集められた「正反対の思想」。ハイネケンの新CMに込められたメッセージとは?

ビールのCMというと、芸能人がグビッと飲んで「うまい!」といったイメージがある。

でも、オランダのビールメーカー「Heineken(ハイネケン)」の映像には、深く考えさせられるメッセージが込められていた。

正反対の思想の人と、
ビールを飲んで話し合える?

3c94e9d7a489c07bad93ba2dc122af97a0f93e2b

集められたのは、フェミニストと反フェミニスト、環境活動家と温暖化懐疑者、トランスジェンダーとトランスフォビアといった、正反対の思想をもつペア3組。

彼らは相手について何も知らされないまま、共同作業をこなすように指示される。そして、タスクや会話を通して少しずつ打ち解けてきたところで、互いの思想が明かされる。

ネタばらしのVTRは、かなり残酷だ。

「女性は、自分が“子どもを産むためだけ”に必要とされているってことを分かったほうがいいよ」

「トランスジェンダーって本当に奇怪だ。理解できるもんじゃないし、正しくない」

さっきまで一緒に作業をしていたのに、今自分の隣にいる人が本音を力強く語る姿に、誰もが生々しい戸惑いを見せる。最後の指示は、

「退室するか、隣の人と一緒にビールを飲みつつ話合いをするか。選んでください」

思いを表現して
「世界を開け」

このような訴えのあるCMは、やり方によっては大きな反感を買うこともある。

先日ペプシコーラのCMが大炎上し、即取り下げる騒ぎとなったのも記憶に新しい。デモ隊と対峙する警察官にペプシを渡すと、途端にみんな笑顔になりめでたし…という内容が、黒人の人権を訴える「Black Lives Matter」活動を軽視していないか、と議論が起こったのだ。たとえばキング牧師の娘であるバーニス・キング氏は、「もしも父がペプシの力を知っていたらね」と苦言を呈している。

そんななか、Heinekenが掲げてきた「Open Your World(世界を開こう)」というコンセプトの一環として製作されたこのCMは、自分の価値観をはっきりと表明したうえでお互いを知るという、主体的な視点が評価されているそう。

もしも日本でこの取り組みがされるとしたら?自分が被験者だったら、どんな思想を示し、どんな態度をとるのか?そもそもここまではっきりと自分の思想を示せるだろうか?色々な考えが渦巻き、つい考え込んでしまう。

ところで、このCMの結末はどうなったのだろう。気になった人はぜひともその目で確かめてほしい。

Licensed material used with permission by Heineken
恋人が、もしもあなたと正反対の性格だったら?「みんな、1度は自分とは真逆の人と付き合ってみるべき」と主張するのは「Elite Daily」の恋愛ライター、...
毎年クリスマスが近づくと話題になるイギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のCM。2015年11月5日に新しい動画が公開となり、今年も胸に響いた!と評判に。無性...
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
だんだん暖かくなってきて、ビールもますます美味しい季節になってきました。この頃は缶ビールを「生ビール風」に注げるアイテムなんかもありますが、どうせなら本物...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
人生は、まるで旅のよう。「ホームプロジェクト」という冒険を応援したいという気持ちを込めて、フランスの工具店チェーン「Leroy Merlin」が「Life...
ここで紹介するのは、Appleが2014年9月に発表したCMです。短くても、しっかりとしたメッセージがあり、しかもエンターテインメントとしても楽しめる“作...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
これまで、イスラム系の女性たちがスポーツをしている姿は、あまり公にされてこなかった。保守的なイスラム圏では、女性は手や顔を隠さなければならない。社会的にも...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
嗜好の違いなんて結局のところ人それぞれ、べつに大した問題じゃあない。ところが、それが当たり前だと感じられるかどうかは、どうやらその「好み」によるというのが...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
あえて、先に種明かしをしてしまえば、この120秒少々の動画は、ただのガムのCM。だけど、それが分かっていても、胸の奥のざわめきを感じるはず。恋する気分を思...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
今回紹介するのは、最近話題になっている、とある映像。先にストーリーを説明すると、受験直前の女子高生が緊張で自信を失いそうになる中で、さまざまな思い出を振り...