NYでもLAでもなく、今こそ「スーフォールズ」に行くべき9つの理由

もしかしたら、ほとんどの日本人はその街の名を聞いたことがないかもしれません。しかし、『Forbes』や『TIME』が発表しているランキングでは、アメリカでもっとも住みやすい場所として何度もランクインするほど、魅力が詰まっているそうなんです。

「目立たない、地味な田舎」

アメリカ国民の大多数がそんなイメージを持っているらしい、サウスダコタ州・スーフォールズを訪れるべきワケを「Matador Network」から紹介しましょう。

01.
アメリカ最高のサイクリングロードがある

4b6a4833f5ac97ea8bf6d3b787b61ca654d3b0b5

最近、『Fodor's Travel Guides』は、「ビッグスーリバー レクリエーション トレイル&グリーンウェイ」をアメリカ最高のスポットの1つだと言及しました。スタート地点は滝であり、都市部と農村部を取り囲むように、ビッグスー川に沿った道が26マイル(約41km)も続いています。

この場所は、サイクリングロードと認識されているかもしれませんが、ウォーキングやランニングをして楽しむ人々もたくさん。普通の旅では出くわすことのないスーフォールズの一面を発見するには最高の場所かもしれません。

02.
街の名前の由来にもなった、美しすぎる公園もある

F55e1b02b5bd9fb6be2af0678b19e53c38cf8652

自然豊かな観光スポット「フォールズパーク」は、 非常に美しく、街の名前の由来となった公園。流れ落ちる水は「豪快」のひとことで、プロポーズのスポットとしても人気です

5階建ての展望タワーからは公園全体を一望可能。135年前に建てられたスーフォールズ最古の建物「クイーンビーミル」の廃墟も眺められます。

クリスマスシーズンには、園内の建物や大半の木々が数千個のライトで飾られる「ウィンターワンダーランド」も開催。夏は、スーフォールズの古い電力会社の建物内にあるオーバールックカフェで、アイスクリームサンドイッチをどうぞ。

03.
さらには、アメリカでNo.2のパティスリーも!

あなたはこんな言葉を聞いて育ったはずです。

「もし本場のパティスリーを求めているなら、サウスダコタに行きなさい」

え、聞いたことがない?しかし、人気TV番組「Top Chef」で活躍するChris Hanmerは、それを実現すべく活動しています。

彼が経営する、ヨーロッパの影響を受けたスイーツのお店「CH パティスリー」では、2013年から最高のマカロンやキャラメルブリオッシュなど、高級スイーツを販売中。味だけではなく、その鮮明な色使いも高い評価を受けており、人々の美的感覚をくすぐります。ネオンカラーのマカロンは意外に思えるかもしれませんが、『The Daily Meal』のアメリカ最高のフレンチベーカリートップ10で、ニューヨークのお店に挟まれる形で第2位にランクインしたほど。

04.
「最高の日焼け」が待っている

ワイルドウォーターウエストは太陽の下で行う、ほぼすべてのアクティビティを提供。多くの人が「最高の日焼け」を体験できる場所になっています。

さらに、あなたのエネルギーが有り余っているなら、どんなに元気な人もヘトヘトにさせる、スリリングなウォータースライダーに挑戦を。一方、のんびりしたアクティビティを探しているなら、レイジーリバーがオススメ。チューブにつかまりながら流れに身をゆだね、ストレスを忘れてください。

05.
ヨーロッパ気分だって味わえる!

039db5eae609af640f6790ac0425b7aef67e79e3

1919年に完成したセントジョセフ大聖堂は、100年間近くスーフォールズの街を見守りつづけており、間違いなく州内でもっとも美しい建物のひとつ。1947年製のオルガンや、高天井とステンドグラスの窓は数十年にわたって維持されています。アメリカの中で、あえてヨーロッパ風を味わうのもいいのでは?

06.
家族全員で楽しめる 「ワシントンパビリオン」がある

家族全員で楽しみたいなら、スーフォールズの中心にある「ワシントンパビリオン」へ。ここには、アートギャラリーやアクティビティを備えた「カーヴィ サイエンス ディスカバリー センター など、あらゆるアトラクションが完備されています。

さらに、ワシントンパビリオンは、「サウスダコタ シンフォニー オーケストラ」のホームでもあります。この1ヵ所で、丸一日楽しめるでしょう。

07.
この場所ならではのアウトドア体験が可能

サウスダコタを訪れる多くの人は、「グレートプレーンズ」での体験を求めています。そのため、SDGFP (サウスダコタ州狩猟漁猟公園管理局)はスーフォールズのアウトドアキャンパスで、無料のイベントと教育プログラムを提供しています。たとえば、釣りのレッスンやバードウォッチング、自然学習プログラムが受講可能。

たとえそれらを受けなくとも、ちょっと立ち寄って休憩するだけでも、訪れる価値は十分。ビッグスー川沿いの眺め、小道のハイキングなど、贅沢な時間を過ごせるでしょう。ここサウスダコタは、カワウソ、モモンガ、フクロウの生息地なのです。

08.
エネルギッシュなミュージックシーンを目の当たりにできる

現在、スーフォールズはちょっとした音楽の復興期にあります。いくつかの新しい音楽施設が誕生しており、最近完成した「デニー サンフォード プレミア センター」には、ポール・マッカートニーを招待したばかり。一方、「ザ ディストリクトでは、まだ有名ではない多くの若手ミュージシャンが曲を披露しており、薪で焼いたステーキを味わいながら、演奏を楽しめます。

もしユニークな体験を求めているなら、「ホワイトウォールセッションズ 」へ。5ドルの当日券を購入すれば、レコーディング中のミュージシャンの様子を、少人数の落ち着いた空間で観覧できますよ。

09.
大人気の音楽フェスが開催される

Bf6889b6ee62cd3a556a0b6c509a30b96aa29cd4

この年に1回のスーフォールズの祭典「25th Annual JazzFest」は、3日間のアウトドアミュージックイベント。しかも、入場料は無料!7月中旬に「ヤンクトン トレイル パーク」で開催され、ラテン、レゲエ、ファンクなど、ジャズ以外の音楽も楽しめます。

Licensed material used with permission by Sioux Falls
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバー...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、も...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
どこを旅行するにも、ガイドブックではなかなか触れられないローカルの視点があると嬉しいもの。過大評価されているレストランも、じつは評判ほどのものではないのか...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...