世界を変えようとする美術家の佇まいは、まるで哲学者のようだ。

2008年、ニューヨークのイースト川に4つの滝をつくった男がいる。彼の名前は、オラファー・エリアソン。このデンマークの現代美術家は、21世紀の現代アートに最も影響をおよぼす1人として知られている。

オラファーの作品は、光や空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、常に鑑賞者の知覚に問いかけながら「体験」を創出するインスタレーションが特徴だ。ここでは、そんな彼の素顔に迫るドキュメンタリー映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』を紹介していこう。

制作費17億円のアート作品

6cde70d22ab3725b4330b1cc035eb7a1d03610f9

55ヵ国、140万人以上が目撃したと報告されている「ザ・ニューヨーク・シティ・ウォーターフォールズ」。高さ最大36mから毎分13万リットルの水が流れる滝は、オラファーのパブリックアートでも最大規模だそうだ。

「ニューヨークという巨大な空間に見合う作品を作りたい」という意志のもと、2年もの歳月をかけて制作されたらしい。じつに制作費は約17億円、その経済効果は75億円以上とも言われている。

人は世界を変えることができる

828881b4ee893dae89ba6cdcbb553548fd409079

本作品は、メインとしてニューヨークの滝プロジェクトを取り上げているが、オラファーの哲学、生き方、そして、世界中を飛び回るプライベートな姿なども収録されている。

9315cf78a5811f2b92a5d94bf836b4c62990983a

日本にほぼ文献がないとされるオラファーの芸術論に触れるだけでも、観る価値はあると言える。

「アートは世界を変える一つの手段であり、人は世界を変えることができる」という言葉をはじめとして、随所に散りばめられた芸術論や理論はとてもユニーク。アーティスト自らの言葉を使って観客に語りかけるスタイルに、いつの間にかのめり込んでしまうことだろう。

『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』
2017年8月5日(土)よりアップリンクほか全国劇場ロードショー。公式サイトはコチラ

© Jacob Jørgensen, JJFilm, Denmark

Licensed material used with permission by オラファー・エリアソン 視覚と知覚
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
あなたは「哲学」と聞いてどんなイメージを浮かべますか?堅苦しくて、役に立たない、頭の良い人たちが勉強しているもの…様々な意見があると思いますが、共通して言...
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
「子供だから」できないこともあれば、「子供だから」できることも。10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くんは、持ち前の行動力で出版社に直接「本を出したい!」...