一日旅客機の「離発着」を1枚のパノラマ写真に閉じ込めてみた

世界の主要空港の間近で、旅客機の離着陸をひたすら撮りつづけた、プロのフォトグラファーがいる。航空ファンに混じって、ただ望遠レンズをじっと構える彼。

でも、お目当の機体がある訳じゃない。降りてきたり飛んでいく無数の旅客機をデザインに落とし込むのが、彼のアートワークだ。

もしも、旅客機が
いっせいに離陸したなら

Medium ccb64265212862cf596c4737f74440eefb1558c6

もちろん、そこはPhotoshopによる合成。だけど、定点からシャッターを切り続け、一枚のパノラマの中にはめ込んでいく。群れをなして飛ぶ鳥のように、同じ方角へ向かって、一斉に旅客機が舞う、降りる。こんな広告をだいぶ昔に、なんだか見た気もする。

写真の中の旅客機のカラーリングやデザインに注目すると、それぞれどこの飛行場かのイメージがつくはずだ。

余談だが、このプロジェクトのために費やした時間、およそ93日間。25回のフライトで、74,545マイルを獲得したらしい。

Medium 7223aa6ed85269b4d65470ca144488e94b15e5a4Medium b76a426379321dc30c84a73e18830cb1fcb100feMedium 6ce4407146ecda363fe362c00d6515e9d512df73Medium 79cd1df3d67d57b9d3e195dcf595e9559c1ea7c2Medium 615b9e978e10766b7018efc7c9133cccf47f8d02Medium d1888064a8edaf0361606a100d96ece96a047a6dMedium 4775218e3ccf09bc65fbced530600abfffc81bf6Medium 89f33a79233876f22e409024f64f84282d256104Medium 68e81e6932d8e0da5bc856b427dd9228ea4515ceMedium ca4f563a2821ded1fa5d8c530941b10b1a099571Medium d0d7dad84b2381598b1d3c17cbac01c2324080e7Medium bc0135ff47d974a869b645e380ced01f6f4b27ca

羽田空港は
船の上から撮影

Medium 85bed3a4fe031bd1668beee98f60829e446a15d669eaf93873aa7865779a2e0d824ce57b9b27e23c

こちらは東京の玄関口、羽田空港の様子。向こうに雪をかぶった富士山が見える。どうやら撮影は揺れる船の上から行っていたようだ。

じつは、このフォトグラファーMike Kelley、本当はプロのスノーボーダーを目指していそうたが、度重なるケガに夢を諦めざるを得なかった。ボードを置き、カメラに持ち替えたMikeのフットワークは、雪山にいるときと変わることなく軽やかだった。

ところでMikeの作品、気に入ればどれも公式ページから買うこともできる(約10万円ほど)。

国から国へ、それもほとんど空港のまわりだけ。そんな弾丸ツアーと撮影の様子はこちらの動画でチェック!

Licensed material used with permission by Mike Kelley
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
Steinway(スタインウェイ)のグランドピアノができあがるまでの工程を捉えた写真作品を紹介します。ピアノに携わる多くの職人たちにも焦点を当てたこの作品...
今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクショ...
カナダ・モントリオールで活動するフォトグラファー・Mikaël Theimerさんの被写体は、街中でみかけたキスやハグ。どれも見ているだけで心が暖まる。彼...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
英・王立気象学会と王立写真協会によって開催された「Weather Photographer of the Year」で、2016年の受賞者が発表された。人...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
ここは、カナダ北西部にあるパングナータングという場所。いわゆる北極圏ギリギリのところで撮影された一枚です。カナダのフォトグラファー、マイケル・デイヴィス氏...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
モントリオールで活動するフォトグラファー、Mikaël Theimerの一番大好きな被写体は、恋人のMarion Munezさん。写真を撮られるのが大っ嫌...
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...