付き合うなら「いい人」よりも「いい男」。その決定的な8つの差って?

「いい人」という表現は、ポジティブな文脈で使われることが多いですよね。もちろん、「いい男」もしかりです。

でも、両者の行動の裏側には驚きの違いがある。そんな「Elite Daily」の記事を紹介します。 Paul Hudson氏が世の男性を代表して告白した真実は、女性必見の内容です。

01.
お世辞を「言う」か
「言わない」か
言葉の重みが違う

Young couple having a fun time outdoor. It's sunset time in San Diego, California.

ただのいい人は、あなたの気を引くために、常にあなたが喜ぶようなことを言う。実際に、お世辞は素晴らしい効果を発揮することが多い。お世辞を言える人の大体は世渡り上手だ。

一方でいい男は、世渡り上手になるためだからといって、自分が思っていないことを言ったりはしない。もし、あなたのことを美しい、愛してると言ったら、それは彼が心から思ったこと。あなたに伝えたいと思ったから口に出したのだ。

02.
気をつけて!
約束を「守る」か
「守らない」か

いい人は女性が約束事を作りたがるのを知っている。だから、たとえ守れなさそうな約束でも簡単に口約束をする。守れなかったときは立派な言い訳を並べるので、ついついそれに乗せられて彼を許してしまうはず。彼らにとっては得なことばかりだが、あなたは損をする一方。

いい男は、そもそも守れると思う約束しかしない。彼らは誓った約束を破って女性をガッカリさせるくらいなら、初めの段階でできないことを伝えたほうがいい、とわかっているから。

03.
利益を期待するのは同じ
ただし…

ドイツの哲学者、イマヌエル・カントの言葉を借りると「人間の個性は素晴らしいもので、それを自分の個性のために利用するべきではない」。

いい人は見返りがあると分かっているから、ただあなたに優しくする。彼らは自分が求めているもののために、あなたを利用しているだけ。

いい男も、他の男と同様に利益を得られるから優しくする。でもそれは自分自身の得のためではない。彼らは心からあなたの人生をより良いものにし、喜ばせたいと思っている。

04.
「有言実行」か「口だけ」か

shutterstock_174846092_R

いい人はいつも「これから先は全てがうまくいくから大丈夫」と、あなたを安心させようとする。でも、問題はそれらの言葉が空っぽだということ。彼は心ではそう思っているのかもしれないが、変えようとする努力は一切しない。

一方で、いい男もこの先のより良い生活を約束する。しかし、彼らは実際に変えようと努力する。明らかに不可能なことを約束することは絶対にない。

彼らはあなたのことを愛しているし、あなたのことをガッカリさせたくないと思っている。どんなことでも控えめな約束をしておいて、結果的にその約束以上のことを達成することができたら、あなたにとって嬉しいサプライズになることを知っているのだ。

05.
必要な時に
近くに「いる」か
「いない」か

いい人はあなたが必要としてない時は側にいるくせに、いざ必要なときになると、近くにいない。彼らは自分の都合のいいときだけあなたのそばにいて、何か不都合があるときや機嫌が悪いときは連絡がつかなくなる。

いい男はあなたが必要としているとき、必ずそばにいてくれる。さらに都合が悪いときでも…。なぜなら、それは彼らにとって不都合なことではないから。自分のことよりもあなたの幸せを気にかけてくれる。

06.
自分を「装う」か
「装わない」か

shutterstock_156532868 (1)_R

いい人はみんなに気に入られようと、つねに仮面をかぶっている。彼らは、ゆくゆく頼る日が来るかもしれないことを見越して、とりあえず誰にでもいい顔をする。

いい男は、必ずしも親しみやすいわけではない。それは彼らが誰とでも友達になろうとしている訳ではないから。でも、自分の友達や恋人のことは、とても大切にする。

07.
「強がるけど本当は弱い」か
「自分に自信がある」か

いい人は上手く人生を渡っていくために、人に優しくする。そうすれば相手が安心することを分かっているから。

いい男は人に好かれる必要性を感じない。彼らは自分が優しくて、いい人間であることを理解しているから、たとえ世間に嫌われようと、まったく気にしない。

08.
愛を「言葉にする」か
「しない」か

Loving Boy and Girl at Dusk

いい人は最もらしい大きな嘘をあなたに信じさせる。彼らは自分があなたのことを本当に愛していると思わせるのだ。もしくは、自分自身でも信じ込んでいるのかもしれない。でも、何か困難があったときには真っ先に逃げる。

いい男があなたを愛している理由は、もっと深い。もし彼がいい男で深い愛情を感じるのなら、たとえ彼が言葉にしなくとも心配する必要はない。

彼は言葉を使わずとも、あなたのことを世界で最も素晴らしい女性のように扱ってくれるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily

「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
「mindbodygreen」が選ぶ、“愛の伝道師100人”に選出された結婚セラピストShelly Bullard氏。恋愛の切り口も独特。例えばこの表現、...
「わかっているつもりだったのに、まったく相手のことを理解できていなかった…」なんて経験、ありませんか?恋愛で失敗する原因は、あなたが異性のことを知らなすぎ...
「Elite Daily」で、絶対一緒になってはいけない人を判断できる、9つのサインを紹介していました。そもそもこんな男とは付き合わないでしょう!というよ...
周りのこともしっかり見えていて、フォローしてくれる存在。誰にでも公平に接してくれて優しいはずなのに、どうしてもいい人止まりで終わってしまう男性って、あなた...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
彼氏にいつのまにか浮気されていた、真剣に付き合っていたつもりだったのに、相手は体が目当てだった…。こんな辛い恋の経験がある人は、次は絶対「一途な男」を見つ...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。どちらかと言えば「けなしている」に近い表現なのかも...
素敵な恋愛がしたい!とは多くの女性が願うことですが、実際それを叶えるのは難しい……。ここでは「Thought Catalog」に掲載された、付き合うべきで...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。もしも、それを見出せずにいるのなら、「Thought Catalog」で紹介された Al...
「Elite Daily」の人気女性ライターLauren Martinさん。等身大の視点で恋愛や人生を考察する記事に共感するファンは多いようですが、「美女...
マメな男としつこい男の見分け方というのは簡単なようで実は難しい問題です。しかし、マメで素敵だと思う男性としつこくて嫌だと思う男性は確実に分かれて存在してい...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
ヒモ男が持つ特徴に母性本能がくすぐられて、いつのまにか貢いでしまう女性も。好きな男性に尽くすことで、男性が女性を幸せにすることは何の問題もありません。が、...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
「女心と秋の空」ということわざもあるほど、移り変わりの早い女性の心を理解することは、男性にとって難解なもの。 でも、男友達の多い女性なら、良い付き合いがで...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...