いつ使うか分からないけど覚えておきたい、世界のフシギな言葉7選

外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。

例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特有の感性が表れていて、うまく他の国の言葉には翻訳できないといいます。

ここでは、イラストレーターのエラ・フランシス・サンダースさんの著書『翻訳できない 世界のことば』(創元社)から、「え、そんなのいつ使うの?」というユニークなフレーズを紹介しましょう。

01.【ピサンザプラ】
バナナを食べるときの所要時間。

Medium f067547d42a0d025081a025c50e4d7d932c4014f

PISAN ZAPRA/マレー語、名詞

人やバナナにもよりますが、一般的には2分くらいだとか。つまり「1ピサンザプラ=1バナナ=約2分」ということでしょうか?

バナナで時間表現をするあたり、東南アジアの国柄がうかがえます。

02.クンマーシュペック】
直訳すると「悲しいベーコン」
食べすぎがつづいて太ること。

KUMMERSPECK/ドイツ語、名詞

「やけ食い」しちゃうことってありますよね。そのとき、私たちの体は幸せを感じるようにできているのです。ただし、1ヶ月後の自分の姿を見るまでは…。長い休暇のあとに、この言葉を使う機会が多くなりそう!?

03.コティスエルト】
シャツの裾を、絶対ズボンの中に
入れようとしない男の人。

COTISUELTO/カリブ・スペイン語、名詞

ラフで、ちょっとキザな印象だった言葉も、今ではちょうどいいサイズのシャツを着て、人生も着るものもリラックスしている男性の印象に。「絶対」と強調するあたり、シャツを入れない男性の信念すら感じますね。

04.ポロンクセマ】
トナカイが休憩なしで、
疲れず移動できる距離。

Medium 8a08074186f0c954489b2b7b33d2b542664c07b8

PORONKUSEMA/フィンランド語、名詞

トナカイのいる地方では死活問題なのかもしれませんが、かなりアバウトな距離表現。実際には、約7.5kmなのだとか。

05.【イクトゥアルポク】
だれか来ているのではないかと期待して、
何度も何度も
外に出て見てみること。

IKTSUARPOK/イヌイット語、名詞

寒い地方でわざわざ外に出るということは、相当な期待と待ちきれない気持ちなのでしょう。待ちわびている姿を想像すると、少し切ない気持ちになります。

06.【ムルマ】
足だけを使って、水の中で
何かを探すこと。

MURR-MA/ワギマン語、動詞

絶滅の危機にさらされている、オーストラリア先住民の言葉。実際に存在するものを探しているのか、生きていく上で人生に必要な何かを探しているのか。捉えようによっては奥深さを感じる言葉ですね。

07.【グルファ】
片方の手の平に
のせられるだけの水の量。

GURFA/アラビア語、名詞

水の測り方としてははっきりしない量ですが、両手でなく片手なのでとても少量なのでしょう。砂漠の多いアラビアならではの表現と言えるかもしれません。

『翻訳できない 世界のことば』著・イラスト:エラ・フランシス・サンダース 訳:前田まゆみ(創元社)

ひとことでは訳せない、世界のユニークな単語たち。忘れかけていた思い出や、はっきりと表現できなかった感情を表す不思議な「ことば」と出会えます。

外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
突然ですが、あなたには「信念」がありますか?いきなりこんなことを聞かれても、すぐに答えは出ないかもしれません。信念は「心の軸」とも言い換えることができるで...
大切な人、仲間、家族に日本語だと言いづらかったり、ちょっぴり恥ずかしいことも、ハワイ語なら気軽に伝えることができます。ここで紹介するのは、基本フレーズ7つ...
お祝いや感謝など、大切な誰かを思う気持ち──。それらを面と向かって相手に伝えるのは、なかなか照れ臭くて難しかったりしますよね。では、こんな「石鹸の力」を借...
 かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェア...
「世界」ーそれはもはや誰もが気軽に言える単語となった。どこで働いていようが、どんなことをやっていようが関係ない。ボーダーレスの21世紀は年齢すら関係なくな...
「コトバの壁さようなら」との謳い文句で発表された翻訳デバイス「ili(イリー)」が話題です。PR動画では、外国人男性が製品を使って次々と日本女性に声をかけ...
日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚き...
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
正直言って、効果は未知数。でも、なんとなく試してみたいカラダに関するハックの数々を「I Love Positive Society」より紹介。私は早速今夜...
Microsoftが年内に、傘下にあるSkypeの同時通訳サービスを開始するそうだ。これは米ITメディアの会合で米Microsoftが明らかにしたものだ。...
松嶋 啓介 シェフ20歳で渡仏。25歳の誕生日にニースに自身の店「Restaurant Kei's Passion」(現「KEISUKE MATSUSHI...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
夢を追い始める10代。その先にはたくさんの困難と選択肢が待ち受けています。時には心が折れて、自分の目指した夢を忘れかけてしまうこともあるでしょう。そんな迷...