「狭い空間」での飼育を禁ずる。住民投票で77%が支持

20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたらしたものは、環境破壊やゴミ問題だけにとどまりません。

たとえばこの問題。マサチューセッツ州の決断は、今後アメリカのみならず世界の食産業にとって、ターイングポイントになるかもしれない。

 

「狭い空間」での飼育を禁ずる
住民投票で77%が支持

Medium ff90157bd92acae86e3e2115379eb425e34aee1b

2016年11月8日、大統領選挙の投票が行われたこの日、マサチューセッツ州の会場では、他にも重要な法案がいくつか住民投票されていた。そのひとつが、畜産農家が豚や牛、鶏、羊などの家畜を、狭い空間で飼育することを禁じた法案、「Question3」。

ニューヨーク・タイムズによれば、投票数約320万のうち、77.7%にあたる2,502,676人が賛成を示し、法案が可決。これにより、マサチューセッツ州はアメリカで初めて家畜の飼育方法を厳しく見直す覚悟を他の州に示したことになります。

自由に家畜が動き回れないのは、
「動物虐待」に等しい

Medium a742856281286ff922397c58c5cfc889fe59a6c6

ところで、今回の法案の焦点となった“狭い空間”とは、どの程度のスペースを意味するのか。ワシントン・ポストは、動物たちが横たわることも立ち上がることもできず、手足(もしくは羽)を自由に伸ばせる空間がない施設。

具体的には、卵を産ませるだけの鶏のケージや、繁殖目的で雌豚や子牛を身動きの取れない檻に閉じ込めること、と大きく分けて3つの施設の使用を禁ずる内容となりました。

この法案に違反した畜産農家は、生産販売の権利が停止される処分を受けることに。また、州外の畜産農家に対しても、今後、残忍な方法で飼育された肉や卵などの生産物を仕入れることも同様に禁止するとのこと。

勝利は家畜たちの生活が、
改善されていくことにあり

アメリカでは毎年、魚類も含めると、おおよそ90億の生き物を食用として処理しているそうです(米国人同協会調べ)が、連邦政府がこうした家畜たちへの哀れみや、生きる権利を尊重するようになったのも、この十年程度。

実際、今回の法案可決によって、加工肉や卵、乳製品の価格高騰が予想されるという見方もあります。それでも、この選択を支持したマサチューセッツ市民に対し、アメリカ動物虐待防止協会のMatt Bershadker会長が寄せた賞賛のコメントが印象的だったので、最後に紹介したいと思います。

「今回の投票は、われわれ人間ではなく、生きる権利を認められた動物たちの生活が改善されていくことこそが、本当の勝利です。今まで以上に、彼らの苦しみを私たちが感じてあげる必要があるはずです」。

「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
ウール製品を買うたびに、起こる惨状寒くなってきたこの季節。欲しくなるのはウールのセーターやマフラーだろう。最近は安くて、高品質なものも多い。しかしほとんど...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
地球環境を考える上で、人間の食は欠かせない要素だ。たとえば、肉食は菜食に比べ、環境への負荷がかなり高いというのは、よく知られている通り。それをなんとかする...
世界自然保護基金とロンドン動物学会による分析で、世界の野生生物の数の52%が過去40年間で消滅したことがわかったそうだ。その破壊の大部分は人間の「消費」に...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
1分の動画に収められた動物たちの悲しい未来 環境破壊が進んだ地球。動物たちは虚空を見つめてこう思った。「もう、自分たちの生きる世界はない」Quercusと...
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...
これは子供も見ることができる、安全な動画だ。暴力も、性的描写もない。しかし、その意味は決して楽観視できるものではない。「Greenpeace Austra...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
いま、アメリカでは、毎週月曜日は肉食を控える「MEATLESS MONDAY」という取り組みに注目が集まっています。この活動を広める「THE HUMANE...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
「河」をテーマにした動物園がシンガポールに登場!新しい観光名所「リバーサファリ」は、アジア初の「河」をテーマとした動物園。淡水生物専門の動物園としては、世...