ゆとり世代の新入社員との上手な付き合い方

学校に週休二日制が取り入れるなど、いわゆるゆとり教育を受けた、ゆとり世代。他の世代からは、理解しにくい部分もあると言われるゆとり世代との付き合い方が、ここでのテーマです。

この世代はどんな特徴を持っていて、どんなふうにコミュニケーションを取ったらいいのでしょうか。

1.新人は失敗してもいいと教える

Used to look perfect. Handsome young man in formalwear adjusting

ゆとり世代は意外とプライドが高いのが特徴ともされています。

子どものことから失敗をする経験が少なかったために、失敗することが恥で恥ずかしいことだと思っています。ですが、新入社員に失敗はつきもの。ですから、上手に失敗する方法を教えてあげましょう。

2.みんなで一つのことをやることの楽しさを教える

プライベートを大事にするというのも、よく挙げられるゆとり世代の特徴です。また、自己主張が強い世代であるとも言われています。

自分の思った通りにやりたい彼らには、チームで一つのことをする経験が足りていません。一緒に共同作業することの楽しさを教えましょう。

3.彼らの仕事スタイルも認める

_000039499760_Medium

よく指摘されるのが、ゆとり世代のマイペースなところ。彼らは自分のペースで淡々と仕事をこなします。

それはよく考えれば別に困ったことでもなくて、いつまでも一緒に残業している年配世代の方が不健全といえるかもしれません。

ですから、一概に悪いと決めつけずに彼らのやり方も認めてあげるべきです。

4.一方的に怒らない

ゆとり世代との付き合い方で大事なのは、怒らないことです。

親にも怒られたことが少ないゆとり世代ですから、他人である上司などが怒ればすっかり仕事に嫌気がさしてしまいます。

5.婉曲に言わず明確に指示を出す

Discussing presentation

新入社員は多かれ少なかれそうかもしれませんが、指示をあいまいに出されても言われたことをこなすことができません。

とくにゆとり世代は、大人の指示に従って育ってきた世代とされています。あいまいなものを自分で解釈して仕事するということが苦手なのです。

6.褒めて育てる

他の世代に比べて、怒られたことがあまりないとされるゆとり世代。だからこそ、付き合い方で効果があるのは褒めることです。

彼らは褒められた経験はとても豊富です。彼らのいいところは、褒められたら素直に受け止められることですから、褒めればどんどん頑張ってくれます。

7.彼らから積極的に教えてもらう

He's got vision

年長世代がいつも正しいことを言っている訳ではありませんし、ゆとり世代にしかできない新しいこともたくさんあります。

彼らに「それ教えて」と言えば喜んで教えてくれるはずです。IT関係などについて訊ねてみるのもいいでしょう。

8.目先の成果を一つずつ追わせる

ゆとり世代はガツガツしていないところがあります。

仕事もマイペースでやる彼らは、ともすればモチベーションがとても低いまま仕事をこなすことにもなりかねません。

対策としては目先の目標を立ててそれを達成していくプロセスを繰り返すのがいいでしょう

9.一人一人に個別の役割と仕事を与える

I think this is the way to go...

この世代は個人プレーが多いといえます。

ですからこの仕事ならこの人というふうに、新入社員のうちから比較的重要な仕事を与えて責任感を養います。

10.まさにゆとりを持って育てる

ゆとり世代の新入社員は、精神的には幼いところがたくさんあると言われています。

社内で一から育てる覚悟でゆっくり育成していくつもりで接すると余裕が出ます。

自分のペースを大事にして仕事をするゆとり世代との付き合い方としては、彼らの考え方や仕事の仕方を認めてあげることが大切です。その上で会社というところで仕事をするための方法を少しずつ教えていくのがベターです。

2015年時点で、12歳から27歳の人がいわゆるゆとり世代と呼ばれる人たちです。実はこのゆとり世代の新入社員には、ある共通した特徴があります。それはいった...
新年度になり、約1ヶ月。入社当時、あなたに尊敬の眼差しを向け、元気よく挨拶や返事をしてくれていた新入社員…今はどうですか?「あれ、そういえば…」と思い当た...
たいていの体育会系新入社員は、学生時代に理不尽という壁を乗り越えてきている(一部を除いて)。その悲惨な体験はまったくもって無駄じゃない(はず)。例えば、彼...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
なにかと話題の「ゆとり世代」でしたが、続いて「悟り世代」が、そして最近は新たに「つくし世代」という言葉ができたようです。では「つくし世代」とはいったいどう...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
アメリカ社会で、いま危険視されている「Toxic Worker」を知っていますか?直訳すれば“毒性のある社員”、つまりは同僚に悪影響を与える社員のこと。彼...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
毎日同じ時間の通勤電車に揺られ、同じオフィスで、パソコンに向かって仕事をする。私たちの日常として染みついている流れかもしれません。しかし、価値観が多様化し...
会社に縛られながら、苦しんで仕事をする。そんな時代はもう過去のことです。時代の変化とともに、先進的な取り組みをする企業も増えてきました。自分らしくハッピー...
渡邉賢太郎大学卒業後、日本FP協会、認定AFP(=アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)取得。リーマンショックを機に、三菱UFJモルガン・スタ...
人間関係において多くの人が苦手意識を感じるのが「威圧感のある人」ではないでしょうか。上司、先輩、お客様。日常的に関わらざるを得ない「威圧感のある人」にはど...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回から...
年下の彼氏との恋愛は色々と小さなことが気になるものです。「彼は本当に私の年を気にしてないの?」「彼と同年代の子に負けてない?」など、年上彼女としての悩みは...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
世界各国の引っ越し先を検索できるという、海外生活の手助けをしてくれる家探しサイト「Nestpick」から、ミレニアル世代が住みやすい都市ランキングが発表さ...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...