1週間分のゴミを撮っていたカメラマンが、今度は「子どもの朝食」を撮り始めた理由

「1週間分のゴミを撮っている写真家がいるんだよ」と言われてもにわかには信じがたいですが、フォトグラファーのGregg Segalは、文字通り、人々の1週間分のゴミを撮影するプロジェクトを運営。

「私たちが消費するもの、そして捨てるものは、私たちの健康と地球の健康のストーリーを語っているのです」というGreggは、2014年に家族や友人知人たちに「1週間で出たゴミをとっておいてほしい」と頼みました。

そして、そのゴミと一緒に並んで寝てもらい、写真を撮ったのです。 

こんなにたくさん
ゴミを出していたんだ!

Medium 3e6b346f3b9b6b21de4f15589dc1d9bcb4e23d38

1週間で出るそのゴミの量にびっくり。Greggによると、この写真撮影に参加した人たちは、これを機に自分たちの出すゴミの量を自覚するようになり、ゴミを減らすような心がけをするようになったそうです。

この「7 Days of Garbage」という一連の写真は、大きな反響を呼び世界中のメディアで取り上げられたのです。

Medium 816948cfd247d36e3e776003c78a165b802f60afMedium 138dc54103134fe377707014025445d48df2bbd2Medium 8b089ea96e8ea058d293d14a887ff15a5d65d255Medium 7ffb7ae9aae42e74465550395956e4b54bdd9bfeMedium 6ddd50fecc85a9369a3f4d580dfb9c57c82ed0ad

そしていま
「子どもの朝食」を撮る

消費の問題について常に考えているGreggは、ゴミの写真を撮る中で、食べ物のことについてもより深く考えるようになりました。体に良い食べ物、悪い食べ物の話はよく話題にのぼるようになりましたが、実際に人々の食事はどれだけ変化したのだろう、と。

そこで今度は、1週間で食べたものを全て記録しておいてほしい、と子どもと両親にお願いしました。記録が終わると、1週間のご飯を再現し、テーブルの上に並べて子供と一緒に撮影したのです。「Daily Bread」プロジェクトのスタートです。

Greggは、世界の食事を撮影して、「食事のスペクトラム」を作ることを目標にしているそうです。ヒマラヤの山脈に住んでいる子どもとウィスコンシン州の郊外に住んでいる子どもの食事は、いったいどんな風に違うのか、と。

Medium 7b38ec6681ec512d1b38a7d4a1ca0a4200de0509Medium e207fd7e619c5f39b47110ea3591e6f77bcbde1dMedium 8fef5c625d8e22b16e4863eb8a4d390f6c439418

彼は現在、Kickstarterにて「7 Days of Garbage」と「Daily Bread」を国外でも撮るための資金を募集しています。

Licensed material used with permission by Gregg Segal Photography
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
今年もハロウィンナイトを楽しむ東京・渋谷駅付近は、まるで年末のカウントダウンのような酔狂ぶり。そして、日付が変わった2015年11月1日(日)朝、宴のあと...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
「ナポリを見て死ね」とまで言われるほどの、美しい街並みが・・・イタリア南部にあるナポリ。その美しい景観から、「vedi Napoli e poi muor...
伊藤 徹也/Tetsuya Itoプロカメラマン。1968 年生まれ。日本大学藝術学部写真学科卒業。旅、ポートレート、ランドスケープ、建築、インテリアを中...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
旅の七つ道具にカメラは絶対。もう、撮りまくった方が断然いい。こんな研究結果が南カリフォルニア大学の調査結果で判明しました。どこでもパシャパシャ写真を山のよ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
ニューヨーク州立大学で「環境問題」について学んだローレン・シンガーさん。 在学中「エコとは何か」を授業で学びながらも、周りの学生たちが何のためらいもなく...
犬を飼っている人のカメラロールは、たいていワンちゃん達の可愛い姿でいっぱい。心を許したあなたにだから見せる表情があるはずです。では、彼らからみた飼い主の表...
猫マニアの間でチェック必須なのが、沖 昌之さんのInstagramアカウント(okirakuoki)。下町に暮らす猫を独自の視点で撮影し、ほぼ毎日アップし...
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
 19歳のカメラマン、アルデリコ・グランジャーはこの夏の間じゅう、夜になると眠らずにハワイ島を駆け回って星空を撮影。彼の情熱の前では、銀河を撮影するために...
環境保護の意識が高いヨーロッパの国々。その中でも、約100年前から環境系NGOが設立されるなど、環境先進国と言える北欧スウェーデンでは、驚くべきことに、...
「朝食を抜くと太りやすくなる」というのはダイエットハウツーでもよく聞く話ですが、mental_flossにオドロキの記事が掲載されていました。アメリカの中...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア自分をかわいく見せたい、というのは多くの女性が思うこと。 インスタでの自撮...