6年間、駅で写真を撮り続ける。レンズ越しに見た「愛と悲しみ」

6年間にわたってサンパウロのとある駅で写真を撮り続けたフォトグラファー、Matheus Dacostaさん。この場所でこそ出会える一枚を撮影しようと、カメラを構えて警備員に止められたことは何度もあったそう。それでも彼を突き動かしたのは、人と人とが生み出す「一瞬」を捉えた時に抱いた感情だった。自分も「生きている」ことを強く感じたのだという。

Matheusさんのレンズを通して見るサンパウロには、愛や喪失感などの感情が渦巻いている。まるで地球の反対側で生きている人たちの息遣いが伝わってくるよう。

足を止めると、そこにあるもの。

F08a2b6a296fc05159aa7f812e1906f094a4a43445d909b91f484f6ca7c8b1f672290796097372e53e790e8b8ffcef359251314160a533a6b9d0a0580ba245e95f5f8079e911dd80d133b21e4cbc9bd650a985b06a8ab134810db903d2eff8df773299f20c384f7eedfe57b1da4fb77497b0676fe322736992a2d43b4aaac670580387a19b31eb920d37c9b71a636d340f0644dd33aec30bc32771e41b66a58b

涙を流す人。疲れたように一点をジッと見つめる人。唇を重ねて愛を確かめ合う人。愛する人を待ちわびている人。いろんなドラマがある。

「駅には、出会いやケンカ、人の流れ、再会、別れがある。それらが、まるで川のようにかたちを変えていくのです」ーMatheus Dacosta

Licensed material used with permission by Matheus Dacosta
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
「どうやったらそんな瞬間撮れるの?」という猫写真が満載の、沖 昌之さんによるインスタグラム。家ににゃんこがいて、毎日シャッターチャンスがあってもこうはいき...
赤の他人に自分の「愛する人のフリ」をさせて、写真を撮るフォトグラファーのHemya Moran。刑務所から出所したばかりの男が、拉致した女性に妻を演じさせ...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。その幸せな日常と、最後の1枚で...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!電車を降りると目の...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。「柏倉さんを代表する作品ってどんなものなんですか? いろん...