この「バングル」が、バングラデシュの妊婦を救う

バングラデシュは、妊産婦の死亡率が高い国のひとつ。2015年ユニセフの発表によると、日本の妊産婦死亡率が13,400人に1人なのに対し、バングラディッシュは240人に1人と約56倍です。

その原因のひとつとして「一酸化炭素中毒」があります。とくに農村部では、まだ十分にインフラが整っていないため、家事をする中で発症してしまうんだそう。

そんな現状を打破するための「バングル」が登場しました。

妊婦を救う
エキゾチックな「バングル」

「Coel」と名付けられたバングルは、一見すると普通のアクセサリーのよう。しかし中にスピーカーとLEDが組み込まれた、れっきとしたウェアラブルデバイス。

1d8aaab39fb562c73e5b8e2e93d08be5395c4405

主な機能は、一酸化炭素の濃度が一定量を超えると、音声とLEDでアラートを出してくれる、というもの

バングラデシュの農村部では、現在も煮炊きに、木炭や木材、動物の乾燥したフンなどが使用されていて、換気が不十分な屋内で煮炊きなどをしていると、高濃度の一酸化炭素に長期間さらされ続けてしまうことに。

これが、死産や胎児の先天的な異常を引き起こす原因になってしまうと言います。

B07b4705d0647e317c4fd6a109513cbbd2088fc0

またバングラデシュの地方では、十分な医療や助産婦指導を受けられないという、妊娠や出産についての知識不足も深刻な問題。そこで「Coel」は、栄養指導や生活改善のアドバイスを音声を流したり、定期的に診察を受けるよう促したりする機能も備えました。

最終目標は
女性が主体性を持つこと

開発元の「Grameen Intel Social Business Limited」によると、今回「女性に警告を鳴らす」機能にフォーカスしたのには、狙いがあったそう。

バングラデシュでは、文化的背景として家父長制があり、未だに女性の立場が弱いという問題があります。経済的にも役割的にも男性が主体を握っているこの地域では、女性が主体的にモノを買うことが難しいのです。

5e73e0caa2b9891f98a5c92a411a3194a4590b14

 「だからこそ、女性だけが日常的に身に着けるバングルとして開発したんだ」

と、COOのパペル・ホーク氏。

Coelの広告動画でも、女性自身が買うのではなく、夫が妻への「贈り物」として渡しています。それはやはり、男性が財布を握っているという風潮を無視することができないから。

それでもGrameen社は、このCoelを手にした女性が、自分の身とお腹の赤ちゃんを守るために主体的な行動を促すための一助になれば、と販売を決定しました。

3e0a641434cc24d1346885c95e4bb38ea64e020a

「Coel」は今後バングラデシュを皮切りにインド、ネパールでも販売予定。価格も12~15ドル(1,300円~1,600円)と、一般的なウェアラブル端末と比べてかなり価格を抑えています。

E3b0a0ffd9611bfb6b99002fb8f1bb78c7af1cdd

確かに「どんなにアドバイスやアラートがあったところで、結局は必要な栄養を摂るための食材を買ったり、換気扇を設置したりするお金がないと意味がないのでは」という指摘もあります。

しかし「Coel」を身につけることで、女性たちが自分で自分を気遣うよう意識付けすることはできますし、またこのデバイスの存在自体が、彼女たちの現実を世に知らしめるきっかけにもなりうるのではないでしょうか?

Licensed material used with permission by Grameen Intel Social Business Ltd.
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
日本の夫は、世界一、家事育児をしない。国際社会調査プログラム(ISSP)の調べによると、そんな事実が明らかになったそう。この危惧すべき状況を打破すべく、日...
考えてみれば当然のことですが、ふつう妊婦さんはうつぶせになれませんよね。臨月までお腹はどんどん大きくなっていくので、寝るときは横になっても仰向けになっても...
「緑豊かな大地」は、その国旗からも伝わってくるバングラデシュ(日の丸の白い部分を緑にした国旗をイメージして欲しい)。そんな南アジアの美しい国で、上空からの...
アイルランド憲法が命に危険性がある場合を除いて中絶を禁止していることに対し、女性たちは「妊娠することも中絶することも私たちの人権」というメッセージを伝えて...
妊娠しているとお腹が大きくて生活に不自由したりと大変なことがたくさん。自分の妊婦体験をインスタグラムでクレイティブに表現しているのはMaya Vorder...
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
妊婦はもちろん、パートナーや助産師を含めたその場の雰囲気を撮る、それがバースフォトグラファーだと語るKatieさん。ここでは、たくましい助産師にフォーカス...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
「妊娠中はコーヒーを控えた方がいい」とか「胎児のために食事量は2倍は食べるべき」、こういった話を一度は聞いたことがあるはずです。でも、こうしたことのどこま...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...