ロマンチックにすら感じる「はかりきれない世界の単位」

メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。

ここでは、米澤敬さんと日下明さんの著書『はかりきれない世界の単位』より、五劫の擦り切れのように規模が果てしなさすぎる、単位を紹介したいと思います。

雑学として、覚えておいて損はないかも。

01.
「トラサレーヌ」
日光の中に浮遊する塵の量

3350de6777b7fd2369ff2d33e50127e69821e290

インド、とりわけ古代のインドでは、単位もどことなくロマンチックで哲学的。

トレサレーヌは、格子を通して入ってくる日光の光線に浮遊する塵の量。どうやって測ったのかはともかく、現在インドの貴金属職人が用いているクリーシュナラ(krishnala)の1/1,296とされています。クリーシュナラは122mg。

02.
「メトン周期」
太陰暦と太陽暦が
シンクロする周期

紀元前433年、アテナイの数学者、メトンが発見した周期。太陰暦と太陽暦が一致する周期で、太陽暦の19年に相当。中国では19年を「章」と呼ぶので章法と呼ばれました。

ただ完全に一致するわけではなく、約0.08681日だけずれるので、219年でその差は1日になってしまいます。

03.
「アラウトゥン」
マヤ文明のもっとも
長い日にちの単位

147c3c619adb84d95cbe8a0fb6820ac2d4689cd2

マヤ文明で設定されたもっとも長い日にちの単位、23,040,000,000日=約63,123,288年に相当。

少し前に、マヤの別の暦単位であるバクトゥン(bak'tun=394.3年)が13回めぐると世界が終わるという噂が流れましたが、現代の暦に対応する2012年12月21日には、何も起こりませんでした。念のため。

04.
「五劫の擦り切れ」
途方に暮れるほど長い時間

落語「寿限無」に登場する単位。劫(kalapa)はヒンズー哲学で、宇宙の誕生から消滅までの時間を意味しました。仏教では、1辺40里(約20㎞)の岩を3年に1度天女が舞い降りて羽衣で撫で、岩がすり減ってなくなるまでの時間。

五劫はつまりその5倍です。億劫の劫も元はこの劫で、億劫とはとてつもない長時間になります。

05.
「ギャラクシー」
銀河の質量単位

ギャラクシーとは、もちろん銀河のことですが、単位では太陽質量の1.6×10の11乗倍をあらわします。宇宙規模の単位では、そのものずばりの天文単位(asutronomical unit)があります。

これは、地球と太陽の平均距離をもとにしたもの。ちょっとわかりにくいのですが、1天文単位の長さが1秒角の角度を張るような距離が、SFでおなじみの1パーセクです。

06.
「アレフ数」
無限集合の濃度、大きさ

アレフ数は無限集合の濃度、あるいは大きさを表すための単位。無限大=∞とは異なります。物指しの1cmの間には無限の点があり、1kmの間にも無限の点があり、整数の数も無限、奇数の数も無限というように、同じ無限にもいろいろあります。

その集合の濃度をあらわすのがアレフというわけです。

07.
「ワット毎ナノメートル毎
平方メートル毎ステラジアン」
分光放射輝度(波長)の単位

公式に使われている単位で、おそらく最も長い名前。分光放射輝度(波長)の単位です。いちいち言うのは大変そう…。

「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
米・マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が、誰でも無料で単位が取得できるオンライン講座を開始しました。世界中どこにいてもMITの単位が取れる授業スタート...
「犬が左膝の匂いを嗅ぐ」「血豆ができる」「ニシンの骨を折る」。世界には、「幸せを招くしるし」がたくさんあります。日々の暮らしに息づいている、気づくと嬉しい...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
ナショナル・ジオグラフィック、ロンリープラネット、BBCなどをクライアントとするフォトグラファーPascal Mannaerts。もう10年以上にわたって...
他の人よりも明らかに旅をしている機会が多い人がいます。彼らを称して、“旅好き”とカテゴライズしてしまうのは早計。なぜなら、それは単なる欲求ではなく、遺伝子...
ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。そんな離島のミステリーを追求したのが、お...
家の中でいちばんプライベートな空間、それはトイレと答える人は多いのではないでしょうか?Houzzの写真を見ていると、トイレに求めるものは人それぞれであるこ...
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚き...
絵の具や墨をどれだけ塗り重ねても、決して描くことのできない黒よりもさらに黒い黒。光さえも届かない、そんな世界を人間はすでに科学の力によって、つくり出すこと...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...
子どもの頃は、歳を重ねたら自然と「大人」になれるものだと思っていました。でも、オランダのイラストレーター・Marloes De Vriesさん曰く、車の免...
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...