今年も「あと100日」。1日も無駄にしないために知っておくべきこと。

職業柄、今日が世界にとってどんな1日かをチェックして、カレンダーにメモするのが習慣になっています。まとめて1週間分を日曜日に確認していたら、目に止まった、金曜日の欄。そこには、「残り100日」と赤いペンで書かれた文字。

今日9月22日は、12月31日のちょうど<100日前>なんです。

こんなことまで書いてたっけ、と思いながら、時の流れの早さが恐ろしくなる。皆さん、年末年始に立てた2017年の抱負を覚えていますか?痩せる、計画的になる、ムダ遣いを減らして貯金を増やす、人生を楽しむ、健康維持する、などなど。

カウントダウンが2桁になるという現実に、私のように焦りを感じている人へ。まだ大丈夫。3ヶ月続ければ、大体のことが習慣化されるというハナシもありますし。巻き返せる!

今年やり残していることがある人にも、2018年の準備をすでに始めたいと思っている人にも、参考になるであろう【人気記事5選】を紹介します。

その1.
今日からやめるべき、「悪しき習慣」

01fed4257a8778556477715a87925d4c1b014df0

3ヶ月という残りわずかな時間。少しでも生活を変えたかったのに、あるいは人生を変えたかったのに。そう思う気持ちがもしも今あるなら、むしろ最大のチャンス。

ここに紹介する「やめるべき12項目」は、決して難しいことじゃない。今日からだってトライできること。続けていけば、2018年を迎える自分は、今より磨きがかかっているに違いありません。

▶︎今すぐ何個当てはまるか確認する

その2.
勝手に仕事が楽しくなるコツ

F30ae22a51b8287bbd35694ce6a6eed33db07f45

もしもこの1年、「仕事が楽しくない」と思うことの方が多かったなら、一度この方法を試してみて。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度が格段にアップするかもしれないから。

そのうえで、どうにもこうにもやっぱり辛いのであれば、2018年からは、新しい仕事を始める方向で考えてみるのもアリではないでしょうか。まだ、その準備だって間に合うのだから。

▶︎今すぐ記憶する

その3.
今年中に、縁を切っておくべき人

25fede1575f16180ed323a205f20eecce0a568b2

新しいスタートには、新しい人との交流も大切です。そのためには、現時点での人間関係を、もう一度よく考え直してみることが必要。

気が進まないのに、無理をしている人付き合いはないですか?人は日々変わっているから、前は良好な関係だったとしても、価値観の相違でうまくいかなくなってしまうこともあります。それは、誰もが抱えていること。新年を迎える前に、もう一度自分の心に問うてみてください。

▶︎今すぐ思い当たる人を確認する

その4.
こんな恋人なら、別れを告げた方がいい

8a37c6779e9286e72892e31230e2d6e611e09d95

モヤモヤしたまま付き合っていて、この記事にものすごく共感してしまったのなら、もう9月中にさよならした方がいいかもしれません。善は急げ、です。

だって10月からフリーを始めたとしても、クリスマスまで約2ヶ月半。新たなチャンスを掴むためには、魅力的な日数ですよ?でもこれが、1ヶ月半になったら状況は違う。もはや1秒だって、ダメな男と一緒にいるヒマはないのです。

▶︎今すぐダメ彼氏チェックする

その5.
こうして「痩せる環境」をつくる

D7dc9a2d8b5f73360f06be95db9ddb94e4485cc3

大丈夫。本気を出せば、ほとんどが今日中にできることです。この記事は、減量専門医である博士が、教えてくれた秘訣のまとめ。

2017年のうちに、手に入れたいと思っていたボディがまだ完璧ではない。そんな人には、今すぐ読んでいただきたい。焦って流行りのダイエット法に振り回されず、ポイントは基本に立ち返ることみたい。それさえできれば、「自然と痩せていく体づくり」も夢じゃない。後悔しないように、今日から始めてみましょう。

▶︎今すぐ「痩せるマインド」をつくる

2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
一年は365日。つまり、8,760時間もあります。これだけの時間があるなら、ずっと夢見ていた目標を達成することも、大好きなあの人と付き合うのも、夢じゃあり...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
世界を変えられるとしたら…こんな質問に下は5歳、上は105歳までの男女が、「if」の世界を言葉にしている。意外にも、ほぼ全員が“誰かのため”に世界を変えた...
意中の相手は自分から捕まえにいく。いまのご時世、女性から積極的に声をかける「逆ナンパ」も珍しくありません。恋愛に奥手になっているのはむしろ男性の方…。かど...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
冬の夜空っていいですよね。お正月に実家へ帰ったとき「あれ、こんなに星きれいだったっけ?」なんて思うことがよくあります。寒いからもう部屋に入ろうって思っても...
いつまでも若々しくてキレイな姿でいたい。そう思いはするけど、実際のところは、年をとればとるほど、そんなモチベーションはなくなるんじゃないかと。だから、ヒラ...
今の時代、私たちの生活環境は、めまぐるしく変化しています。昨日の常識が、もしかしたら今日には非常識になることもある。そして、その変化に順応していける者しか...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
「今日こそアレに取りかかろう」「コレは絶対終わらせよう」。そうやって意気込んでみたはいいものの、思うようにはかどらない日がある。やる気はあるからこそ、どう...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ラ...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
もしも「ただ時間をつぶす」っていう仕事があったら今ごろ億万長者なのに…なんて思っちゃうほど、あとから思えば無駄だったとも思えるような時間を過ごして、後悔し...
自分が生まれた日に、何の映画が全米で興行収入一位だったのかを簡単に調べられるサイト「Playback.fm」が話題になっています。自分が生まれた日の全米N...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
何をやっても上手くいかない。そんな「バッドデイ」があります。ひどい時なんて、一日中それだけで頭がいっぱいになってしまうことも。アメリカのトップ心理療法士、...