3歳から、ずっと「リサイクル活動」を続ける7歳の少年

米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。

地球のことをサスティナブルに考えている、という彼の「リサイクル・ライフワーク」を、少し覗いてみましょう。

リヤンの意志に賛同し
「地域コミュニティ」も協力

Dd1418dd5a1e63d5c86f97ea9737c9a288d72cd3

2012年、リヤンが3歳のときにリサイクルセンターを訪れたのがきっかけでした。その帰り道、彼は両親に

「リサイクルできるものを集めるために、お隣さんから空のレジ袋をもらえないかな?」

と言ったそう。やがて、そのリヤンの意志はどんどん広がり、賛同者で構成された地域コミュニティまで出来上がりました。今では「RYAN'S Recycling」という名前で会社として立ち上げ、たくさんの顧客を抱えているそうです。

Ebfaf52c615d2ed358a2045ecb5e1e396c8ef474

決してラクではない
リサイクル活動

Caaff2eea887e95e5e1aa3f53c06ff03c0e279e2

数週間に一度、リヤンはお隣さんや知り合いから、ペットボトル、空き缶や空きビン、ガラスなどの再資源を回収、分別しているそうです。

リサイクル資源の種類はさまざまで、その分別は決して楽な作業ではありません。かなりの時間をかけてリヤンが分別したあと、トラック一台分にもなる再資源は、近くのリサイクルセンターへと運ばれます。そして、リサイクルによって受け取ったお金を活動資金などにあてています。

たとえ数週間に一度のペースであっても、この活動を続けるのは大変なこと。それでもリヤンはこの活動にとても熱心で、クルマの運転と、重くなりすぎた袋を持つこと以外、なんでもやります。

3641b98767cad9cf5d4f1cbf64b71f93447545bf

「大学の資金」と
「海の保全」

5261e6a251df52a7148a545111f4f48af8932512

またリヤンは、リサイクル活動で得たお金を2つに分けて使用しています。

ひとつは「将来大学へ行くための貯金」。そのための資金を自分でまかなおうと考えているのです。

そしてもうひとつは、「海の動物の保護活動」への寄付です。じつはリヤンはラグナビーチにおける海の動物センター「Pacific Marine Mammal Center」の若きアンバサダーでもあり、カリフォルニアの海の動物たちを助けるプロジェクトの賛同者なのです。リサイクル活動で得た資金だけでなく、オリジナルのTシャツ販売も行ない、売り上げもすべて海の動物の保護活動資金となります。

9cbcb294930fafa1dba91f441aa91f894e7cbe39

実際に経験したことがある人なら分かると思いますが、リサイクル活動は相当な情熱がないと続けることは困難です。もちろん、この活動もリヤン自身の情熱で成り立っています。

毎週、再資源を回収し、リサイクルセンターへとそれらを持っていって資金を調達する生活。リヤンはそれを4年間も続けているのです。

現時点で、彼の手によって約20万以上もの缶がリサイクルされ、海の哺乳類を守るためのチャリティ活動に寄付されたそうです。

Licensed material used with permission by Ryan’s Recycling
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
一体タイムはどのくらいだったと思いますか?まずはその喜びの瞬間を見てみましょう!「オオオオオ!」と会場中が一気に沸きます!動画はアメリカのメリーランド州ク...
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴ...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
生きてるうちに何度も訪れる、選択。「自分がどうしたいのか?」「進むべき道はどちらなのか?」。今まさに立ち止まって行動ができずにいる人、足踏みをしている人に...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
毎年夏になると、車内に残された乳幼児の熱中症による死亡事故を耳にします。アメリカ・テキサス州に住む10歳の少年Bishop Curryくんは、近所で起きた...
政治家がどこから献金を受け取っているのかがブラウザ上で一目でわかってしまうプラグインが話題になっています。つくったのは、なんと16歳の少年です。この機能を...
インドネシア・バリ島で、この数年間のあいだに大きな変革が起きていたことを知っていますか?2013年、当時10歳と12歳だった姉妹が始めた「レジ袋ゼロ」運動...
Yung Lenoxが絵を描き始めたのは5歳から。6歳にしてニューヨークで最初の展示を成功させ、8歳までに1000枚以上のプリントを売った。彼を追ったドキ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
この状況、7歳の少年を誰も責めることはできません。プロ野球オーストラリアン・リーグの公式戦で、起きた珍事に世界中から少年へのエールが届いています。きっと、...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...