偉大な人物にコスプレをさせた、ブラックな「硬貨アート」

世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能性があるのでやっちゃダメとは分かっているけれど、思わずこれらの作品には目を奪われた。

ただし、繰り返すが、硬貨のモデルになるような偉大な人物には尊敬の念を忘れないように。

#1 
ブルース・ブラザーズ

1cf236b7709f9d1b53822e2a2eb948741b48c150E7218785dc56e19d65ea61f8147293b435d63499

#2
マリリン・モンロー

8424d262b4fe040880ee65ada1f81bf15f460678

#3
ネイティリ

4ad4aef540478dd0bb11c52c63b62dcb15e739fe

#4
ミスター・スポック

1526a1209aad8b2ffd1cd137bf6d9dd0af1d4544

#5
レイア姫

Da0c54a4176d96edc1f0e61fb54a1bd2d10c9079

#6
ポパイ

97e86b7c34b9fb74b343bb8ab72b2807ec67c798

#7
デロリス

80e5c4a897b519d8b1699812d29b2b8d37b09535

#8
アラジン

Bc7fccfe046e243d775f344adc6862c129328487

#9
キャットウーマン

1b4c6e4acd11c64c13331f49b3d5c571258a3541

#10
ウォーリー

628dfeca99d6bd21934b60f549dcb5d5a0fa3634

このコインアートを創り出したのは、ブラジル出身のアーティストAndre Levy。コインに絵を描きはじめたきっかけは、2013年にヨーロッパで暮らしていた時に遡るのとのこと。見慣れない通貨を手にした時に、歴史上の人物に新しい物語を加えて変身させてみてはというアイデアが浮かんできたのだという。

現在までに、200以上のキャラクターをコインに描いているそう。HPでは、ここで紹介しきれなかったものもあり、いくつかは購入も可能なようだ。

Licensed material used with permission by Andre Levy a.k.a. Zhion
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
旦那さんが生まれてきた娘をこんなに可愛がって、張り切った成長記録をつくっているなんて、やっぱり嬉しいものではないでしょうか。茶目っ気とユーモア溢れる、パパ...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
食物アレルギーのため、毎朝マーガリンを塗ったトーストしか口にできない娘のために、パパがとった行動がステキすぎる!とイギリスで話題の家族を紹介します。たった...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
片付けても片付けても、部屋を散らかすルームメイト。使ったものもそのまま置きっぱなしでイライラ…。もはや「片付けろ!」と言うのにも飽き飽きしてきたので、アー...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもま...
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
薄型、小型、軽量化が進む家電業界。テレビもDVDレコーダーもデジタルカメラもダウンサイズングのレベルはハンパない。一昔前に比べたら、ずいぶんとスリムになっ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...