あなたの平衡感覚を、一瞬で無力にしてみせましょう。

大勢の通行人が行き交う路上で描くチョークアート。あまりのリアルさに立ち尽くす人続出、だろうなあ。

どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になることで、見るものの平衡感覚を一瞬で無力にしてしまいます

どれも強烈なインパクト、今回はとくに衝撃的な10枚を紹介!

衝撃レベル01

Medium 290846124ddd3331cf6a57b2985f556d569219bd
Photo by Julian Beever

のっけからこのインパクト。自らの姿をトリックアートにするJulianさん。シンメトリーのような絵にちょっと混乱。

衝撃レベル02

Medium 285a8c4af739b7d94c55df3788b8df39df0a2e82
Photo by Julian Beever

異様な光景に、周りの人もザワつき始める。

衝撃レベル03

Medium d331c1e5900d2fb855eb89f7f3a5b97d9c8f151f
Photo by Julian Beever

こんな所に美女のいるプールがあったら、喜ぶ男性は多いかも?

衝撃レベル04

Medium fad28aae655b60741ffc0c59b0a8ae705e858777
Photo by Julian Beever

もう、この時点で何が何だか…。

衝撃レベル05

Medium 73d426fa3640cc96c63fb21bc79bb56cd8902b52
Photo by Julian Beever

見ているこちらも唖然。

衝撃レベル06

Medium 9d443c0d801bb0380c879ddc5a348857f4fb484b
Photo by Julian Beever

この巨大バッタに出会ったら、一目散に逃げますね。

衝撃レベル07

Medium 4a5f3e424f619bc133dabacab6bff3d4577da6eb
Photo by Julian Beever

ドーン!っという音が聞こえてきそう。

衝撃レベル08

Medium 5f3ab206d28fee5d4a4ab4871b86c92a3e67fee3
Photo by Julian Beever

とっさに、救いの手を差し伸べてしまう。

衝撃レベル09

Medium f2ae51f161a2f64f0a551528346a30a0cbeea661
Photo by Julian Beever

どんどん広がっていく想像の世界。

衝撃レベルMAX

Medium 3c2584d1d41affa6890d64f1ad39e2a6db769d70
Photo by Julian Beever

こ、これは!?もう、どこまでが彼の絵の中なのかワカラナイ!!

Licensed material used with permission by Julian Beever
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
水や砂糖など、身近にある材料を使って描いた作品が注目を浴びているイギリス在中のAravis Dolmennaさん。どれも遊び心いっぱいで、絵本の中のような...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
いまから登場するのは、一見同じ色に見える3つの四角形。でもよく見ると、そのうちのひとつだけ微妙に色の明るさが異なっているのです。これは、診断コンテンツ系メ...
ここで紹介するのは、Appleが2014年9月に発表したCMです。短くても、しっかりとしたメッセージがあり、しかもエンターテインメントとしても楽しめる“作...
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
鏡が張り巡らされ万華鏡となった入り口を通ると、そこには昔懐かしのテレビゲームのような世界が広がっていた。このステージの攻略に挑戦したBMXライダーはクリス...
美人で仕事もできる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別な人」と、勝手に線引きしていませんか?でも、彼女たちが輝いて見えるのは、自...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...