アルコールと砂糖を1ヶ月断った男性に起こった身体の変化(実験動画)

健康維持のため控えるべきものの代表例といえば、アルコールと砂糖。では、その両方を1ヶ月間断つと、人間の身体にはどんな変化が現れるのか?

体当たりでこの実験に挑んだオランダ人青年のSachaさん。“糖分ゼロ生活”が彼をどう変えていったのか。その一部始終を収めた動画を紹介します。

まずはメディカルチェックと
食品の選別からスタート!

スクリーンショット 2015-10-09 21.06.58

Sachaさんは1ヶ月の間、砂糖はもちろん人口甘味料も、加工食品も、さらにはアルコールも一切口にしないことを友人に公言。極限まで自然に近いヘルシーな食生活を実践することにしました。

まずは実験開始前に、スポーツセンターで専門家によるメディカルチェックを受けます。運動能力、血圧、心肺機能、心電図、そして血液の健康状態を検査。中肉中背の健康的な20代という診断結果が出ました。

スクリーンショット 2015-10-09 21.13.58

次は食事です。スーパーマーケットで売られている食料品から、口にできるもの、できないものを選別していきました。例えば、市販のアイスティー(加糖)には、およそ角砂糖10個分が。トマトスープにも、サテーソースにも。そう、ほとんどの食品には、なんらかの形で糖分が加えられていることに、改めて気づいたSachaさん。

スクリーンショット 2015-10-10 10.46.58

こうして、食品を選別した彼は、野菜、果物、卵、無糖ヨーグルトを中心にした献立を選択。いざ、ヘルシー生活をはじめました。

ところが、数日もしないうちに、ある数値だけが異常に高くなってきたことに気付きます。コレステロール値だけ、他の値に比べて上がってきたのです。でもいったいなぜ? まだ4日目だというのに、「何だか先が思いやられる」とグチをこぼす始末。まさか、早々にチャレンジは断念?

イライラの原因は
糖分不足だった!

スクリーンショット 2015-10-10 9.35.13

ファストフードに炭酸飲料、誘惑は街のいたるところに。必死に我慢を続けるSachaさんですが、カメラの前では本音もチラリ。

「こんなにも過酷なチャレンジだと考えてもいなかったよ。あんまり気分が良くないんだ。どんどん怒りっぽくなっていて、周りの人に迷惑がかかっている気がするんだよね」

スクリーンショット 2015-10-10 9.54.53

デート中ももちろん水だけ。一方Sachaさんの彼女はビールにポップコーン。これは、キツイ……。

「甘いモノが食べたい…」
ゾーンを抜けるまでが大変

スクリーンショット 2015-10-10 9.40.53

チャレンジ中盤、Sachaさんは砂糖やアルコールを抜いた食習慣がどう、人間の身体に影響を及ぼすのかを栄養学の観点から探るため、栄養士のMarlou Bosma氏の元を訪れます。彼女は砂糖不足の影響をこう伝えました。

「糖分を取らなくなると、身体が無意識のうちに欲してたまらなくなるの。血糖値は上昇し、それを下げようとインスリンがどんどん働きます。すると、身体はもっともっと甘いものを欲する。この悪循環が生まれるのです」

さらには、砂糖もアルコールもビタミンを求め、それにより身体はどんどん脱水状態になり疲れやすくなる、と Bosma氏。ただし、これもつかの間で、次第に糖分やアルコール、加工食品を受け付けない身体へとフィットしていくんだそう。

スクリーンショット 2015-10-10 10.42.22

人間は結局、何を食べて生きることが大切なのか? Sachaさんの質問に専門家は、野菜、果物、食物繊維の多いパン、不飽和脂肪の食物を例にあげました。なかでも、不飽和脂肪は「健康的な身体づくりには欠かせない」とBosma氏。代表的な食材にオリーブオイル、イワシやさんま、サバなどに代表される青魚、ナッツ類など。さらには、ほどほどのお酒もOKだとか。

つまり、スナックもワインも食べることは問題なく、要するにバランスが取れているか否か、その重要性をSachaさんに説きました。

「甘いものを欲しくなくなった」
そして1ヶ月後…
数字が示す身体の変化

スクリーンショット 2015-10-10 11.12.08

チャレンジ終盤の25日目、すでに甘いものを身体が欲しなくなったと語るSachaさん。早起きも苦ではなくなり、朝から力がみなぎるようになった。それが、最も自分の身体に起きた大きな変化だと感じているようです。

スクリーンショット 2015-10-10 10.28.34

こうして1ヶ月後、再びスポーツセンターを訪れた彼の身体は、どのような変化を見せていたのでしょう?結果がこちら。ひと月前(VOOR)に比べ、81キロあった体重は77.4キロに減少。血圧は135から125へ。コレステロール値も8%減少し、血糖値もかなり低くなったことがわかります。

スクリーンショット 2015-10-10 10.40.11

最後にSachaさんは、この1ヶ月間を振り返り、最初こそキツかったものの、次第に「甘いものが食べたい!」という欲求も消え去り、体調はすこぶる良かったと語ります。「じゃあ、このまま続ける?」の質問に、「いまは、チョコバーとビールで自分を祝いたい」と正直な気持ちを語りました。

糖分不足による精神的なイライラを超えてしまうと逆に、身体が甘いものを受け付けなくなる。栄養士が言うようにバランスが大切なのは、言わずもがなでしょうが、普段の食生活を省みると、私たちは糖分過多なのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by  Eric Hensel

砂糖が身体にもたらす影響を解説した記事を紹介します。「糖分は控えめに」なんて言わずもがな。ここで伝えたいのは、実際に人間が砂糖の摂取を止めると、身体に何が...
人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取すると言われています。世の中にはヘルシーな食品があふれているのに、これはおかしい。そこで、監督デイモ...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
子を持つ母親には、本当に頭が上がりません。そう思わずにはいられない動画を「Jukin Media」よりご紹介。再生後に現れるのは、生後8ヶ月の3つ子と2歳...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
いきなりですが結論から。当たり前ながら、めっちゃ溶けます。以下がその様子。あえて何かを説明するまでもないでしょう。シンプルすぎる動画とはいえ、思わず見入っ...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
揚げ物や生肉などの油が手に付くと、石けんでどれだけ洗っても、あの“ヌルヌル”は落ちませんよね。そんな時、みなさんはどうしていますか?実は、台所の“あるもの...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
「毎朝、空腹時にリンゴ酢とハチミツを飲むとどんな変化が起きるか?」をカラダを張って調査した結果が記事になっていました。どちらも美容・健康効果が注目されて久...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
突然、予期せぬことが起こったとき。そのとっさの行動に人間性が表れるもの。世界中のさまざまなドッキリや検証動画に意外なメッセージが隠れているのも、そこに「人...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
にわかに信じがたい話ですが、これが本当に甘く感じるからフシギ。あるサウンドを聴きながら飲みものを口にするだけ。とにかく百聞は一見にしかず、まずは手元に飲み...
真冬の北海道にたった1ヶ月間だけ姿を現わす、“幻の教会”があることを知っていますか?氷だけで作りあげた夢想空間、それが「氷の教会」です。永遠の愛を誓い合う...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
カラスの賢さは、すでに誰もが知るところ。では、学者レベルでの研究では、どのようにカラスの知能を調査しているのか?これは、ニュージーランドのオークランド大学...