「いい男の優しさ」とはどういうものか

よく「優しい男がいい」という女性がいますが、「優しいだけの男」は決してそれには当てはまりません。ただ、ここで紹介する「いい男」は、総じて本当の優しさを合わせ持っているのです。

永松茂久さんの著書『いい男論 本物と呼ばれる人は、何を大切にしているのか?』には、そのヒントがまとまっていたので見てみましょう。

01.
人の痛みを知る男

5ab1ba5709486a3e173d2d9c25edbf44f76ebc3a

「いい男」は自分より立場が下の人を大切にできます。たとえば仕事でも協力企業の担当者に横柄に接することなどは決してないし、食事にいっても決して店員さんに偉ぶる態度は取りません。

また、自分を慕ってくれる後輩や部下に何かトラブルがあれば、真っ先に駆けつけることができます。しかし、これを「たまに」ではなく「いつも」実践できる男は本当に少ないのです。なぜなら、この習慣を身につけるために必要なのは「頭」ではなく「心」だからです。

人を大切にする行為に不可欠なのは、相手の気持ちを察すること。具体的にいえば、人の痛みがわかるかどうかです。そこを知らずに、相手の立場になって考えることなどできるわけがありません。

「いい男」は自分の経験を通して、人の痛み、悲しみ、切なさを知っています。だからこそ、人に優しくできるのです。

02.
躊躇せず行動する男

助けてくれた人に感謝はしていても、それを言葉や行動に表さない男、先輩にお酒をおごってもらったのに、お礼のメールのひとつも送れない男、電車で高齢者に席を譲れない男。

そういう人たちは「いい男」と呼べるでしょうか?

相手に感謝の気持ちを伝えたり、高齢者を敬ったり、弱い人を守ったりすることに躊躇する必要などありません。気持ちを口にしたり、行動で示すのは愛です。「いい男」はそこに手を抜きません。

「いい男」は相手のためだと思ったら、自分が悪役になることを恐れずに厳しいこともズバズバ言うことができます。後輩の至らないところが目に余ったら、心の中で「こいつは使えないかな」とクールに済ますのではなく、憎まれ役になることを承知でアドバイスができるのです。

「いい男」はあれこれ考えずに、さっさと相手を助けるための行動を起こします。そこに、いちいちもっともらしい理屈など必要としないのです。

03.
義を貫く男

B9123629cfd9d84a243bdacdd2608693bd89e4f8

浅田次郎氏の『壬生義士伝』という本があります。「義とは何か」「誇りとは何か」そして「愛とは何か」を幾重にも考えさせられる、非常に深い話です。

この作品の主人公は家族を養うために、やむなく盛岡藩を脱藩した吉村貫一郎。剣の達人だった吉村は新撰組に入り、金のためにどんどん人を斬ります。みな武士としての誇りに生きていた時代に、そんな吉村は守銭奴と蔑まれましたが、彼にとって一番大切なものは、自分自身の武士としてのあり方ではなく、愛するものを守ること、自分の家族が餓死しないよう、お金を送り続けること。それが彼の義であり、誇りだったのです。

自分を捨て去る、我慢力。これは今の自分にあるのか?大切な人を守るために、ここまで自分を土台にすることができるのか?

「いい男」はどんな状況でも、周りの価値観に合わせたものではなく、自分の中で一番大切だと信じた義や誇りを守ります。

男性でも女性でも「いい男」には憧れます。見た目がかっこいい男、気遣いができる男、仕事ができる男、生き様がかっこいい男ーー。「いい男」にもいろいろありますが...
ひと言で「いい男」と言っても、その捉え方は様々です。映画やドラマに出てくる男性像をイメージするかもしれませんし、父親や上司など身近な人を思い浮かべる人もい...
覚悟が決まった男は同性にも異性にも好かれる傾向にあります。それでは、一体「覚悟ができている男」とは、どういう存在か。仕事、人生における大きな決断、などさま...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
「いい人」という表現は、ポジティブな文脈で使われることが多いですよね。もちろん、「いい男」もしかりです。でも、両者の行動の裏側には驚きの違いがある。そんな...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。どちらかと言えば「けなしている」に近い表現なのかも...
「mindbodygreen」が選ぶ、“愛の伝道師100人”に選出された結婚セラピストShelly Bullard氏。恋愛の切り口も独特。例えばこの表現、...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
周りのこともしっかり見えていて、フォローしてくれる存在。誰にでも公平に接してくれて優しいはずなのに、どうしてもいい人止まりで終わってしまう男性って、あなた...
「良い人であること」なんて、最低条件にすぎない。決定要因となるのは、その他にどんな魅力があるか。魅力的かつ、優しい男性を見つける選択をできるってことを忘れ...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
あなたのことを否定しない、優しい彼。もしかして最高のパートナー?と思っていたら、まだちょっと気が早いかも。彼の優しさは、果たして本物なのでしょうか。それを...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
マメな男としつこい男の見分け方というのは簡単なようで実は難しい問題です。しかし、マメで素敵だと思う男性としつこくて嫌だと思う男性は確実に分かれて存在してい...
ヒモ男が持つ特徴に母性本能がくすぐられて、いつのまにか貢いでしまう女性も。好きな男性に尽くすことで、男性が女性を幸せにすることは何の問題もありません。が、...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...