最初にできた最高の友人が「ママ」である21の理由

反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?でも20代になって、社会人として一人で暮らすことで、ようやくお母さんの偉大さを感じ始めることも多いはず。

ここでは、女性ライターLaura Argintarさんが「Elite Daily」に寄稿した「あなたにとって最初の、そして最高の友だちがママである21の理由」を紹介します。読み終わった頃にはきっと、お母さんに会いたくなっていることでしょう。

Medium 48677c792c383594895fa75c3fdfb86f4dd3f07d

生まれてから今に至るまで、あなたが幸せになれるように全力を注いできた人物。それが、あなたの「ママ」。あなたが小さい頃、ベビーシッターが来た時や、幼稚園に行く時、泣きわめいてママのそばを決して離れようとしなかった事実が示すように、ママは、あなたの最初にして最高の友人。

あなたを喜ばせるためにたくさんオモチャで遊んでくれたし、毎日学校まで迎えに来てくれた。今だって、あなたに関する話ならどんなに些細なことでも聞きたがるはず。

あなたを育て、守ることが喜び。それこそ「無償の愛」なの。

何の見返りも求めずに率先してあなたの面倒を見てくれる人なんて、ママ以外にいる?

01.
いつでも味方

小学生の頃、図工の授業であなたが作った奇抜な作品。ママだけはちゃんと評価してくれた。今だって、もしもあなたが職場で嫌な思いをしていたら、「上司と話し合ってあげるわ」って言い出しかねない。

あなたのためなら誰とでも戦うその強さは、想像以上なんだから。

02.
あなたのことをいつも気にかけている

「今日の晩ご飯は何が食べたい?」って聞かれても、そんな先のこと考えられないわよね。でも、ママはいつだって、あなたのことを想ってるの。

03.
笑顔のためなら苦手なことも我慢

ママにとってディズニーランドは頭が痛くなるくらい苦手な場所。だって、1日中ランドの中を歩き回るだけでも疲れるのに、「どちらかなんて選べない!両方がいい!」なんて駄々をこねられたら精神的にも疲れちゃう。

それでもあなたと楽しい時間を分かち合いたいから、そんな素振りは見せないの。そんなママのお気に入りは、あなたと初めて一緒に観たディズニー映画だったり。

04.
いちいち心配してくれるのはママだけ

「傘は持った?」「ティッシュはいらないの?」「ご飯ちゃんと食べた?」なんて、ことあるごとに確認してくるママ。あなたの体が健康で、幸せでいられるか。それだけがいつも気がかりで、ついつい過剰に心配しちゃうの。

ママがいてくれなかったら、きっとあなたはずっと同じソックスを履いていただろうし、湿気ったシリアルを食べていたかも…。

05.
すべてを理解しようとしてくれる

Medium c4049e35323aa9734898d1e0a2b25906c1624551

どんなに頑張っても、あなたたちみたいに若い世代の流行や考え方に追いつけるものじゃない。だから、なかなか会話がかみ合わなくても、呆れないでいてあげて。

必死に説明しているのに、古風なママに思わずため息…、なんてこともあるかもしれない。完璧には理解してくれないかもしれないけど、あなたの幸せを考えて、最高のアドバイスをしようと努力していることを分かってあげて。

06.
ママは最高の飲み友だち

ママの酔っぱらった姿を見るのって、なんか嬉しい。子どもの大学卒業を見届ける親って、これ以上ないくらいに誇らしくなるらしいんだけど、たぶんその気持ちに似ているのかもね。

気分よさそうにはしゃいだり、今まで知らなかった家族の秘密を話してくれたり。楽しいのはもちろんだけど、意外と同じことに興味を持っていたりとか、新しい発見があるのも面白いかも。

07.
あなたの言うことを信じてくれる

家に届いた高級デパートの請求書。問い詰められたあなたが「やだなー。ママが私に早めの誕生日プレゼントを買ってくれたんでしょ?」なんて言い訳しても、信じてくれるママ。本当に優しいの。

08.
見返りを求めない

Medium 00c762ea2968c331604320a9c367625e3931bdb6

ママが見返りを求めているとしたら、あなたを近所に自慢したいってことくらい。昔からママが「宿題、宿題」って口うるさく言ってきたのも、立派な大人になってほしいと思ったから。あなたの成功をいつも願っているのよ。

09.
ママにとっては"特別な存在"

あなたの愚痴を何時間も聞いてくれたり、週末しか帰ってこないあなたのために好きな食べ物を用意してくれたり、洗濯物をお願いすれば喜んでアイロンまでかけてくれるママ。わかりきって胃るかもしれないけど、彼女がずっと言い続けてるこのコトバは本当なの。

「あなたは昔から、ママの一番大切な存在よ」

10.
あなたがどう見られるか心配してくれている

タトゥーや眉ピアスみたいな奇抜なファッションをしないように口うるさく言われたこともあるはず。当時のあなたは無視したかもしれないけど、今ならママの言っていた意味がわかるでしょう?

11.
自分より、あなたの誕生日が一番

あなたの誕生日は、ママにとって人生最高の瞬間。だから、絶対に忘れない。自分の誕生日よりも盛大にお祝いしてくれるのって、そのせいかもね。

12.
なんだかセンスが似てきた

Medium 1373c1aac1cea3feee8b97e074b8f839c9a22702

あなたがはじめてファッションのお手本にしたのはママ。だって、はじめて目にしたクローゼットってママのでしょう?

少なくともセンスは彼女に影響を受けているはず。洋服だけじゃなくて日用品も、何かとあなた好みのモノを買ってきてくれたり。

13.
困ったとき一番に駆けつけてくれる

最初に助けを求めたのがママだっただけかもしれないけど、それでもあなたのそばにいてくれるのは、いつだってママ。

14.
あなたのことなら何でも知っている

恥ずかしい失敗をしたり、看病が必要なくらいひどい病気になったり。どんな自分もママになら見せられるし、彼女も受け止めてくれるはず。

いろんな経験をしてきたママを見ていると、まるで世界のことを何でも理解しているみたいに思えるわ。

15.
おいしいものは何でもシェア

特別な日じゃなくても、ママはあなたのためにできる限りのことをしてあげたいと思っているの。もしかしたら食べきれないだけかもしれないけどね。

16.
些細なことでも向き合ってくれる

Medium 6e5708c724587cf1a69bd4db41bc321cd2ad5457

あなたの悩んでることなら、なんでも寛大な心で受け止めてくれる。ちゃんと理解して、あなたの人生が良い方向へ進むように、本当に親身に相談に乗ってくれるのはママだけ。

たまに厳しいことを言われたとしても、それは愛のムチだと思って!

17.
家の外でパジャマを着ても怒らない

ただし、「そのパジャマのままベッドに入るのはやめてね」と念を押してくるけど。

18.
悪い知らせも察してくれる

ママはまるで探偵。あなたが「大丈夫」って言い続けても、彼女だけはお見通し。だから、八つ当たりしたとしても、それを察してあなたの話を最後まで聞いてくれる。

19.
自分よりも生き方がカッコイイ

あなたがどんなに最高の人生を送っているとしても、ママには敵わない。たとえば最高に盛り上がったビヨンセのコンサート。ウッドストックの芝生でジャズを思い切り楽しんだママにはとうてい及ばない話かも。

でも、その素晴らしい感性はママから受け継いだもの。それだけは忘れないで。

20.
あなたの自慢話を聞くのが好き

Medium 8e6c327218b0b734b714a0176002b6691e20f770

大げさに盛られたあなたの自慢話を家族で聞くのが大好き。だから、あとで文句なんて言ったりしないの。ちょっとした日常会話も興味を持ってくれるから、ついつい話したくなるのも無理ないわ。

21.
あなたの遺伝子の半分はママ

半分はママの遺伝子でできているんだもの、見た目も性格も考え方も、どんどん似てくるのは当然。それに彼女はあなたを立派に育てようといつも近くにいてくれるから、知らないうちに影響されてるのかもね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「母親とその子供は、他にはない関係にある。両者の絆ほど強いものは、この世界のどこにもなく、その愛ほど瞬間的で慈悲深いものは、他に1つも存在しない」― ゲイ...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
雲の流れが速く「一日に一度は雨が降る」といわれるロンドン。雨に慣れっこな人々は、いちいち傘を持ち歩かなくたって、しばらく待てばすぐに雨が止む。こう考えてい...
彼氏ができてハッピー!…だけど、この関係が続いたら、ゆくゆくは待ち受けている彼ママとのご対面。できれば仲良くしたいけど、もしも気に入ってもらえなかったら…...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
2015年6月7日、オーストラリア、ブリスベンの道路でコアラの親子が交通事故にあいました。すぐにオーストラリア動物園にある、ワイルドライフ動物病院に搬送さ...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
10代の頃、親の話をきちんと聞かなかった経験は誰にでもあると思います。夢見がちで、両親の話が退屈に聞こえていたのかもしれません。でも20代になって人生経験...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
ミステリアスなちょっと悪い男性。なぜか惹かれてしまう、という人も多いかもしれませんが、ときめくのは最初だけ。長く付き合っていくことを考えるなら、思い切って...
「恋人に母性を求めてしまう」なんて話はよく聞きますが、誰にとっても「お母さん」は特別な存在。いつもそばにいてくれて、誰よりも理解してくれて、なんでも受け入...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
12月23日から1月20日の間に生まれたやぎ座の人たち。どうやら彼らには、あるポジティブな“共通点”があるのだそう。ライターJourney Diller氏...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
子を持つ母親には、本当に頭が上がりません。そう思わずにはいられない動画を「Jukin Media」よりご紹介。再生後に現れるのは、生後8ヶ月の3つ子と2歳...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...