1ヶ月以内に内定を獲りたいあなたが、捨てるべき「5つのコト」

就職活動に正解はありません。誰もが「これでいいのかな…」と悩みながら自己分析や企業研究に明け暮れ、迷いながら少しずつ進めていくものです。そこに「正解」はありません。

ただ、就職活動には内定を獲るための「近道」があることを知っていますか?それは、たった「5つの考え方」を捨てること。
迷いや悩みを吹き飛ばし、自信を持って面接に挑むのに、捨てなければならないことって…?

01.
「この会社しかない!」
と決めつける

世の中に会社は数え切れないほどありますが、自分が働きたいと思えるところはそうありません。しかし、だからといって1社に絞るのはどうでしょうか?もしその会社と縁がなければ、あなたの就職活動はそこで終わってしまいます。

企業研究をしていけば、まったく興味の湧かない会社の方が少ないはず。
「ここしかない…」ではなく「こんなにある!」と捉えれば、明るい気持ちで就職活動に挑めるのではないでしょうか。

btn_recruit_1508912_1

02.
「好き」を仕事にする

自分が好きなことを仕事にできれば、幸せになれるでしょうか?例えばファッションが好きだからアパレルを目指したり、Webが好きだからITベンチャーに応募したり。

でも、「好き」だけで仕事を決めてしまうと、飽きたり嫌いになったときに、働くのが苦痛になってしまいます。

オススメなのは「得意かどうか」を考えてみること。会社が求めるスキルが自分の得意なことであれば、評価も上がって仕事も楽しくなるはず!

03.
「流行っているから」
で会社を選ぶ

流行りの事業を行なっている会社は、様々なところで目にするからか印象に残りやすいもの。就職や転職もそんな目立つところばかり選んでいませんか?

流行はうつりかわっていくものです。流行よりも、その会社の仕事の特徴や求められている力をしっかりと調べて、自分が活き活き働けるイメージを持てるかどうか。就職や転職で当たり前の企業研究って、やっぱり大事なんです。

04.
面接で自分のことばかり
アピールする

就職活動で苦手としている人が一番多いのは、やっぱり「面接」。どれだけ自己分析を繰り返しても、面接で正しい自己アピールができなければ、内定はもらえません。

やってしまいがちなのが、ひたすら自分のスキルや夢をアピールし続けること。会社が知りたいのは、その人とやってもらいたい仕事の間にどれだけの「接点」があるか。アピールすべきは、仕事に自分のスキルがどう活かせるのか、ということ。自慢話なんて聞きたくありません。

05.
「就職活動は一人で頑張るもの」
という思い込み

面接後に採用を見送られたときは、「結果」だけが告げられるものです。一生懸命書いた履歴書や面接での自己PR…どこが悪かったのかは誰も教えてくれず、ただ自分を否定する感情だけが広がってしまったり。そんな気持ちを抱えてしまうと、だんだん友だちとの連絡も取りにくくなってしまい、負のスパイラルに陥ってしまうことも。

大変な就職活動の最中でも前向きでいるためには、まわりの人に頼ることも大事。一人で悩まずに相談を持ちかけたり、同じように就職活動でがんばる仲間と面接練習しあったりすることが、内定を獲るための「カギ」になるんです。

この5つを捨て去れば、あなたはすぐにでも内定を獲ることができるはず。自分が心から満足できる就職活動を送ってみませんか?

btn_recruit_1508912_2

Sponsored by Recruit Holdings Co., Ltd.

学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。ここでは、就活あるある...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
「自己憐憫」とは、いろんなことが上手くいかないときに、ついつい「わたしって何て可哀想なんだろう」と憐れんでしまうこと。経験がありませんか?自己憐憫をしても...
就活がうまくいかないこと、でも諦めないことをLinkedInに投稿したJasmine Pakさん。この投稿がLinkedInのCEOの目に止まり、多くのシ...
最高に楽しく、充実した毎日を積み重ねていきたい。そうは思っていても、実際にどうすればいいのかは、なかなかピンとこないものですよね。そんなあなたに向けて「Y...
仕事を見つけるには、自分を「プロダクト」として売り込まなければなりません。きっと、こういうことをするのが苦手な人もいるはず。だから、どうしても嘘をついてし...
「自分はきちんと評価されていない気がする」と思っていても、なかなか自分から「頑張りました!」とアピールするのは苦手という人も多いでしょう。そもそも日本人は...
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
ただがむしゃらに働いた社会人1、2年目を経て、“いろいろなコト”が見えてくる3年目は、多くの人がこの先の生き方を見直そうとする時期でもあります。転職するの...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
「アシッド・アタック」という言葉を知っていますか?直訳して「酸攻撃」とも呼ばれるこの行為は、硫酸などをかけて顔や身体に重いヤケドを負わせるというもの。DV...
就職・転職活動でもっとも大切なものといえば、やはり面接。失礼なミスはもちろん、準備不足や、実力が発揮できない、なんてことはくれぐれも気をつけたいところ。そ...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
現在、ほとんどの企業が人材採用の際に行っている(対人型の)面接、これを「何の役にも立たず、むしろ最悪の手段」とまで言い切る人物がいます。組織・人事コンサル...
「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anja...
時間が大切だということは誰もが分かっている。けれど、心の底から時間の大切さを分かっていると断言できる人はどれくらいいるだろう?時間の使い方は単なるテクニッ...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
最近何をやってもうまくいかない、マイナス思考がクセになっている、などの悩みがある人はいませんか?永谷研一さんの著書『できたことノート』では、毎日あるメモを...
リビングで猫とまったりしているときがいちばん幸せ。道で見知らぬ猫が寄ってくるなど、好かれやすい体質である。寝るときは羊の代わりに子猫をカウントする。そんな...