7ヶ国語を理解する天才少年。「テレパシー能力」も持っている!?

7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴァン症候群にみられる類まれな能力だとされています。

そんなラムセスくんが、テレパシー能力を持つことが判明したそうです。しかも、科学的アプローチによって実証されたとか!

驚異的な記憶力を持つ天才少年

10712416_850920481614352_9149915616333620734_o

11181222_960954107277655_6400444191680306990_o

「赤ん坊の頃から、おもちゃではまったく満足しない子で、いつも本ばかり読んでいましたね。1歳になったとき、ギリシャ語やスペイン語をなんとなく理解し始めていました。1歳半でスペイン語と英語をマスターし、掛け算の九九も使い始めていたんです」

ラムセスくんの母親Nyxさんは、スペイン語、ギリシャ語までは教えたそうですが、ヘブライ語やヒンディー語は、彼自身がパソコンを使って独学で覚えてしまったと「Daily Mail」に語っています。まるで数字や記号をそのまま脳にインプットしてしまうかのように、どんどんと知識や情報を詰め込んでいく天才少年。代数や元素周期表まで、1歳半の時点で完全にインプットしていたというのだから恐れいります。

2歳にしてすでに
常用漢字をマスター

12033066_1046749762031422_2985426990883973661_n

こちらは、2歳にして漢字を学ぶラムセスくん。日本の子どもたちが小学生(6歳〜12歳)のうちに学ぶ常用漢字を、わずか3歳にしてマスター。さらにはひらがな、カタカタまで覚えてしまったそう。

pasted_image_at_2015_12_10_11_10_am_360

じつは彼、生後14ヶ月の頃から、一時日本で生活していたことがあるんだそう。母親Nyxさんが数ある言語の中から、日本語を学ばせようと想ったのも、自身4年の在日経験と、漢字、ひらがな、カタカナの3文字を使いこなす、日本人の器用さに惹かれることころがあったからだそうです。

最も長い英単語
"45文字”を瞬時に暗記!

類まれなラムセスくんの才能は、この動画でもよく分かります。たとえば、英単語で一番長い単語として知られている「pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis」。意味は塵肺症らしいのですが、それをスペルで表現すると、なんとその数45文字!これを、一度聞いただけでスラスラと指先でスペルの形を表しながら、5歳の少年は言い切ってしまいました。 すごい…。

無類の記憶力だけでなく
テレパシー能力を発揮!?

Harvard Doctor Diane Powell and Genius Ramses

ラムセスくんの驚異的な記憶力には、科学者も大注目。ハーバード大学医学部の元教授で神経科学博士のDian Powell氏(写真右)は、少年の才能に未知なる可能性を感じている科学者のひとり。曰く「自閉症の子どもとその親との間には、コミュニケーション手段のひとつとして、テレパシーが存在する」のだとか。
すでにPowell博士は、これまでに能力のある7人の自閉症の子どもたちに出会い、テレパシーによる伝達手段の兆候を確認し、研究にあたっていると「Daily Mail」は伝えています。

Powell博士は、ラムセスくんにも同様にテレパシー能力があるはずと、母親を交えた実験が行われました。ランダムに選定された5枚のトランプを母親が裏返し、彼に尋ねます。「何が見える?」一枚ずつ答えていくと…その模様はこちらから。
百発百中とまではいかないまでも、なんと3つの数字をズバリ言い当てたではりませんか。

「彼にはテレパシーを感じる力がある」とPowell氏は断言。自閉症の子どもたちのコミュニケーションの代替手段として、確かにテレパシーの存在がある。そう結論付けるのは早計かも知れませんが、徐々に、未知なる力が解明されつつあるようです。

Reference : Daily Mail
Licensed material used with permission by Genius RamsesFacebook), GoFoundMe

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
あなたの身近にも、心配性で考えすぎの人はいますよね?こちらがどれだけポジティブな言葉をかけても、まったく効果なし。時には、イライラしてしまうこともあるでし...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
自分の背丈ほどもある6弦ベース(一般的にベースは4弦)を自在に奏でる少年。大人のミュージシャンたちの中に入っても、まったく引けを取らない洗練されたアレンジ...
海外でとてつもない反響を得ているムービーがある。ちびっ子がペダルのないキッズバイク「ストライダー」で通学する様子を撮影したものなのだが、実はこの少年只者で...
テレパシーを使ってパートナーに向かって「帰りに牛乳買ってきて」なんてメッセージを送れたら便利なのに・・・。そんな想像をしたことはありませんか?最新の研究で...
「Elite Daily」に掲載された、ブロガーのJonathan Emmen氏による「天才チェック」を紹介!これまでの偉人などを見ても、いくつか共通点が...
この状況、7歳の少年を誰も責めることはできません。プロ野球オーストラリアン・リーグの公式戦で、起きた珍事に世界中から少年へのエールが届いています。きっと、...
天才肌の人には、無計画な人が多い。どうやらこれは、イメージだけではないようです。実際にそういうタイプのほうが、クリエイティビティに富んでいることが多いので...
【速報】TABI LABO、可愛すぎる「天才指揮者」を発見!キルギス共和国のとある教会。聖歌を歌っている合唱団の後ろで見事に指揮を執る女の子。感情の高ぶり...
イチローが前人未到の境地に達したのは、彼が生まれもってアスリートとしての能力を持ち合わせていたからではありません。彼に才能があるとすれば「自らの能力を活か...
約3か月前に、米ノースカロライナ州シャーロット市で撮影された、一枚の写真。パトロールをしていた警察官ティム・パーディは、たまたま駐車場にいたひとりの少年を...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
二つの言語を自在に操るバイリンガル。せめて英語くらいは…と努力を重ねる人も多いはず。このバイリンガルになることで、なんと認知症を防いだり、高収入を得られた...
豪快なダンクシュートは、すべてのバスケ少年にとっての悲願。ここで登場するマルテ君とて例外ではない。とはいえ、身長173cmの彼にとっては相当に高いハードル...
数々のヒット動画を紹介している「ViralHog」で、とっても賢い赤ちゃんの行動を捉えた動画が人気です!ベッドの上にある枕を使って一体何をしたのか…必見で...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
 あらゆるジャンルに神童と呼ばれる天才児たちがいる。美術、音楽、スポーツ、そして食。ここに紹介するOlenkaちゃんもまさにその一人。だけど、彼女の魅力は...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...