休日が長いドイツに学ぶ!仕事を早く終わらせる「3つのコツ」

「ドイツ人は働く時間が短く、生産的!?」

おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、2012年の労働1時間当たりのドイツの生産性は58.3ドル。日本の40.1ドルよりも高い数値となっている。

けれども、ドイツ人を「仕事好き」と表現するのは正確ではない。何故なら、ドイツは日本よりもずっと労働時間が短く有給休暇が多い国だからだ。ドイツは法律で社員に対して最低24日間の年次有給休暇を義務づけているが、多くの会社では年間30日に設定している。

ドイツ人は休暇が大好きで、4週間くらいのバケーションを取ることも珍しいことではない。働く時間は短いのに、仕事の生産性が高いドイツ。そのヒミツはドイツ人の仕事観に隠されている。ここでは、そのヒミツに迫ってみよう!

1.私生活と職業生活をはっきり分離する

Medium 1220af16bfb5c64a69106fc36d732df2239d4fc4

ドイツでは、仕事の時間は仕事の時間だ。例えば、勤務中に私生活に関わるようなことはしない。高いプロ意識を持って仕事に集中するのだ。反対にオフの時は徹底的にオフで仕事関係の事は一切しない。つまり、私生活と職業生活との間の分離を大切にするのである。これによってしっかりとしたメリハリが生まれる。

2.仕事の効率を重視する

Medium a7fceb536783d1b28a342f0e205aaef6c4293d13

ドイツ人は、とにかく早く帰宅したいという気持ちが強いという。だから、仕事の効率を重視するのだ。多くの人々はそれぞれ専門家であり、効率化の提案を上司にもドンドンしていく。また、無駄なことは絶対にやりたくないという職人気質のようなものも強い。やる必要のないことをやらないことが、一番の効率化であることを知っているのである。

3.上司にもお客さんにも平気でNOと言える

Medium 4bb9994d1014cf2c2121958e237be19bb701e723

その効率化への執着から生まれた提案を、しっかりと相手に伝えられることも重要なことだ。ドイツ人は、上司やお客さんに対しても平気で「NO」が言えたりする。それを率直に提言できる文化があるのだ。それが何のための仕事なのかをフラットな人間関係で問うことができる。

ただ時間をかけるだけで、ダラダラ仕事をするだけでは効率が上がらない。仕事と私生活を分けるからこそ、その制限の中で効率を最大化するための思考が始まる。そして、私生活を大事にするために、仕事の効率化を図っていく。それを可能にするための文化がそこにはあり、それが上司やお客さんまで浸透しているのだ。

このようなドイツの仕事観。ここから私たちは何か学べることがないだろうか?

文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
仕事をしながら、ついついやってしまうスマホのチェック。実は、その行動が脳にダメージを与えているというのです。しかも、男性の場合、影響はより深刻。この記事を...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
「今日も仕事が終わらない・・・」「家に帰ったら続きをやらないと」「明日の朝、早起きしないと」とお悩みの人も多いでしょう。Wiley Online Libr...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
俗に言う“9時5時”の勤務スタイル。なんと、これが「拷問のようなもの」だと、オックスフォード大学の研究者らが唱えています。どうやら問題は始業時間。作業効率...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
仕事をしていると、大勢の人と会議をすることが多くなる。それも頻繁に。そして会議でのあなたの発言や行動が、あなたの評価にもつながる。今回は、海外有名大学でも...
デジタルマーケティング会社のCEO、Jason Parksさんが「Elite Daily」で綴った記事を紹介します。週末の過ごし方が翌週の仕事の効率に大き...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿...
ドイツから驚きのニュースが飛び込んできた。大学の授業料がすべて無料に!なんとも思い切った政策に思えるが、ドイツでは2000年代まで公立大学に限っていえば授...
まもなく新年度。就職や転職、部署異動といったキャリアの転機を迎える人も多いと思います。厚生労働省が2013年に行った「労働安全衛生に関する調査」では、...