園舎を新しく建て替えることにしました。そこに使われたのは、なんと船舶コンテナ。子どもたちの創...
東京にある「ふじようちえん」や熊本の「認定こども園 第一幼稚園」などなど。近年、学びの場がどうあるべきかを考えさせられる斬新な建築が増えていますよね。ここ...
近年、日本でも話題となりつつある「プリスクール」。幼稚園や小学校に入る前の学習として、集団保育をする施設で、英語学習や音楽、アート、身体を動かすリトミック...
世界が注目する幼稚園が日本にあることを、ご存知でしょうか。ここで紹介するのは、熊本にある「認定こども園 第一幼稚園」。この幼稚園の設計を手がけたのは、「H...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
アメリカ、シアトルにある介護施設は、少し変わった特徴を持っています。施設の中に、幼稚園が併設されているのです!これは高齢者と子どもたちが、もっと触れ合う機...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
■Twerk Dance(トゥワークダンス)とはアメリカで今大流行しているtwerk(トゥワーク)ダンスをご存知だろうか。足を大きく広げ腰を低く落とし、音...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
幼稚園以来、じつに30年ぶりの再会を果たしたカップルが、アメリカ全土で話題となっています。ただの再会では誰も騒ぎませんよね。じつは彼ら、マッチングサービス...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
「家を建てる」というのは、多くの人にとって一生に1度の大切なイベント。家族全員が納得できる家を建てるためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょう。...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
地上828mの世界一高いビルを建て、人工島をまるごと所有して家を建てることもできる国、ドバイ。次にどんな建築物が登場しても、ちょっとやそっとのことでは、も...