「ニッポンの秘境・船浮」は、都市生活に疲れた人に訪れて欲しい

旅に非日常の癒やしを求める人は多いはず。行先は温泉宿かもしれないし、リゾートホテルかも。でも、都市生活と対極にある世界に身を置きたいと思うなら、沖縄県の西表島にある「船浮」はどうでしょう?

石垣島からフェリーで西表島へ。
さらに、そこから船に乗って…まさに秘境です。

船浮(ふなうき)は、西表島の西部にある小さな集落です。暮らしているのは約50人、民宿が3つ、食堂が2つあります。ただし、この集落が唯一無二の存在である理由は、サイズではありません。

この集落は陸路で訪れることができないのです!

船浮へ行くには、石垣島からフェリーか高速船で西表島の上原港へ。そこから車で白浜港へ移動し、さらに船に乗ることになります。集落の周囲が険しい自然であるため、海から入るしかないんですね。石垣島ですら、本土から見れば遠く感じるのに、その先にはいったい何が!?

簡単には行くことのできない船浮ですが、旅好き(とくに離島ファン!)の間では、密かな人気スポットなんです。

観るべき自然は、いくらでも!!

小さな集落で何もない、というのは大きな間違いです。

船浮は、本当に、本当に、手付かずの自然がたくさんあります。

グラスボートに乗る、あるいはシュノーケリングをすれば船浮湾内には、世界で最も多様性があると言われる美しいサンゴ礁と800種もの魚たちが!

ボートで川をのぼれば、周囲はマングローブの森。まるでジャングルのような風景に加えて、「水落の滝」なる景勝地も。

また、イダの浜という美しいビーチもあります。もちろん、人はほとんどいないため、広大なプライベートビーチ状態!

旅人たちは、この豊かな自然を求めて、船浮にやってくるんですね。その写真をちょっとだけ。

C52dd35a6bafcf25c913d67c1e7b9dfab9d9da3f760d48d1e012b472107c192e3e16d4ad9ace7238F589bec9235b15ab9ef170ebe6134b9dbb95873b3cb102915e3ab0e2f8912879753e8e35e91181fe4ad97509c5666e148456ab395e7d9d5cb9ac70c94391946b99085e9422ec197ab225b1f526e1a6ea

もうひとつの魅力、それは静寂。

海や森といった自然以外に、もうひとつ船浮を語る上で欠かせない魅力があります。

それは静かであることです。

2f3092758b4975ab3400c4ba5f12fcc8b0963625

宿でゆったりと過ごす時間も、集落内をブラブラと散策する時間も、常に心地よい静寂だけがそこにはあります。

なんせ生活者は50人程度。集落には自動車もありません。そこで聞こえてくる音は、波の音や鳥の鳴き声など、自然のサウンドのみ!

温泉宿やリゾートホテルでのんびりと過ごすのとは、まったく違う“のんびり”が、ここにはあるんですね。 

513e681cc5a88622b8a052b50528030cb4eac571
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
いまある日常をすべて捨て、自由気ままな無期限の旅に出る…あこがれはあれど、簡単にできることではありません。それをスパッと決断。6歳の娘とアジア圏を暮らすよ...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
アメリカの「Elite Daily」は、恋愛に関することがリスト形式の記事が有名ですが、時々そのフォーマットからまったく逸脱したユニークな記事も。例えば、...
旅については様々な学術的な研究も重ねてきたという、旅研究家のKathleen Peddicord氏。彼は30年以上に渡り60ヵ国以上を旅してきた、旅のエキ...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...