優秀な部下が仕事を辞める「9つの原因」

優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。

そこで役立つのが「TalentSmart」の共同設立者Travis Bradberry氏がまとめたこの記事。あなたの部下、もしかしてこんな状態になってはいませんか…?

01.
上司との一体感が
感じられていない…

_279708119

優秀な部下が仕事を辞める理由の半数以上は、上司との人間関係によるもの。すぐれた企業は、マネージャーに部下に対する接し方を教えます。社員がつらいときや大変なときはそれに共感する。そして、成功や挑戦を祝い、サポートすることもマネージャーの役割なのです。

02.
報酬だけじゃない、
褒められたいし、名誉も欲しい

文句も言わずに懸命に働いていたとしても、彼らは名声を得たいと思っているもの。マネージャーは、彼らの仕事に対する要望や意見などを聞き出すために、話し合う必要があります。

03.
フィードバックがなく
成長を実感できない

At workplace

優秀なマネージャーは、社員の優秀さに関係なく、常に彼らに注意を払い、耳を傾け、フィードバックを与えます。彼らの能力を向上させられるかどうかは、マネージャーにかかっていることを理解しているから。

もし、マネージャーがフィードバックを与えない場合、優秀な社員は退屈だと感じ、刺激を求めて去ってしまうでしょう。

04.
上司が約束を守らず
信頼できない…

部下に約束をし、それを守るか守らないかで彼らの反応は大きく変わってきます。約束を守れば、マネージャーは彼らを管理し成長させ、信頼できる上司だという名誉を得ることができるでしょう。これは上司にとって非常に重要な資質なのです。

もし約束を守らなければ、部下からの信頼を失うでしょう。上司が約束を守れないのに、彼らが約束を守ると思いますか?

05.
“間違った人”が昇進し、
不満が溜まっている

_161349824

優秀で勤勉な社員は、志を同じくする人と仕事がしたいと思っています。そうした社員が周りにいなければ、不満が溜まり辞めてしまうこともあるでしょう。

また、間違った人を昇進させることは最悪。必死に努力しているのに、他の人を昇進させてしまっては、優秀な社員を大きく侮辱してしまいます。

06.
小さな裁量しか
与えられない

才能ある社員は仕事に情熱を注いでいます。彼らにその情熱を追求する機会を与えることは、生産性と仕事の満足度を向上させるために必要なこと。

しかし、多くのマネージャーは、社員に小さな枠の中で仕事をさせたいと思っているもの。彼らの枠が大きくなると、焦点が広がってしまい、生産性が低下すると考えているのです。

07.
負担が大きすぎて
燃え尽きてしまった…

A team of young business people using technology in a meeting

多くの優秀な社員は、過労により、燃え尽きて会社を辞めていきます。よく働くため、マネージャーは度々この罠に陥ってしまうのです。

優秀な社員を過労状況に追い込むことは逆効果。スタンフォード大学の研究によると、労働時間が週55時間以上の社員は、生産性が大幅に低下するのだそう。

優秀な社員の仕事量をどうしても増やす必要がある場合は、その社員に対して特別な報酬を支払う必要があるでしょう。たとえば、昇給や昇進など。それらは仕事量の増加を理解してもらう上で必要なことなのです。

08.
クリエイティブを
発揮できない

才能のある社員は、自分が関わるものすべてを改善しようとします。でも、マネージャーが現状に満足し、才能ある社員の変化や改善能力を取り去ってしまったら、彼らは自分の仕事が嫌になりますよね。彼らのクリエイティブ性を押さえつけることは、結果的にマネージャー自身の未来をも制限することに。

09.
挑戦しがいのある
刺激的な仕事がない

Businessman contemplating

優秀な上司は、まずはじめに部下に挑戦させるもの。これは、自分の力が及ばないことを自覚させるため。普通の目標ではなく、社員をプッシュし、居心地のイイ場所を抜け出させるような目標を設定するのです。

才能や知性がある社員は、自分がしていることがあまりにも簡単で退屈だと感じると、より自分の力を発揮できるような困難な仕事を見つけようとするものだから。

すべてをまとめると…

優秀な社員を抱え続けたいのなら、彼らの扱い方は慎重に検討する必要があります。彼らの才能は豊富な選択肢を生み出すはず。あなたと一緒に仕事をしたいと、相手に思わせる必要があるのです。

Licensed material used with permission by TalentSmart

ABOUT THE AUTHOR:Travis Bradberry, Ph.D.
Dr. Travis Bradberry is the award-winning coauthor of Emotional Intelligence 2.0 and the cofounder ofTalentSmart® the world’s leading provider of emotional intelligence tests and training serving more than 75% of Fortune 500 companies. His bestselling books have been translated into 25 languages and are available in more than 150 countries.

Dr. Bradberry is a LinkedIn Influencer and a regular contributor to Forbes, Inc., Entrepreneur, The World Economic Forum, and The Huffington Post. He has written for, or been covered by, Newsweek,BusinessWeek, Fortune, Fast Company, USA Today, The Wall Street Journal, The Washington Post, andThe Harvard Business Review.

いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。「誰の味方であるべきか」「何を重...
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
これはビジネスに関するコンテンツを多く紹介している「Entrepreneur」にて、起業家のPeter Daisyme氏が記した記事。上司という立場にいる...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
上司の人格次第で、ガラリと変わる職場環境。リーダーシップ論に造詣が深いMarcel Schwantesさんが「Inc.」でまとめているのは、「好かれる上司...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
優秀な人材を見極めなければ!とは言うものの、ぶっちゃけ一緒に働いてみるまでわかりませんというのが本音かも。ハイヤリングに関する様々な方法論を書いた著書もあ...