「僕、人間やめます」。 完全なるヤギになろうとした男とトランスヒューマニズム

「鳥のように自由に空を飛びたい」とか「猫のように気ままに暮らせたらなぁ」とか、誰だって一回は考えたことがあるんじゃないだろうか。でもみんな本気じゃないのは当たり前。だって実際、無理だもん…。

でもそれを諦めなかった男が、イギリスにはいた。

しかもこれ、生物医学研究のチャリティー団体ウェルカム・トラストからの支援も得ている「真剣開発」なんだそう。 

こんなホンキは、見たことない。

1fb2c716f5a2b3eebd13ee8c62041ca502b75232

彼の名はトーマス・トゥウェイツ(Thomas Thwaites)完全なるヤギになることを目指している。ふざけているのかと思いきや、本気も本気。しかも最新技術を用いて人間がどれだけヤギに近づいていけるかまで試しているのだ。

僕は自分が人間であることに憤りを感じていた。そしてそれから逃れるために、最新技術を使って本物のヤギになろうと思ったんだ。

何週間かだけでも、人間をやめられたらどんなにいいだろう?「何をすべきか、自分が今何をしているのか」全部何も考えないことができたら!人間として抱えているあらゆる煩雑な考えを放棄できたら!人間であることに「休暇」を取れたら!

3920b18e280180a156d89db44bcafce988619081

英語版著書のイントロダクションで、彼はこのように語っている。彼の取り組みは本気だった。

なるべく快適な、しかもヤギに近い四足歩行を実現するための人工の脚、両手が使えない状況での転倒を考慮したヘルメット、胸部保護具などの装備品を作り揃え、さらに芝生を消化するための人工胃の開発にまでもチャレンジし、草を食べ、山道を歩き、アルプス山脈でヤギの群れとともに実際に生活することを試みたのだ。

もはや彼が目指したのは「ヤギ人間」なんかじゃない。ヤギに混ざって暮らす「本物の、生身のヤギ」なのである。

43021f492a82d9d57dee349249e4c1b187964bcb

こうしてみると、なかなか馴染んでいるようだけど…。ヤギは群れで暮らすため、受け入れてもらうのもラクじゃない。

ちなみに同書によれば、なんでもトーマスは当初、ゾウになることを検討していたという。しかし準備を進めるにつれ、ゾウは仲間の死を悼むことができるほど知能が高く、これではゾウになっても人間のもつ苦悩からは逃れられないと気づいたんだとか。彼はできる限り徹底的に「退化」したかったのだ。

人が望むのは進化か?退化か?

7b225fdf5bf981f256e2b8005c40181e49c41006

実は科学技術によって脱・人間を図る取り組みは「トランスヒューマニズム」と呼ばれ、1920年代から見られた動きでもある。

でも、今までそれはほとんど怪我を瞬時に治す、不死の体を手に入れる、などといった人間の「進化」「機能向上」に着目したものでもあった。トーマスのプロジェクトのように「最新技術で退化する」という不思議な試みは比較的目新しいようで、各情報誌などからも注目する声があがっている。

57d583a89ae53881609d3a6d174f92c8ec1fc5e6

人間は他の生物になれるの?その境界線はどこ?そんな複雑なテーゼを、「何も考えたくないからヤギになる」というシュールでキャッチーな視点から、ビジュアルユーモアもたっぷりに、でもシリアスに検証したこのプロジェクト。もしかしたらかつて鳥を目指したライト兄弟のように、一見おかしなこの取り組みが、新たなプロダクトを生むかもしれない。

この話、新潮文庫より10月28日に発売される『人間をお休みしてヤギになってみた結果』で詳しく、しかも日本語で読むことができるので、興味のある人は是非こちらから。また、「Webでも考える人では書籍の一部を読むことができる。

E4922bc72ab2a90b9d98676c2fcf877b15bbc01a

写真はすべて新潮社提供

Reference:THOMAS THWAITES
Licensed material used with permission by 新潮社提供
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
インタビュアー(以下I):おいおいお前たち、なんで木に登っているんだ?ヤギ(以下Y):僕たちが住むのはモロッコのサハラ砂漠地帯なのだメ〜。I:砂漠が何か関...
クリスマス・ソングをヤギが歌うーーなんじゃそりゃ!と言わずに聞いてみてください。話題になっているかどうかはおいておいて、その衝撃はホンモノ。いやいや、それ...
そもそもの見分けがつかないって人にヒントです。毛がモコモコしているのが「羊」で、角があるのが「ヤギ」という認識で探してみてください。1匹、2匹、3匹…と、...
今や「コーヒー」のある日常は当たり前。起床後に、はたまた通勤や休憩の時に…などなど、多くのシーンで欠かせない存在となりました。でも、そうやって多くの人の暮...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
男性でも女性でも「いい男」には憧れます。見た目がかっこいい男、気遣いができる男、仕事ができる男、生き様がかっこいい男ーー。「いい男」にもいろいろありますが...
マメな男としつこい男の見分け方というのは簡単なようで実は難しい問題です。しかし、マメで素敵だと思う男性としつこくて嫌だと思う男性は確実に分かれて存在してい...
ひと言で「いい男」と言っても、その捉え方は様々です。映画やドラマに出てくる男性像をイメージするかもしれませんし、父親や上司など身近な人を思い浮かべる人もい...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。男女差は本当にある?それと...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
覚悟が決まった男は同性にも異性にも好かれる傾向にあります。それでは、一体「覚悟ができている男」とは、どういう存在か。仕事、人生における大きな決断、などさま...
よく「優しい男がいい」という女性がいますが、「優しいだけの男」は決してそれには当てはまりません。ただ、ここで紹介する「いい男」は、総じて本当の優しさを合わ...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業後は住友銀行に就職し、2年半ほど勤めていたと言います。そこでは、優秀なはずの人々が、嫌々ながら、身...