ハチのいない食卓はこんなに粗末なものになる

一日30品目──、バランスのいい食事をとることで日々の健康づくりに役立てる。それは、バラエティに富んだ食材があって初めて成立するロジック。もし世の中の食材が、今よりもっともっと制限されたとしたら…。

こんな仮説が現実となるのかいなか、その境界線に「ハチ」の存在があります。減少を続ける世界のハチに、あるホテルが立ち向かう。まずは、「もしも」の世界を直感的に味わっていきましょう。

色のない食事は味気ない。
もしも、ホテルの食事がこんなだったら…

Ed8294d7e4fdc8b157d251767ca9caae120bc94b

トーストの上から消えるマーガリン、グラノーラはずいぶんとボリュームダウンしたばかりか、ベリー類やアーモンドが姿を消しました。飲みものに関してはどちらも空。

Bb05d48de60f8378102a6480b37caad02f9ee174037d3d3529855acb2404a2718c85f5764eb9b880

同様にランチも、ディナーも、デザートも。じつはこれ、「ハチが世界からいなくなってしまった場合の食卓」を比較するためにつくられたもの。

ほんの一例ですが、世界で栽培されているブルーベリーのほとんどが、マルハナバチとミツバチによる受粉で成長するそう。オレンジも、ひまわり油も、コーヒー(一部は自家受粉もホテルで提供するものとなると)も、食料品がどれほどハチに依存しているかが分かります。

しかも、ハチがいなければ食べものの味さえ粗末になるんだとか。もちろん、こうした生産物が完全に消えて無くなるわけではないでしょう。だとしても、まず間違いなく価格は高騰、入手困難に。

世界から消失するミツバチに
企業努力で立ち向かうホテルがある

2006年ごろより報告され始めたという、ミツバチたちの原因不明の大量疾走、蜂群崩壊症候群(CCD)は現在にいたるまで、世界各地で報告され、その原因も一部を除いては特定されないまま。

このまま世界からハチがいなくなってしまったら、私たちの日常にどんな影響が出るのか?それをホテルで提供される食事でもって表現したのが、アメリカ、カナダを中心に世界展開するフェアモントホテル&リゾート(以下フェアモント)です。同ホテルはCSR(企業の社会的責任)がビジネススローガンとなるずっと前(約25年前)から、環境問題への取り組みにフォーカスしてきた企業なんだとか。

お客様はハチです。
一流ホテルの環境に対するホスピタリティ

49704584b63a39fce5eea4bf029e6c2c78a5766a

過去数年間、個体数の減少を止められないままのハチに対し、いかに持続可能な方法で群生コロニー再建のためのアクションを起こせるかにある。フェアモントはそこに着目しました。

こうして2014年に建設を始めたのが、ハチのためのホテル「Bee Hotel(ビーホテル)」。ハチだって大切なお客様?ということなのでしょう、ホテルの屋上に巣箱を設置すると同時に、屋上庭園を増築、現在までに世界40カ国以上のホテルでビーホテルを“運営”を始めました。多くのハチがもたらすローカルハニーの採取という副産物まで手に入れることができたそうですよ。

8c3329de7386669f390fc19ea54328e448171266

ボストンの「Fairmont Copley Plaza」の屋上ハーブガーデン脇に設置された3つのビーホテル。中にはおよそ13万匹が暮らしている。

C566029780c7d423f62e69a44cc9d436503b4736

モントリオールの中心街に建つ「Fairmont The Queen Elizabeth」。こちらは隣接するシェフご自慢のオーガニックガーデンだけでなく、市内の庭園の受粉にも、ミツバチたちが一役買っている。

ハチの危機にホテルが立ち上がる。直接的な関係がなくても社会の問題に企業が動く典型的な例。現在、フェアモントは世界各地の団体と協力、パートナーシップを結び、さらなる保護活動に尽力していことを強調します。

以下の動画は、同ホテルのホスピタリティが、人間だけでなくハチにも傾けられていることが分かる内容に、ちょっと口角が上がってしまいました。

Licensed material used with permission by Fairmont
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもし...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
ある日突然、養蜂業者で飼っていたミツバチが消滅するという奇妙な事件が頻発している。多いときでは巣箱の90%にも及ぶ大量の蜂が、突如として姿を消す・・・。巣...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
ペルセウス座流星群は、比較的観測しやすい流星群としても知られており、しぶんぎ座流星群(1月)や、ふたご座流星群(2月)と並ぶ「三大流星群」の一つ。8月13...
冬の夜空っていいですよね。お正月に実家へ帰ったとき「あれ、こんなに星きれいだったっけ?」なんて思うことがよくあります。寒いからもう部屋に入ろうって思っても...
実は、流星群は年中どこかで流れています。しかし、残念なのは目視できる流星群は少ないということ。数ある流星群の中でも、肉眼で見られる流星群としておすすめなの...
七夕の短冊よりも、願いを叶えてくれるものの代名詞といえば流れ星。今年は、7月にもう一度お願いごとをするチャンスが残されているんですよ。7月28日にピークを...
三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群。条件が良ければ、最大で40個以上見えることもあるそうです。一番の見頃は、8月12日の夜半頃から13日の明け方...
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...
冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
2016年4月22日は「こと座流星群」がピークを迎える日。しかもこの日は満月です。この機会に、ちょっとだけでも夜空を見上げてみては?「国立天文台」によれば...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...
この頃は、頬にあたる風も冷たくなり、一段と寒くなってきました。気温が下がり、大気の水蒸気の量が少なくなると、空気が澄んで、遠くの景色や、夜空の星が見えやす...
10月中旬から11月末にかけてはおうし座流星群の観測チャンス。ゆっくりと流れる星が多く、比較的明るい流星(火球)が観測されることで知られています。2015...
蜂が出てくる夢には、一体どんなメッセージが込められているのでしょう。蜂といっても、蜂そのものが出てくるパターンと、蜂の巣、さらに蜂蜜(ハチミツ)が出てくる...
みずがめ座δ流星群は、流れ星の数はそれほど多くはないものの、強い光でゆっくりと尾を引く比較的見やすい流星群。今年はかなりの好条件が揃っています。一番のピー...
三大流星群の中でも、とくに流星が多く、ほぼ確実に見えると言われている「ペルセウス座流星群」。見逃せませんよね。毎年ピークを迎えるのは、8月12日〜13日あ...